車種別紹介・解説・評判

ダイハツタント、タントカスタムの値引き相場価格はいくら?

●グレード別 販売価格
【タント】
・L /2WD・・・1.170.000円
   /4WD・・・1.291.000円
・L"SA" /2WD・・・1.220.000円
     /4WD・・・1.341.000円
・X /2WD・・・1.300.000円
   /4WD・・・1.421.000円
・X"SA" /2WD・・・1.350.000円
     /4WD・・・1.471.000円
・Xターボ/2WD・・・1.380.000円
     /4WD・・・1.501.000円
・Xターボ"SA"/2WD・・・1.430.000円
       /4WD・・・1.551.000円
・G /2WD・・・1.41.000円
   /4WD・・・1.531.000円
・G"SA" /2WD・・・1.460.000円
     /4WD・・・1.581.000円

【タントカスタム】
・X /2WD・・・1.470.000円
   /4WD・・・1.591.000円
・X"SA" /2WD・・・1.520.000円
     /4WD・・・1.641.000円
・RS /2WD・・・1.580.000円
   /4WD・・・1.701.000円
・RS"SA" /2WD・・・1.630.000円
     /4WD・・・1.751.000円

●人気グレード
・X"SA" 
・X
・RS"SA"

●燃費
【タント】
2WD
・G /28.0km/L
・Xターボ/26.0km/L
・X /28.0km/L
・L /28.0km/L

4WD
・G /25.8km/L
・Xターボ/24.6km/L
・X /25.8km/L
・L /27.0km/L

【タントカスタム】
2WD
・RS /26.0km/L
・X /28.0km/L

4WD
・RS /24.6km/L
・X /25.8km/L

●販売店
・ダイハツ

>>ダイハツタント、タントカスタム値引き交渉の裏技公開ページはこちら


●値引き成功額の一例


【タント】
・車両値引き額/5万、オプション値引き額5万

・車両値引き額/10万、オプション値引き額5万
Lを購入しましたがあまり値引くことが出来なかった。下取り車もあまり査定がよくなかった

・車両値引き額/10万、オプション値引き額5万

・車両値引き額/25万、オプション値引き額5万

・車両値引き額/5万、オプション値引き額5万

・車両値引き額/10万、オプション値引き額5万

【タントカスタム】
・車両値引き額/5万、オプション値引き額10万

・車両値引き額/10万、オプション値引き額5万

・車両値引き額/0万、オプション値引き額0万
RSを購入。下取りが高く査定されたのか安かったのかは不明。

・車両値引き額/5万、オプション値引き額15万
N BOXと比較してタントカスタムRSを購入。値引き交渉をしても150万円は超える。

・車両値引き額/5万、オプション値引き額5万

・車両値引き額/15万、オプション値引き額5万
ナビ、ETC、ワイドバイザーなどオプションをつけて値切ってこの値引き額だった。

・車両値引き額/5万、オプション値引き額10万
下取り車の査定額が、ディーラーによっては20万円以上の差が出ていた。

・車両値引き額/5万、オプション値引き額10万

・車両値引き額/10万、オプション値引き額5万
(価格.comより)


●値引き成功額の目安 → 10万円から20万円


新型タントも新型タントカスタムも、値引き額の相場はだいたい10万円前後です。
ディーラーによって、値引き額の差はそれほど大きくないようですが、下取り車の査定価格では、そのディーラーごとで
大きい差
があるそうです。

購入者の値引き交渉を見ていると、ディーラーによっては20万円以上の差が出たこともあったそうなのですが、
車体価格やオプション価格からのホンダディーラーからの値引きはそれほど期待できません。
軽自動車の中でもトップクラスの満足度だと話す方もいれば、値引き交渉の値引き額であまり満足していない方も
多かったです。




●ダイハツタント、タントカスタムの競合車
・ホンダ/N BOX(Nボックス)
・スズキ/スペーシア
    /パレット
・ニッサン/ルークス

●ダイハツタント、タントカスタムの詳細
軽自動車/4名乗車/658cc

【タント】
ボディカラーは、
ファイアークォーツレッドメタリック、コットンアイボリー、マスカットグリーンメタリック、ファインブルー
マイカメタリック、プラムブラウンクリスタルマイカ、ライトローズマイカメタリック、パールホワイト3、ホワイト、
ブライトシルバーメタリック、ブラックマイカメタリックがあります。

【タントカスタム】
ボディカラーは、ナイトシャドーパープルクリスタルメタリック、ファイアークォーツレッドメタリック、プラム
ブラウンクリスタルマイカ、パールホワイト3、ブライトシルバーメタリック、タングステングレーメタリック、
ブラックマイカメタリックがあります。

ただし、グレードによっては選択できないボディカラーもあります。

>>ダイハツタント、タントカスタム値引き交渉の裏技公開ページはこちら


●タントの歴史


タントが登場したのは2003年で、この時、軽自動車の中で一番長いホイールベースでした。
翌年2004年には特別仕様車「スマイルセレクション」を発売し、さらに2005年には「スマイルセレクション2」
登場しました。
この5ヶ月後にはタントにエアロが装着されたスポーティバージョン「タントカスタム」が登場しました。

