車種別紹介・解説・評判

ニッサンノートの値引き相場価格はいくら?

●グレード別 販売価格
・X エアロスタイル/1,445,850円
・X DIG-S エアロスタイル/1,646,400円
・S/1,249,500円
・X/1,298,850円
・S DIG-S/1,449,000円
・X DIG-S/1,499,400円
・MEDALIST/1,674,750円
・アクシス/1,795,500円から1,842,750円
・ライダー HR12DE/1,540,350円
・ライダー HR12DDR/1,740,900円
・X FOUR エアロスタイル/1,704,150円
・X FOUR/1,557,150円
・ライダー/1,798,650円

●人気グレード
【1】X DIG-S
【2】MEDALIST
【3】X

●燃費
18.2km/Lから25.2km/L

●販売店
・日産プリンスなど

>>ニッサンノート値引き交渉の裏技公開ページはこちら


●値引き成功額の一例


・車両値引き額/20万、オプション値引き額/10万
車体のみなら妥当な金額だけど、標準装備が少ないためその分オプションをいろいろとつけてしまい、
購入価格は思ったよりも高額になった。

・車両値引き額/20万、オプション値引き額/15万
納得出来る買い物に出来た。

・車両値引き額/35万、オプション値引き額/5万
本体とその他オプションなど含めて、100万円以内で購入出来たのは、下取り車があったからです。

・車両値引き額/25万、オプション値引き額/15万
ノートアクシスを購入。車の性能にも満足しています。

・車両値引き額/35万、オプション値引き額/10万
燃費面でかなり満足しています。

・車両値引き額/40万、オプション値引き額/5万
購入した価値は十分にありました。

・車両値引き額/30万、オプション値引き額/20万
オプションを含めて総額230万円越えをして、そこからこれだけの値引きに成功した。

・車両値引き額/40万、オプション値引き額/20万
(価格.comより)


●値引き成功額の目安 → 10万円から60万円


値引きに成功している人の金額の幅が広いので、納得の出来る値引き額を引き出すには、
下取り車の下取り金額が大きなカギとなってきます。

実際にノートを値引き交渉をして購入した人のクチコミでも、大幅値引きに成功したのは
下取り車があるから成功したと話す人が多いですよ。
逆に大幅値引きが出来なかった人は下取り車の査定額が低かったり、競合車との相見積もりができていなかったり
ここに原因があると思います。
他メーカーの競合車との見積もりを上手く使って、値切ってみましょう。



●日産ノートの競合車
ノートの競合車は・・・・
トヨタ/ラクティス
   /ポルテ
ホンダ/フィット
マツダ/デミオ
ミツビシ/ミラージュ

●日産ノートの詳細
コンパクトカー/5名乗車/1.2L、1.5L、1.6L

・ボディカラーは
シャイニングブルー、ナデシコピンク、ソニックブルー、ブリリアントホワイトパール、ダークメタルグレー、
スーパーブラック、ラディアントレッド、ブリリアントシルバー、オーロラモーヴ、ビートニックゴールド。

ただし、グレードによっては選択できないカラーもあります。

>>ニッサンノート値引き交渉の裏技公開ページはこちら


●ノートの歴史


ノートのE11型は、2004年に発売された当時には、1.5L車のみの販売でした。

翌年2005年には、ノートにスポーティーな印象をプラスした「ライダー」が発売、
またこの年にはヨーロッパ仕様も登場したり、グッドデザイン賞を受賞するなど、世界でも活躍してきたノート。

その後、2008年にはマイナーチェンジ。
2012年にはノート2代目となるE12型が発売されました。

この2012年に発売されたE12型のノートは、2013年4月までずっとガソリン登録車で売上NO.1に輝くほど、
人気が高い車なんです。


●ノートの豆知識


「ノートの名前の由来」
日産ノートは、楽しい毎日を過ごせるようにという願いが込められた、音符と言う英語の「NOTE」と、
楽しい日々を記録しておく物「NOTE」という2つの意味を重ねて、ノートという名前がつけられたそうです。

また、2004年にパリサロンでノートをベースに発売されたコンセプトカーは、
「トーン(TONE)」という名前がつけられました。

このノートに込められた願いの通り、ノートで過ごす毎日が楽しいものになるといいですね。


●評価・クチコミ


「車だけじゃない、歩行者にも衝突回避"エマージェンシーブレーキ"」
よく他メーカーのCMなどでも最近見かけるようになったのが、前方の車と衝突の恐れが出たとき、
自動で急ブレーキをかけてくれるというシステム。
一度は見たことがあると思います。

私がノートの安全性能で驚いたのは、"全方位の安全をサポート"と書かれていたこと。

まず、前方の車と衝突する可能性が出たときに、自動でブレーキをかけてくれるのはもちろんのこと、
例えば前方に歩行者がいたときにも、自動でブレーキをかけてくれるんです。
これなら、車の周囲の歩行者の安全まで守れてしまいますね。

また、たまにニュースなどで見かけると思うんですが、車を駐車していて、踏み間違いによる急発進で、
建物に衝突してしまったという事故。

こういった、踏み間違いによる衝突を防止するために、ノートの最先端のシステムにより
前進・後退時の踏み間違いによる急発進を抑制してくれます。
これは、メーカーオプションにより付けることが出来る、「踏み間違い衝突防止アシスト」という機能です。

さらに、「アラウンドビューモニター」では、駐車時にまるで車体の上から見ているように、
周囲の安全を確認しながら駐車することができます。
ルームミラーにモニターがついていて、フロント、サイド、バックのモニターを切り替え、
車の周囲をしっかりと把握しながら駐車することが出来るということです。

また、その際移動物などがあれば検知してブザーで運転者に知らせてくれる機能付きなので、
安全面に関して言うことなし!という印象でした。


「購入者の評価」
ノートは乗り心地に関しては賛否両論あるものの、走行音は静かでエンジン性能面でもパワーも十分ある、
とかなり高評価です。
燃費面に関しては街乗りでちょこちょこ運転が多くても、かなり燃費がいい!と大満足しているユーザーばかりです。










当サイトの人気ページBEST3!


>>【特集】下取りを利用して新車購入の場合、ほぼ全ての人が最低10万円以上損しています。
ポイントは「知っている」か「知らない」か。それだけの問題です。


>>【特集】自動車保険料節約術!実際にやってみました!生レポート
だいぶ得したぜよ。
ウッフッフ。


>>実際に値引きに成功した人の生の声(アルファード編)
私の友人の体験談<トヨタ ハリアーからアルファードに乗り換え>




>>車中毒夫婦が伝授する新車購入術 TOPページヘ戻る