車種別紹介・解説・評判

トヨタ新型ハリアーの値引き相場価格はいくら?

●グレード別 販売価格
【ハイブリッド車】
・PREMIUM"Advanced Package"/4,470,000円
・PREMIUM/3,920,000円
・ELEGANCE/3,670,000円
・GRAND/3,610,000円

【ガソリン車】
・PREMIUM"Advanced Package"/2WD・・・3,600,000円
               /4WD・・・3,789,000円
・PREMIUM/2WD・・・3,050,000円
     /4WD・・・3,239,000円
・ELEGANCE/2WD・・・2,800,000円
     /4WD・・・2,989,000円
・GRAND/2WD・・・2,720,000円
    /4WD・・・2,909,000円

●人気グレード
【ハイブリッド】
・PREMIUM"Advanced Package"

【ガソリン】
・GRAND

●燃費
【ハイブリッド車】
・PREMIUM"Advanced Package"/21.4km/L
・PREMIUM/21.4km/L
・ELEGANCE/21.4km/L
・GRAND/21.8km/L

【ガソリン車】
・PREMIUM"Advanced Package"/2WD・・・16.0km/L
               /4WD・・・14.8km/L
・PREMIUM/2WD・・・16.0km/L
     /4WD・・・15.2km/L
・ELEGANCE/2WD・・・16.0km/L
     /4WD・・・15.2km/L
・GRAND/2WD・・・16.0km/L
    /4WD・・・15.2km/L

●販売店
・トヨペット

>>トヨタ新型ハリアー値引き交渉の裏技公開ページはこちら


●値引き成功額の一例


発売されて間もないことから、2014年現在でもまだまだ値引き交渉のレビューは少ないのが事実です。

オプションだけでもこだわっていろいろと追加すると、オプション額が100万円前後にまでなってしまう人も
多いようで、ナビ1つとっても慎重に選んでいかなければ、高額になってしまうので注意です。

一番高いハイブリッドのグレードでは、下取り車と合わせて値引きを頑張っても430万円以上はかかるでしょう。
初期段階のハイブリッドPREMIUM"Advanced Package"の見積もりでは、諸経費などを合わせても500万円以上は
かかったと、トヨタのハイブリッド車の中でも初期見積もりが高額なことで知られています。

グレードを最高グレードのPREMIUM"Advanced Package"にして、なおかつメーカーオプションやディーラーオプションを
いろいろとつけて、総額500万円以上の見積もりからやっと10万円の値引きに成功したなど、新型ということもあり
普通に値引きしている程度では、10万円クラスの値引きはほぼ無理です。

値引き交渉の段階でも、営業マンからは「5万円までの値引きしか無理です」と言われ、ほとんどの人が5万円以下
値引きしか成功していません。




●新型ハリアーの競合車
・トヨタ/ランドクルーザープラド
・BMW/X1
・レクサス/RX

●新型ハリアーの詳細
SUV/5名乗車/20.L、2.5L

ボディカラーは
ホワイトパールクリスタルシャイン、シルバーメタリック、ダークスチールマイカ、ブラック、スパークリングブラック
パールクリスタルシャイン、ブラッキッシュレッドマイカ、ダークブラウンメタリックがあります。

ただし、メーカーオプションとなるボディカラーもあります。

>>トヨタ新型ハリアー値引き交渉の裏技公開ページはこちら


●ハリアーの歴史


初代ハリアーは1997年に登場し、翌年1998年には特別仕様車"ハリアーザガートが発売され、その後2000年に
マイナーチェンジが行われました。
誕生当初から、ハリアーはトヨタを代表する車の1つとして、高級クロスオーバーSUVとしての存在感がありましたよね。

海外では、「レクサスRS」として販売されており、特に北米でかなりの人気を集めていました。

2代目ハリアーは2003年に、初代ハリアーがフルモデルチェンジされ登場し、2005年にはハリアーのハイブリッド
モデルが追加されました。

ハリアーファンの方の中にはご存知の人もいると思いますが、2012年9月にはハリアーの生産は終了し在庫のみとなりました。
ハリアーの生産は一度途切れているんですね。

販売が終了したハリアーが、2013年12月には現行モデルの3代目が登場しました。
ハリアーファンとしては、新たなハリアーの誕生を待ち望んでいった方もいたと思います。

現行モデルのハリアーのフロントデザインは、過去のハリアーとはかなり差別化されたデザインになっていて、
これもまた新鮮でハリアーの魅力が再確認できるモデルですね。


●ハリアーの豆知識


「ハリアーの名前の由来」
英語で 鳥類 チュウヒ属のタカの名称。
(トヨタ公式サイトより)

ハリアーのエンブレムにも、このチュウヒのデザインが採用されていますよね。


●評価・クチコミ


「新型ハリアーとマツダ「CXー5」の徹底比較」
新型ハリアー標準グレードの競合車にも使える、マツダ「CXー5」と比較してみました。

まずは、ボディサイズについてですが、ハリアーが4720mmでCXー5が4540mmで、ハリアーのほうが180mm長いことになります。
ハリアーのこの全長は、フロント部分の大胆でクールなデザインが占めているように感じます。

次に、全幅についてはハリアーが1835mmでCXー5が1840mm、全高はハリアーが1690mmでCXー5が1705mmなので、
全幅・全高に関してはそれほど差はありません。

では、普段運転しているときに一番目にする機会が多い、インテリアに関してはどうでしょうか。
私は、ハリアーとCXー5とではインテリアに一番違いがハッキリしていると思います。

ハリアーのインテリアは、高級感を全面に出したような贅沢な印象があり、CXー5は無駄のないスマートな印象を受けます。
高級感を求めるのであれば、インテリアはハリアーが一歩上のような気がします。

ハリアーは、標準では内装色はブラックなんですが、高級感を最大限出したいなら、メーカーオプションの内装色
「ディープボルドー」をかなりおすすめします。
ディープボルドーのオプションにより、インテリアでも他車との差別化が図れて、エレガントな印象の室内になり最高です。

ハリアーは内装色が標準カラー以外に2色ほどあり、シートカラーも3パターン用意されています。

その一方、CXー5はシンプルかつ使い勝手が重視されたシートで、シートカラーはブラックのみ、その他には素材と
ステッチカラーが選択できるのみです。

ただ、ハリアーはこれだけの高級感は味わえるものの、その分金額的にもCXー5よりお高めな設定となっています。

ハリアーの価格設定は2.720.000万円のGRANDからで、CXー5の価格設定は2.079.000円の20Cから、ハリアーはハイブリッドPREMIUM"Advanced Package"だと4.470.000円で、CXー5はXD Lpackageで3.192.000円です。

金額的な差はかなり大きいので、この辺は自分がどんなポイントを重視してSUV車を購入するかを基準に、
SUV車選びをして欲しいと思います。








当サイトの人気ページBEST3!


>>【特集】下取りを利用して新車購入の場合、ほぼ全ての人が最低10万円以上損しています。
ポイントは「知っている」か「知らない」か。それだけの問題です。


>>【特集】自動車保険料節約術!実際にやってみました!生レポート
だいぶ得したぜよ。
ウッフッフ。


>>実際に値引きに成功した人の生の声(アルファード編)
私の友人の体験談<トヨタ ハリアーからアルファードに乗り換え>




>>車中毒夫婦が伝授する新車購入術 TOPページヘ戻る