車種別紹介・解説・評判

ダイハツミライースの値引き相場価格はいくら?

●グレード別 販売価格
・D /2WD・・・745.000円
・L /2WD・・・890.000円
・L"SA"/2WD・・・940.000円
・X /2WD・・・1.000.000円
・X"SA"/2WD・・・1.050.000円
・G"SA"/2WD・・・1.180.000円
・Lf /4WD・・・990.000円
・Lf"SA"/4WD・・・1.040.000円
・Xf"SA"/4WD・・・1.150.000円
・Gf"SA"/4WD・・・1.280.000円

●人気グレード
・D
・L"SA"

●燃費
・2WD/33.4km/L
・4WD/30.4km/L

●販売店
・スズキ

>>ダイハツミライース値引き交渉の裏技公開ページはこちら


●値引き成功額の一例


・車両値引き額/20万、オプション値引き額0万

・車両値引き額/5万、オプション値引き額5万
ナビやバックモニターなどをつけて値引き交渉により120万円前後で購入出来た。

・車両値引き額/0万、オプション値引き額5万
L"SA"を購入。オプションをつけて100万円前後で購入出来た。

・車両値引き額/5万、オプション値引き額5万
ディーラーオプションをつけて値切ることができた。

・車両値引き額/0万、オプション値引き額5万

・車両値引き額/5万、オプション値引き額5万
キーレスエントリーやセキュリティアラームをつけて値引き交渉で100万円で購入した。

・車両値引き額/5万、オプション値引き額5万
ロングバイザーやマットなどのオプションをつけて、103万円でした。

・車両値引き額/5万、オプション値引き額5万
乗り出し90万円だった。

・車両値引き額/5万、オプション値引き額5万
アイドリングストップがついても100万円以下なのはすごくいい。

・車両値引き額/10万、オプション値引き額10万
ナビなどつけて値引き交渉して150万円で購入できた。

・車両値引き額/5万、オプション値引き額5万
(価格.comより)


●値引き成功額の目安 → 5万円から20万円


ミライースは、もともとの車体価格が結構安いため、値引き交渉をしても他車のような大幅な値引きは絶対に出来ない
思ってください。
その分車体価格がもともと安いので仕方ないですが。

ミライースの値引き交渉は、みなさんスズキのアルトエコなどを競合車にたてて値引き交渉を進めていく方が多いよう
ですが、営業マンもアルトエコの見積もりをスズキで取って持ってくるという値引き交渉のパターンには慣れているので、
競合車の見積もりを出しても「もともと安いので車体価格からはほとんど値引けません。」と言われてしまうことも
多いので要注意です。

車体価格からの値引きが難しいので、だいたいうまくいっても車体価格からの値引きは5万円が限界だと思います。

1万円前後のオプションをサービスでつけてもらって、実質的な値引きとしたり、納車時にガソリン満タンでお願いしたり
と、そういった細かい部分で値引き額を積み重ねるしかなさそうです。



●ミライースの競合車
・スズキ/アルトエコ
    /ワゴンR
・ホンダ/N ONE

●ミライースの詳細
軽自動車/4名乗車/658cc

ボディカラーは、
スカイブルー、アーバンナイトブルークリスタルメタリック、シャイニングレッド、ライトローズマイカメタリック、
コットンアイボリー、プラムブラウンクリスタルマイカ、ブラックマイカメタリック、ブライトシルバーメタリック、
パールホワイト3、ホワイトがあります。

ただし、グレードによっては選択できないボディカラーもあります。

>>ダイハツミライース値引き交渉の裏技公開ページはこちら


●ミライースの歴史


ダイハツ ミラースの歴史について紹介します。

ミライースの初代のLA型は2011年の9月20日に登場し登場して、1ヶ月後の10月には「グッドデザイン賞」を受賞しました。
幅広い年代に支持されているミライース、「第3のエコカー」とも言われていましたよね。

11月には、ミライースにオーディオレスのタイプも追加され、2012年の5月20日には4WD車に「Lf」が追加され、
これもまた低価格で話題を呼びました。
この頃、トヨタ自動車には「ピクシスエポック」としてOEM供給が開始されています。

2010年10月からミライースの特別仕様車「memorial edition」が販売開始され、スバルには「プレオ」としてOEM供給
され始めました。

昨年2013年8月にはミライースはマイナーチェンジを迎えます。
このマイナーチェンにより「e:Sテクノロジー」がさらに進化し、燃費はガソリン車トップの33.4km/Lを達成しました。


