車種別紹介・解説・評判

トヨタスペイドの値引き相場価格はいくら?

●グレード別 販売価格
・G/2WD・・・1,740,000円
・G/4WD・・・1,910,000円
・F/2WD・・・1,640,000円
・F/4WD・・・1,810,000円
・Y/2WD・・・1,640,000円
・Y/4WD・・・1,810,000円
・X/2WD・・・1,590,000円
・X/4WD・・・1,770,000円
・X/2WD(1.3L)・・・1,550,000円
・V/2WD・・・1,450,000円

●人気グレード
・F/2WD

●燃費
【2WD】
・G(1.5L)/19.0km/L
・F(1.5L)/19.0km/L
・Y(1.5L)/19.0km/L
・X(1.5L)/19.0km/L
・X(1.3L)/19.6km/L
・V(1.3L)/18.4km/L

【4WD】
・G(1.5L)/16.0km/L
・F(1.5L)/16.0km/L
・Y(1.5L)/16.0km/L
・X(1.5L)/16.0km/L

●販売店
・カローラ
・ネッツ

>>トヨタスペイド値引き交渉の裏技公開ページはこちら


●値引き成功額の一例


・車両値引き額/20万、オプション値引き額10万
シエンタ、ポルテ、フリードで検討していましたが、メーカーオプションを10万円以上つけて、ディーラーオプションを
30万円以上つけて、総額から30万円の値引きがありました。

・車両値引き額/20万、オプション値引き額10万
他車と競合させて値引き交渉しました。

・車両値引き額/20万、オプション値引き額5万

・車両値引き額/10万、オプション値引き額0万
必要なオプションをつけると200万円は軽く越えてしまうし、値切りもあまり期待できなかった。
(価格.comより)


●値引き成功額の目安 → 10万円から30万円


トヨタスペイドの競合車に1つに、同じトヨタ車でもある「ポルテ」があります。
例えばトヨタのコンパクトカーとニッサンのコンパクトカーを競合させたりと、異なるメーカー同士で競合させるやり方は、
みなさんよく知っていると思います。

では、同じトヨタ車同士であるスペイドとポルテの競合とは、どうゆうことでしょうか。
スペイドとポルテを競合させられる理由は、"販売店の違い"にあります。
まず、スペイドの販売店はトヨタディーラーの中でも、「カローラ」と「ネッツ」だけです。
逆に、ポルテの販売店はトヨタディーラーの中で「トヨタ」と「トヨペット」となっています。

このように、同じトヨタ車であっても販売店が違うため、トヨタディーラーの中でも販売店同士で競合させることが
可能です。



●トヨタスペイドの競合車
・トヨタ/ポルテ
・ホンダ/フィット
    /フリード
    /NBOX
・ニッサン/ノート
・マツダ/デミオ

●トヨタスペイドの詳細
2BOX/5名乗車/1.3L、1.5L

ボディカラーは、
シトラスマイカメタリック、ダークバイオレットマイカメタリック、ホワイトパールクリスタルシャイン、
シルバーメタリック、ブラックマイカ、スーパーレッド5、ダークブラウンマイカメタリック、ライトブルー
マイカメタリックがあります。

ただし、グレードによっては選択できないボディカラーもあります。

>>トヨタスペイド値引き交渉の裏技公開ページはこちら




●トヨタスペイドの歴史


トヨタスペイドは、2012年にフルモデルチェンジした「ポルテ」と同時に、新型車として発売されました。
どちらも2BOXで電動スライドドアがついており、スペイドとポルテは姉妹車として注目を集めていました。

スペイドは、ポルテでユーザーの満足度が高かった点をパワーアップさせ、ユーザーからの要望を活かして制作されたことで
発売当初から大好評の車だったそうです。

スペイドは、トヨタのプチバン界を大きく引っ張っていく存在でもあり、若者からファミリー層など、男女問わず幅広い層で
受け入れられた車となりました。
最近の若い世代の方は、車離れが問題となっている中驚いたのは、スペイドは"若い女性からも「かわいい!」と
人気が高いこと。

トヨタ車の中でも類を見ない、長細く存在感のあるフロントグリルや、クールな印象を持たせる外観が、女性心をくすぐる
デザイン
なのかも知れませんね。

また、スペイドの姉妹車であるポルテですが、2台ともの共通点も作られています。
例えば、ボディカラー。
スペイドもポルテも、ボディカラーはホワイトパールクリスタルシャイン、シルバーメタリック、ブラックマイカ、
スーパーレッド5、ダークブラウンマイカメタリック、ライトブルーマイカメタリックの6色は、同じボディカラーの
設定があります。