2006年には、車いす仕様の「タント スローパー」が発売され、タントの大開口ドアを生かした作りになっていて、
福祉タクシーなどでも活躍したそうです。

2代目となるタントは、2007年に発売されました。
この2代目タントから、軽自動車初となる"ミラクルオープンドア"が採用されています。
これは、センターピラーレスとスライドドアからなるもので、現在ではタント イコール ミラクルオープンドアの
イメージが強いですが、この技術が採用されたのは2代目のタントからなんですね。

2013年10月にフルモデルチェンジされた3代目のタントでは、このミラクルオープンドアはスライド幅の拡張や
フルフラット化などの改善がされて、より使いやすく便利な機能になっています。

これにより、「ベビーカーをたたまないで積める」広さが確保され、これまで片側スライドドアであったのが、
グレードにより両側スライドドアになりました。


●タントの豆知識


「ダイハツタント、タントカスタムの名前の由来」
イタリア語で「とても広い・たくさんの」という意味。
たくさんの幸せをもたらすクルマでありたいとの意を込めたネーミング。
(ダイハツ公式サイトより)


「日本語でも"たんと"って言葉がある!」
イタリア語で「たくさんの」という意味でもあるタント。
しかし、日本語でも「たんと」は"たくさんの"という意味って、知っていましたか?

私たちの世代ではあまり言わなくなってしまったんですが、親・祖父母世代と話していたりすると、「たんと おあがり」
や、「まだ たんと ある」なんて聞いたことがあると思います。

私ははじめ、自分の地域の方言か何かだと思っていたんですが、調べてみるとどうやら方言ってわけでもなさそうです。
もちろん、関西のほうでは「たんと」は方言で使われるそうです。
「たんと」、「ぎょうさん」、「ようけ」などはすげて"たくさん"という意味なんだそうですが、東海地方でも
「たくさん」のことを「たんと」と言っていたりするのを聞きますよ。

イタリア語でも「タント」は"たくさん"で、日本語でも「たんと」は"たくさん"って同じ意味なんて、
他の言葉では、こんなのなかなかないですよね。
おもしろい発見でした。


「タントカスタムのCMで"ベタ踏み坂"はCGではなかった!」
ダイハツ タントカスタムのCMで、豊川悦司さん、綾野剛さん、菅野美穂さんが出ている「ベタ踏み坂」と
呼ばれる、あの橋


私もたまに見ることがあって、「これは絶対にCGの坂だ。」と思っていたんですが、かなり急勾配の坂で、
画面にも入りきらないほどかなりの高さに感じるアレです。
どうやら橋のようにも見える坂なんですが、CMの意図としては、タントカスタムの走行性能を試しているような内容。

こんな急勾配な坂が日本にあるわけない・・・と思っていたら、なんとCGではなかったんです。

このベタ踏み坂とCMで呼ばれていた橋はなんと日本に存在する橋で、鳥取県境港市と島根県松江市を結ぶ
「江島大橋(えじまおおはし)」なんだそうです。
この江島大橋とは、全長1446mで高さ約44mの大きな橋で、東洋一のPCラーメン橋なんだそうです。

ツイッターやNEVARまとめなどでは、「あのタントのCMの坂はCGかと思ってた」や「ベタ踏み坂って実在するんだ?」と
かなり騒がれていました。


●評価・クチコミ


「子育てママからも大絶賛"ミラクルオープンドア+両側スライドドア"!」
タントと言えば、このミラクルオープンドアと両側スライドドアが購入の決め手になった人も多いのではないでしょうか?

ミラクルオープンドアとは、助手席側の大開口のスライドドア。
運転席側もスライドドアになって、両側にスライドドアが出来たことにより、とても便利になりました。

よくあるのが、ショッピングセンターなどで車に乗るとき、左右の車が近かったりすると、隣りの車に当たって
しまいそうで、子供が自分でドアを開け閉めするのは心配ですよね。
私もそうなんですが、そうなると子供が車の中に座るまで待ってなきゃいけないし、気を張ってなきゃいけないのが
疲れるんですよね。

スライドドアなら、隣の車にドアが当たることはないし、子供も自分で車に乗り降りができるので、親としては
かなり安心ですよね。

タントの魅力は、これだけではありません。

タントの助手席がロングスライドなため、スライドさせれば大空間が生まれます。
これで、子供を抱っこしながらでも無理のない姿勢でそのまま乗れるし、リアシートのチャイルドシートなどは
そのままの状態でもベビーカーを折りたたむことなく乗せることができます。

助手席のロングスライドは、運転席に座っている状態で助手席のシートバックレバーを引くだけでスライド・
リクライニングができるので、操作が容易なのも嬉しいですよね。

子育てママから大人気のタント
タントには家族にとっての魅力がたくさん詰まっているんですね。








当サイトの人気ページBEST3!


>>【特集】下取りを利用して新車購入の場合、ほぼ全ての人が最低10万円以上損しています。
ポイントは「知っている」か「知らない」か。それだけの問題です。


>>【特集】自動車保険料節約術!実際にやってみました!生レポート
だいぶ得したぜよ。
ウッフッフ。


>>実際に値引きに成功した人の生の声(アルファード編)
私の友人の体験談<トヨタ ハリアーからアルファードに乗り換え>




>>車中毒夫婦が伝授する新車購入術 TOPページヘ戻る