●ミライースの豆知識


「ミライースの名前の由来」
ミラとは、イタリア語で「羨望」の意味。
(ダイハツ公式サイトより)


「ユーモア溢れるミライースのCM」
ミライースのユニークなCMは、これまで「埋蔵金」篇、「褒める」篇、「念力」篇」、「昨日のテレビ」篇が放送されて
きましたが、どれもかなり面白い内容でしたよね。

このCMでは「Tondemo Times(トンデモタイムズ)」という2人の新聞記者によりストーリーが展開されています。
まず、ガソリン車トップの33.4km/Lを実現したのは社員全員が"褒めて褒めて褒めまくって伸ばした"という
フィクションや、ミライースを低価格で発売できるのは"埋蔵金が発掘されたからだ"というフィクション、
もしもの事故が防げるのは"念力で止まるから"というフィクション。

ストーリーはフィクションで構成されているんですが、思わず「ふふっ」と笑ってしまいそうなストーリー展開が
面白いCMです。

ダイハツのエコ技術(低燃費)、流通一丸(低価格)、スマートアシスト(最新テクノロジー)を、ユニークな発想で
転換させている宣伝の仕方が面白いですよね。


●評価・クチコミ


「スマートアシストとは一体何?」
"スマアシ"と略して呼ばれることも多いこのスマートアシスト。
ミライースをいろいろと調べていると、絶対に目にするワードです。

これは一体どんなものなんでしょうか?

まず、ほとんどの事故は30km/hの低速度のときに発生しているそうです。
低速度の時って、たとえばどんなときがあるかと言うと、よく経験がありそうなことと言えば、一般道路や高速道路でも
ありがちな、渋滞時。

こんなとき、発進と停車を繰り返したりしていると、ついつい子供や他事に気を取られてしまって、気づいたときには
「危ない!」ってヒヤっとすることありませんか?

でも、どんなに普段気をつけていても、衝突の可能性ってゼロではないんですよね。
この低速域の事故を減らす目的で開発されたのが、スマートアシスト。

スマートアシストは、「低速域衝突回避支援ブレーキ機能」と、「誤発進抑制制御機能」、「先行車発進お知らせ機能」、
「VSC&TRC」
の機能のことです。

低速域衝突回避支援ブレーキ機能とは、レーダーの検知により衝突警報、緊急ブレーキ、衝突回避/被害軽減支援の
3つの段階で作動します。

誤発進抑制制御機能は、車体の前方4mの範囲内に障害物があり、レーダーが検知しているときに、アクセルを強く
踏み込み急発進を防ぐために、警告音とエンジンの出力を制御します。
先行車発進お知らせ機能は、先行する車が発進したときに音でドライバーに教えてくれたりするもので、VSC&TRCは
ドライバーの急ハンドルや路面状況によりコーナリングで車体が滑りやすくなったとき、安定したコーナリングへと
導きます。


居住性と使いやすさ◎のミライース」
ミライースの室内長は2.000mmで、前後乗員間距離は930mm、軽自動車とは思えないほどの室内空間の広さを確保しています。
運転席と助手席に座る人だけではなく、後部座席に座る人の足元の広さも十分にあるのは、後ろの席に座る人も
快適ですよね。

軽自動車って、やっぱり小さいイメージがあるけど、ミライースは「90度開きドア」を採用。
90度にフルオープンできるから、大きな荷物を乗せるときでも、「ドアが邪魔で積みずらい!」という心配は
なさそうですよ。

収納箇所も、フロント周りにはグローブボックス、ショッピングフック、インパネロアボックス、センターコンソール
トレイ、ドアポケットなど、ここも軽自動車とは思えないほどの充実した収納力があります。

また、収納箇所が充実しているのはフロント部分だけではなく、リアにもセンターコンソールボックスやドアポケット&
ボトルホルダー、そしてラゲッジルームなど、使い勝手が良さそうなスペースが確保されています。








当サイトの人気ページBEST3!


>>【特集】下取りを利用して新車購入の場合、ほぼ全ての人が最低10万円以上損しています。
ポイントは「知っている」か「知らない」か。それだけの問題です。


>>【特集】自動車保険料節約術!実際にやってみました!生レポート
だいぶ得したぜよ。
ウッフッフ。


>>実際に値引きに成功した人の生の声(アルファード編)
私の友人の体験談<トヨタ ハリアーからアルファードに乗り換え>




>>車中毒夫婦が伝授する新車購入術 TOPページヘ戻る