車種別紹介・解説・評判

スズキスペーシアの値引き相場価格はいくら?

●グレード別 販売価格
・G /2WD・・・1,228,500円
   /4WD・・・1,346,100円
・G レーダーブレーキサポート装着車/2WD・・・1,270,500円
・G レーダーブレーキサポート装着車/4WD・・・1,388,100円

・X /2WD・・・1,323,000円
   /4WD・・・1,440,600円
・X レーダーブレーキサポート装着車/2WD・・・1,365,000円
・X レーダーブレーキサポート装着車/4WD・・・1,482,600円

・T /2WD・・・1,417,500円
   /4WD・・・1,535,100円
・T レーダーブレーキサポート装着車/2WD・・・1,459,500円
・T レーダーブレーキサポート装着車/4WD・・・1,577,100円

●人気グレード
・X

●燃費
・G /FF(2WD)・・・29.0km/L
   /フルタイム4WD・・・26.8km/L

・X /FF(2WD)・・・27.8km/L、29.0km/L
   /フルタイム4WD・・・26.8km/L

・T /FF(2WD)・・・26.0km/L
   /フルタイム4WD・・・25.0km/L

●販売店
・スズキ

>>スズキスペーシア値引き交渉の裏技公開ページはこちら


●値引き成功額の一例


・車両値引き額/10万、オプション値引き額5万
X 2WDレーダーブレーキサポートを購入。新型タントと比較した。

・車両値引き額/15万、オプション値引き額0万
NBOXとタントと比較した。

・車両値引き額/10万、オプション値引き額0万
田舎でも値引き交渉を頑張り、オプションはつけなかった。車両値引きだけだと5万円から10万円が限界と聞いた。

・車両値引き額/10万、オプション値引き額5万

・車両値引き額/0万、オプション値引き額5万

・車両値引き額/10万、オプション値引き額15万

・車両値引き額/5万、オプション値引き額5万

・車両値引き額/10万、オプション値引き額5万

・値引き額合計/25万円
下取り車と合わせての値引きだった。
(価格.comより)


●値引き成功額の目安 → 5万円から25万円


だいたいスペーシアの値引き成功額は15万円前後が相場となっています。
車両価格からは10万円前後、オプション額からの値引きでだいたい5万円ほどだそうです。

しかし、下取り車との合わせての値引き額を提示されているレビューもありましたので、下取り車は含めない値引きが
された見積もり書など、下取り者と本来の値引き額とは、分けて見積もり書を作成してもらいましょう。
この辺で、値引き額の詳細がグレーになってしまいがちなので注意です。

オプションをつけるとすぐに150万円越えをしてしまい、「予算をオーバーしてしまった」と回答する方も多いです。
少しでも安く購入したいのであれば、オプションのナビをつけないで社外品をつけることにして価格を抑えるなどして
工夫が必要です。

またスライドドアに関しては、グレードのXとTには"左側には後席標準装備"なのですが、右側にもつけたい場合には
メーカーオプションとなります。

この辺も、両側スライドドアにこだわりがなければ、標準装備の左側スライドドアだけにしてもいいと思います。



●スペーシアの競合車
・ホンダ/NーBOX
・ダイハツ/タント

●スペーシアの詳細
軽自動車/4名乗車/0.658L

ボディカラーは
フォレストアクアメタリック、キャンドルオレンジメタリック、シルキーシルバーメタリック、フィズブルーパール
メタリック、イノセントピンクパールメタリック、ブルーイッシュブラックパール3、パールホワイト、
そして2トーンルーフにはフォレストアクアメタリック ホワイト2トーンルーフ、フィズブルーパールメタリック
ホワイト2トーンルーフ、キャンドルオレンジメタリック ホワイト2トーンルーフ、イノセントピンクパールメタリック
ホワイト2トーンルーフがあります。

ただし、メーカーオプションとなるボディカラーもあります。

>>スズキスペーシア値引き交渉の裏技公開ページはこちら


●スペーシアの歴史


スペーシアは2013年に登場し、「フレアワゴン」という名前でマツダへOEM供給もされています。

6月には、「スペーシアカスタム」が発売開始しました。
スペーシアカスタムは、基本的には性能面ではスペーシアと変わらず、ヘッドランプやフロントグリル、エアロ、
ホイールなどの外装面で違いがあります。

レーダーブレーキサポート装着車が発売開始したのは同年9月で、このレーダーブレーキサポートとは衝突被害軽減
ブレーキと誤発進抑制機能、エマージェンシーストップシグナル、ESPの4つからなる装備で、レーダーブレーキ
サポート装着車には、フロントグリルのデザインが新しくされています。