●スペイドの豆知識


「トヨタスペイドの名前の由来」
"Space"「空間」と"Wide"「広い」を組み合わせた造語であると、トヨタ公式サイトに記載されていました。


「スペイドのCMはCGじゃなかった?!」
スペイドファンでなくても知っていると思いますが、2014年現在から約2年前の2012年にCMされていた、トヨタスペイド
「空中ダンス」というコマーシャル
なんとこのCMでは、スペイドとスカイダイバーたちが上空から落下する模様が撮影されており、このスペイドのCMには、
放映当時かなり衝撃を受けました。

このCMのメイキングを調べてみたところ、撮影された場所はアメリカ カリフォルニア州。
車の投下許可が降りたのはたったの3日間で、空中から車と人を落下させるなんて試みは、当然ながら初めてだったそう
です。

スペイドは上空でヘリから離されると、3秒で時速100キロ、10秒で時速250キロにもなるそうですが、落下するに
あたって強風で車が自由に回転したりと、いくらプロのスカイダイバーであってもかなり難易度の高い危険な撮影だったそうです。

私はこのCMを見た当初から、これは絶対にCGだと思っていたんですけどね。
トヨタによると、一切合成映像を使っていないとのことなので、これはさらに驚きです。


●評価・クチコミ


「スペイドに、スペイドマーク?!」
スペイドは、親しみやすい車として人気がありますが、スペイドをいろいろ調べているうちに、私が「新しい!」と
思ったことがあります。
それは、ヘッドライトとテールランプに、トランプなどで見るあの「スペード」のマークがあしらわれているんです。

ライトをつけたときにもうっすら分かって、まるでディズニーランドの「隠れミッキー」みたい。笑
このライトにあしらわれたスペードマークは、女性からも「遊び心があっていい」とか、「ライトがかわいいから
気に入っている」など、スペイドのお気に入りのポイントの1つになっています。


「スペイドのトレードマークとも言える"大開口ワイヤレス電動スライドドア"」
トヨタの公式サイトによると、"いつでも、どこでも、誰でも"がキーワードのこの大開口ワイヤレス電動スライドドア。

運転席側は一般的なスィングドアなんですが、助手席側は電動スライドドアで、左右のドアの形状が違うから、
その時の状況に合わせて使い分けることが出来るので便利ですね。

電動スライドドアは、前席コントロールスイッチ、後席コントロールスイッチ、インサイドドアハンドル、アウトサイド
ドアハンドル、ワイヤレスリモコンキーの5つの方法で開閉できます。

運転席にいても、車外にいても開閉しやすいので、例えば子供を抱いているときにも、リモコンキーなどでワンタッチで
ドアの開閉ができるから、子育て中のママでも無理のない動作でできますね。


「インテリアドレスアップで、自分だけのこだわり空間に!」
スペイドのオリジナルアクセサリーとして、インテリアコーディネートができます。

コーディネートのカラーには、カシス、ラベンダー、ブラック、パールホワイトがあり、自分の好みのカラーで
オリジナリティを出すことができます。
カシスは、女性に人気が高そうな小悪魔風なピンクで、ラベンダーはちょっと大人っぽいエレガントなカラー。

カラーコーディネート出来る場所には、インテリアパネル、アクセントリング、革巻きシフトノブ、ドレスアップトリム、
ドレスアップパネルがあり、このパーツのカラーを一色でトータルコーディネートするだけではなく、パーツごとに
選択カラーを変えてみたりして、アクセントカラーにしてみたり個性を出したりすることも可能なので、室内を
こだわりの空間にすることができる
んです。








当サイトの人気ページBEST3!


>>【特集】下取りを利用して新車購入の場合、ほぼ全ての人が最低10万円以上損しています。
ポイントは「知っている」か「知らない」か。それだけの問題です。


>>【特集】自動車保険料節約術!実際にやってみました!生レポート
だいぶ得したぜよ。
ウッフッフ。


>>実際に値引きに成功した人の生の声(アルファード編)
私の友人の体験談<トヨタ ハリアーからアルファードに乗り換え>




>>車中毒夫婦が伝授する新車購入術 TOPページヘ戻る