車種別紹介・解説・評判

ホンダヴェゼルの値引き相場価格はいくら?

●グレード別 販売価格
【ハイブリッド車】
・HYBRID/FF・・・2,190,000円
    /4WD・・・2,400,000円
・HYBRID X/FF・・・2,350,000円
     /4WD・・・2,560,000円
・HYBRID X・Lパッケージ/4WD・・・2,680,000円
・HYBRID Z/FF・・・2,500,000円

【ガソリン車】
・G /FF・・・1,870,000円
   /4WD・・・2,080,000円
・X /FF・・・2,010,000円
・S /FF・・・2,120,000円

●人気グレード
・HYBRID X
・X

●燃費
【ハイブリッド】
・HYBRID/FF・・・27.0km/L
    /4WD・・・23.2km/L
・HYBRID X/FF・・・26.0km/L
     /4WD・・・23.2km/L
・HYBRID X・Lパッケージ/4WD・・・21.6km/L
・HYBRID Z/FF・・・24.2km/L

【ガソリン車】
・G /FF・・・20.6km/L
   /4WD・・・19.0km/L
・X /FF・・・20.6km/L
・S /FF・・・19.2km/L

●販売店
・ホンダ

>>ホンダヴェゼル値引き交渉の裏技公開ページはこちら


●値引き成功額の一例


【ハイブリッド車】
・車両値引き額/5万、オプション値引き額15万
オプションでガーニッシュやナビなどで総額60万円分つけました。

・車両値引き額/0万、オプション値引き額5万

・車両値引き額/5万、オプション値引き額5万
ディーラーを2件回ったが、1件目では下取り査定0円で、2件目では10万円と査定され、下取り車の査定価格に差があった。

・車両値引き額/5万、オプション値引き額5万

・車両値引き額/10万、オプション値引き額5万
ディーラーオプションでナビ、フロントグリル、バイザー、フロアマットをつけて、値引き交渉した。

・車両値引き額/5万、オプション値引き額5万
下取り車がありましたが、総額250万円前後になりました。

・車両値引き額/10万、オプション値引き額10万
300万円で購入しました。

・車両値引き額/5万、オプション値引き額5万
発売したばかりだったので、あまり値切れなかった。

・車両値引き額/10万、オプション値引き額10万

【ガソリン車】
・車両値引き額/10万、オプション値引き額20万

・車両値引き額/5万、オプション値引き額10万

・車両値引き額/0万、オプション値引き額15万
値段は高いけど満足している。
(価格.comより)


●値引き成功額の目安 → 5万円から30万円


発売したのは昨年2013年の12月ということで、ホンダディーラーからの値引きはあまり期待できません。
もともとの車両価格自体もやや高額だと言われていますが、実際に試乗したり現車を見た方のレビューによると、
どの方も"値段相応の価値がある車"だと話しています。
ですので値引きが少ないヴェゼルですが、人気はホンダ車の中でもトップクラス。

ディーラーからの値引きが少ない場合、オプションをいろいろとつけてもオプション額からの値引きでも10万円前後
だと思ってください。

増税前というだけあって、この機会にヴェゼルを購入する人もかなり多いです。
値引きのためにあまりにもオプションをつけすぎると、上位ランクの車が購入出来るほどの金額になってしまうので、
この辺は吟味しながらオプションをつけましょう。



●ホンダヴェゼルの競合車
・ニッサン/ジューク
・マツダ/CXー3(今年2014年中頃発売予定)
・ミツビシ/XVハイブリッド
・スバル/フォレスター

●ホンダヴェゼルの詳細
ハイブリッド、スポーツ・SUV/5名乗車/1.5L

ボディカラーは、
ホワイトオーキッドパール、アラバスターシルバー・メタリック、ティンテッドシルバー・メタリック、ルーセブラック・
メタリック、クリスタルブラック・パール、モルフォブルー・パール、プレミアムディープロッソ・パール、ミスティ
グリーン・パールがあります。