1ヶ月後の10月には「スペーシア 車いす移動車」が発売されています。

さらにスペーシアとスペーシアカスタムは、翌月の11月には「日本カー・オブ・ザ・イヤー」で「スモールモビリティ
部門賞」
を受賞しました。

このスモールモビリティ部門賞は、軽自動車の中で最も優れた車に与えられる賞で、軽自動車の空間を最大限引き出した
室内空間と、乗る人のことを最優先で考えた使いやすい装備と安全性、さらにはエコを考えた燃費の総合面が
評価されました。


●スペーシアの豆知識


「スペーシアの名前の由来」
英語の【SPACE】:空間」からの造語で、"室内空間の広さ"を強くアピールするとともに、"経済性と広さ・使い勝手で、
笑顔があふれる家族の空間"にしたいという願いを込め「スペーシア」としました。
(スズキ公式サイトより)


●評価・クチコミ


「ホンダ新型タントとスズキスペーシアの徹底比較!」
スズキ スペーシアの値引き交渉では競合車にも使える、スペーシアのライバル車でもあるホンダ新型タントを、
いろんな点から比較してみたいと思います。

まずは、ボディのサイズ面について比較してみます。
全長については新型タントもスペーシアも3.395mmで、全幅もどちらも1.475mmとなっており、全幅・全長共に同じ
サイズなんですが、全高に関しては新型タントが1.750mmでスペーシアが1.735mmなので、スペーシアはタントよりも
15mmほど低いことになります。

フロント部分の印象は、どちらも柔らかく優しい印象になっていて、フロントグリル部分のデザインがタントの方は
2段になっていて、少し違いがあります。

しかし見た目の印象は、この2台はかなり似ているので、見分けがつかない人も多いと思います。

では、「車を購入するときに、スライドドアは必須!」という方も多い、スライドドアについてはどうでしょうか。
スライドドアの開口幅を助手席側で見てみると、タントは605mm、スペーシアは580mmで、スペーシアが15mmだけ
狭いようです。

ですが、地面からフロアまでの高さについては、タントが370mmでスペーシアが340mmなので、30mmの差が出ました。
小さい子供が乗り降りするのには、スペーシアの方が優しい高さだと思います。

インテリア面で比較すると、2台の運転席に座ったときに一番違いを感じるのは、メーターの配置位置かも知れません。

タントはちょうど室内の真ん中辺りに配置されており、逆にスペーシアは運転席のハンドル側にあります。
これは完全に好みですが、運転のしやすさが変わりますよね。

スペーシアは、リアシートをスライドさせることもできるし、リクライニングすることもできるので、シートアレンジ面
ではスペーシアの方が勝っています



また、収納面ではスペーシアには市販のティッシュボックスがすっぽり収まり、普段はスッキリ収納状態にできる
「フロントオーバーヘッドコンソール」があります。
ティッシュボックスって、普段どこに置いておくか結構邪魔になるし、邪魔になるからといってリアシートの方に
置いておくと、必要なときに届かなくて困ったりしたことがあります。

このフロントオーバーヘッドコンソールなら、普段は天井にスッキリ見栄えよく収まっていて、必要なときにはすぐに
取り出すことができ、見栄えも使い勝手もいい装備ですね。

運転中などに、子供が食べ物やジュースをこぼした時でも、ティッシュボックスを取ることに気を取られないで、
ティッシュを出すことができますよね。

助手席側の収納スペースもかなり充実していますので、子供がいたりして必要な物を手が届く範囲にきっちり収納したい
人には、スペーシアはおすすめなんですよ。


では、価格面ではどうでしょうか。
タントの価格帯はGの1.170.000円からG"SA"の1.581.000円があり、スペーシアはGの1.228.500円から1.577.100円が
あります。

タントの売れ筋グレードである「X・SA」は1.350.000円で、スペーシアの買い得グレードのX1,323,000円がレーダー
ブレーキサポート装着車になると1,365,000円なので、それほど価格面での差はありません。








当サイトの人気ページBEST3!


>>【特集】下取りを利用して新車購入の場合、ほぼ全ての人が最低10万円以上損しています。
ポイントは「知っている」か「知らない」か。それだけの問題です。


>>【特集】自動車保険料節約術!実際にやってみました!生レポート
だいぶ得したぜよ。
ウッフッフ。


>>実際に値引きに成功した人の生の声(アルファード編)
私の友人の体験談<トヨタ ハリアーからアルファードに乗り換え>




>>車中毒夫婦が伝授する新車購入術 TOPページヘ戻る