車種別紹介・解説・評判

トヨタカローラアクシオの値引き相場価格はいくら?

●グレード別 販売価格
・HYBRID G/2,075,000円
・HYBRID G"シートヒーター装着車"/2,090,750円
・HYBRID/1,925,000円
・HYBRID"シートヒーター装着車"/1,940,750円
・1.5LUXEL/1,900,000円から2,089,000円
・1.5G/1,587,000円から1,839,000円
・1.5X/1,377,000円から1,629,000円
・1.3X"G EDITION"/1,605,000円
・1.3X/1,395,000円

●人気グレード
X

●燃費
16.0km/Lから33.0km/L

●販売店
カローラ

>>トヨタカローラアクシオ値引き交渉の裏技公開ページはこちら


●値引き成功額の一例


【アクシオ ハイブリッド】
・車両値引き額/5万、オプション値引き額/5万
車両価格が高いが、燃費は申し分ない。

・車両値引き額/10万、オプション値引き額/5万
カーナビ、ETC、バックモニターをつけた。燃費はカタログ数値に近い燃費が出る。


【アクシオ】
・車両値引き額/0万、オプション値引き額/0万

・車両値引き額/15万、オプション値引き額/10万
オプションをたくさんつけた購入できました。
(価格.comより)


●値引き成功額の目安 → 10万円から15万円


トヨタのセダンのハイブリッドカーで、総額200万円程度になるのは仕方ないかも知れません。

もともとカローラアクシオは、トヨタのセダンの中でも高額ではありませんが、たいていの人が頑張っても、
5万円程度の値引きしか期待できないそうです。

大幅値引きを狙うのであれば、他車のようにオプションをいろいろとつけるのもアリですね。

ハイブリットハーもハズせないけど、セダンの広さと乗り心地も譲れない、という人には競合車と競わせるにも、
セダンのハイブリッドカーで競合車がないため、競合車の選抜も難しくなるかも知れませんね。

この辺については、下記項目の競合車を参考にしてください。



●カローラアクシオ/カローラアクシオハイブリッドの競合車
・ニッサン ティーダラティオ
・マツダ アクセラ
・スバル インプレッサG4
・トヨタ プレミオ
・トヨタ アリオン

気づく方もいるかも知れませんが、カローラアクシオの競合車は、トヨタ車の中にもいるんです。

カローラアクシオは、トヨタの中でもカローラ店のみの販売となっています。
そのため、他トヨタ店やトヨペットなどに販売されているセダンを競合車にして、
トヨタカローラ店と他トヨペットなどの会社のセダンで競合させるのもいいと思います。

●カローラアクシオの詳細
セダン/5名乗車/1.3L・1.5L

・ボディカラーは
スーパーホワイト2、ホワイトパールクリスタルシャイン、シルバーメタリック、メローシルバーメタリック、
ブラックマイカ、ブラッキッシュレッドマイカ、ライトブルーメタリック、ダークブルーマイカがあります。

>>トヨタカローラアクシオ値引き交渉の裏技公開ページはこちら


●カローラアクシオの歴史


トヨタカローラそのものは1966年に誕生し、カローラアクシオは2006年に登場しました。

登場から翌年には、グッドデザイン賞を受賞し、2012年にはフルモデルチェンジされた
2代目とも言えるアクシオが登場しています。


●カローラアクシオの豆知識


「カローラアクシオの名前の由来」
カローラは花冠という意味で、アクシオはギリシャ語で「品質」「価値あるもの」という意味をもちます。


●評価・クチコミ


「カローラアクシオの"ハイブリッドシナジードライブ"」
カローラアクシオには、1NR-FE Dual VVT-iエンジンが使われているため、燃費もよく環境にも優しいエンジンです。
この1NR-FE Dual VVT-iエンジンにより、ハイブリッドは33.0km/Lという驚異の低燃費が実現しています。

シフト操作は、フィットハイブリッドなどとは違い、従来のシフトチェンジと同じ動作です。

走行モードには、エコドライブモード、EVドライブモードの2パターンがあります。
アイドリングストップ機能は、オフにすることも出来るので、ユーザーの好みで設定できます。


「カローラアクシオのオプション」
カローラアクシオって、ちょっとどこかで年配の方が乗る車のイメージが定着しているかも知れませんが、
実はそんなことないんですよ。

アクシオハイブリッドでは、ハイブリッド専用のグリルステッカーやボディサイドのストライプテープ、
ホイールデカールキットなど、上品なブルーで統一したりと、なかなかおすすめなオプションがありました。

また、アクシオにはTRDからもオリジナルアクセサリーが出ています。
フロントスポイラーやLEDデイタイムランニングランプ、HIDバルブセット、エンブレムなど、
スポーティーで若者受けのいい装備品が販売されていますので、そういったオリジナルパーツによって、
自分好みのアクシオにするのも、魅力的ですね。








当サイトの人気ページBEST3!


>>【特集】下取りを利用して新車購入の場合、ほぼ全ての人が最低10万円以上損しています。
ポイントは「知っている」か「知らない」か。それだけの問題です。


>>【特集】自動車保険料節約術!実際にやってみました!生レポート
だいぶ得したぜよ。
ウッフッフ。


>>実際に値引きに成功した人の生の声(アルファード編)
私の友人の体験談<トヨタ ハリアーからアルファードに乗り換え>




>>車中毒夫婦が伝授する新車購入術 TOPページヘ戻る