ただし、グレードによっては選択できないボディカラーもあります。

>>トヨタアクア値引き交渉の裏技公開ページはこちら


●ヴェゼルの歴史


ホンダ ヴェゼルは、2013年12月に発売されたばかりの新しい車です。
もともと、同じホンダ車であるフィットをベースとした新型コンパクトSUVとして制作されました。

2013年1月に、アメリカの国際自動車ショーにおいて初披露され、11月には日本の東京モーターショーで公開されました。

ヴェゼルで一番特徴的なのは、その独特なエクステリアではないでしょうか。
この車体の形・デザインは、空力性能を考えられて作られたものです。

エアロキャビンの流れるような曲面や、テールゲートスポイラーによる横からの風への抑制、新開発されたシャークフィン
アンテナ、そしてテールゲートスポイラ、さらにはフラットアンダーカバー。
そして、ウインドウ一体型のリアアウタードアハンドルにより、よりクーペらしく・よりスポーティになっていて、
このスタイリッシュなボディデザインに惚れてヴェゼルの購入を決めた、という人も多いんですよ。

開発者のこだわりが随所に見られるエクステリアデザインで、ヴェゼルが完成したんですね。


●ヴェゼルの豆知識


「ホンダヴェゼルの名前の由来」
VEZELの読み方は「ヴェゼル」です。
英語で「カットした宝石の小さな面」を表す「Bezel」と、クルマを意味する「Vehicle」を掛けあわせた造語です。
角度によって表情を変える宝石のように「多面的な魅力と価値を持つクルマ」という想いを込めました。
(ホンダ公式サイトより)


●評価・クチコミ


「ヴェゼルでは、乗る人全員に上質な時間が訪れる」
みかけのクーペっぽいデザインやボディサイズからは想像出来ないほどの、室内の広さには驚きです。
試乗などをした人ならわかるかも知れませんが、"身長185cmの人でも、ゆったり座れること"をテーマにして作られて
いるだけあって、リアシートはミニバンサイズのリアシートほどのゆとりある空間に仕上がっています。

前席は、コンソールで仕切られている形になっていますが、この仕切られた形により運転席・助手席どちらもゆとりある
空間が確保されています。
また、上級クラスのセダンでも使用される防音材を使用しているため、走行中も静かで落ち着きのある車内を実現
しています。

また、新開発した「ワイドフローエアアウトレット」を採用しているため、吹き出しふちの位置に合わせて自動で風量を
設定してくれるルオート・エアコンディショナーとなっています。


「ヴェゼルのボディデザインからは予想出来ないほどの荷室空間」
ヴェゼルの、スタイリッシュでクールな外観からは想像できないほどの、大きな荷室空間もヴェゼルの自慢のポイントの1つ。

後部座席を倒さなくても9.4インチのゴルフバッグが3つも積めるほどの大容量の荷室空間があります。
この荷室空間はなんと393Lもあるそうで、さらにこの荷室空間の下にも、もう一つ収納スペースが存在するという、かなり
充実した荷室。
これなら、かさばる荷物や工具などもスッキリ収納出来るし、トノカバーを使えばプライバシーも安心です。

また、ハッチの開口部もワイドで開口部地上高も結構低く設定されているので、重い荷物を載せたい時、女性でも軽々と
荷物の積み下ろしが出来ると思います。

シートアレンジも、ワンタッチのレバーでシート収納出来るので、子供や女性でも無理なくスムーズに出来るので、
ストレスフリーですよね。
せっかくシートアレンジがいろいろできても、収納操作が面倒だとあまり気が乗りませんもんね。









当サイトの人気ページBEST3!


>>【特集】下取りを利用して新車購入の場合、ほぼ全ての人が最低10万円以上損しています。
ポイントは「知っている」か「知らない」か。それだけの問題です。


>>【特集】自動車保険料節約術!実際にやってみました!生レポート
だいぶ得したぜよ。
ウッフッフ。


>>実際に値引きに成功した人の生の声(アルファード編)
私の友人の体験談<トヨタ ハリアーからアルファードに乗り換え>




>>車中毒夫婦が伝授する新車購入術 TOPページヘ戻る