車種別紹介・解説・評判

ホンダフィットの値引き相場価格はいくら?

●グレード別 販売価格
【ハイブリッドモデル】
・ハイブリッド/1.635.000円
・ハイブリッド・Fパッケージ/1.720.000円
・ハイブリッド・Lパッケージ/1.83.000円
・ハイブリッド・Sパッケージ/1.930.000円

【1.3Lモデル】
・13G/1.265.000円から1.454.000円
・13G・Fパッケージ/1.360.000円から1.549.000円
・13G・Lパッケージ/1.461.000円から1.650.000円
・13G・Sパッケージ/1.560.000円から1.749.000円

【1.5Lモデル】
・15X/1.580.000円から1.769.000円
・15X・Lパッケージ/1.680.000円から1.869.000円

【RSモデル】
・RS/1.800.000円


●人気グレード
13G・Fパッケージ

●燃費
・ハイブリッド・・・・36.4km/L
・13G・・・・26.0km/L
・15X・・・・21.8km/L
・RS・・・・19.0km/L

>>ホンダフィット値引き交渉の裏技公開ページはこちら


●値引き成功額の一例


・車両値引き額/5万、オプション値引き額/15万

・車両値引き額/5万、オプション値引き額/30万
ガソリンスタンドに行く回数が2分の1になったので、買った価値はあった。

・車両値引き額/5万、オプション値引き額/5万
Sパッケージでメーカーオプションのナビやバイザーなどをいくつかつけて、
値引き交渉して228万円で購入できました。

・車両値引き額/5万、オプション値引き額/0万
期待以上の値引きが出来なかったけど、値段だけの価値があると思う。

・車両値引き額/5万、オプション値引き額/0万
ハロゲンフォグライト、無限バイザー、カラードマッドガードのオプションをつけましたが、
あまり値引きできなかった。

・車両値引き額/10万、オプション値引き額/0万
プリウスは値引き交渉序盤からまぁまぁな値引き額が出されたが、ホンダはかなり強気の姿勢なので、
下取り車での値引きを狙うしかなさそう。

・車両値引き額/5万、オプション値引き額/0万
ハイブリットシステムなどホンダの技術が、総額で200万円で購入出来たので満足している。

・車両値引き額/20万、オプション値引き額/0万
ガラスコートNEOやフロアマット、バイザー、長期保証をつけ、「今日契約する」という条件付きで、
180万円で購入出来た。下取り価格が20万円ついたことも大きかった。

・車両値引き額/10万、オプション値引き額/15万

・車両値引き額/35万、オプション値引き額/0万
(価格.comより)


●値引き成功額の目安 → 0万円から35万円


驚くことに、値引き額が車両価格値引き0円、オプション価格値引き0円で購入している人が結構いました!
プリウスなど他社競合車と比較しても、値引き額が少ないことに結構不満を持っている人が多いみたいです。

0円値引きではないにしても、全体で5万円ほどの値引き交渉しか成功していない人も多く見られました。
フィットハイブリッドの値引き交渉なら、「下取り車で値引き額を上げるしかない」と話すユーザーも多いんです。

フィットハイブリッドは人気車ということもあり、大幅値切りは難しいかもしれませんが、
性能や車内の広さなどで、値段以上の価値があるという評価ばかりでした。

総額では、200万円前後で購入している人が大半でした。
ここで、200万円よりいくら下回る金額を値切れるかは、やはり下取り車の価格次第ということになってきそうです。



●フィットの競合車
・トヨタ ラクティス
・トヨタ ヴィッツ
・ニッサン マーチ
・スズキ スイフト

●フィットの詳細
5名乗車

・ボディカラーは
ビビットスカイブルー・パール、アトラクトイエロー・パール、プレミアムホワイト・パール、
ミラノレッド、ライトベージュ・メタリック、ティンテッドシルバー・メタリック、
ブリリアントスポーティブルー・メタリック、アラバスタシルバー・メタリック、
クリスタルブラック・パールがあります。

>>ホンダフィット値引き交渉の裏技公開ページはこちら


●フィットの歴史


【フィット(Fit)】
2001年にホンダから「フィット」が新発売され、翌年には1.3L車がマイナーモデルチェンジされました。
その後、フィットは2005年まで1年ごとにマイナーモデルチェンジが繰り返されています。

【フィットアリア】
2002年に、スモールセダンとして登場し、登場以来2回のモデルチェンジが行われました。

【フィット(FIT)】
フィットがフルモデルチェンジされて発売されました。
2010年に新型「フィット/フィットハイブリット」が発売され、2012年には「ファインスタイル」という
8種類の特別仕様車が登場しています。

【フィットシャトル】
2011年に、フィットシャトルとフィットシャトルハイブリッドが発売。

【新型フィット・フィットハイブリッド】
2013年に発売。


●フィットの豆知識


「フィットの名前の由来」
フィットは、「あらゆるシーンにぴったりフィットする」という気持ちが込められて、フィットという名前になりました。
(HONDA公式HP参照)


「フィットでエコドライブがどんどん楽しくなる!」
フィットハイブリッドには、ホンダ独自のエコアシスト(エコロジカル・ドライブ・アシスト)というシステムがあります。

これは、「kーチング機能/ECOドライブ ディスプレイ」と「ティーチング機能」、
「ECONモード」の3つからなるもので、コーチング機能とは、エコ運転度がメーターの色でわかるようになっていたり、
エコ運転度や上達度がゲームのような表示になっていたり、ECONモードで省燃費をさらに向上させたりと、
運転している人が、エコを楽しめる工夫がたくさんされています。

ハイブリッドカーに乗ったことがない人にとっては、一見エコドライブって難しそうじゃないですか?

それを、運転している人がいかに楽しくエコドライブが出来るかに、視点が置かれている。

これなら、自分のエコ運転度が高くなるのを目指したり、低燃費運転を自然に心がけたりと、
エコな心がけも自然と浸透していきますよね。


「常識を覆す?!フィットハイブリッドのシフト操作!」
フィットハイブリッドの購入を考えている人であれば、もう知っている方も多いと思いますが、
フィットハイブリッドのシフトレバーは、ハイブリッド専用の操作が必要になります。

一般的なオートマ車って、シフト操作は一番上に入れるとパーキング(P)、
そしてそれをそのまま下にずらしていくと、リバース(R)、ニュートラル(N)、
ドライブ(D)、2速・・・・となっていますよね?

それが、フィットハイブリッドに関しては、パーキング(P)はスイッチ、リバース(R)は
右上にシフトを入れる、ニュートラル(N)は右にシフト移動、ドライブ(D)は右から下にシフト移動、
ロー(L)は下移動・・・・という感じで、従来のシフト操作とはちょっと違います。

シフトチェンジは、電子信号で送られるそうなんですが、フィットハイブリッドのユーザーのクチコミでも、
このシフト操作については「最初は戸惑った」、「はじめは慣れるまで難しかった」などの声も多いですが、
慣れれば全く問題ないので、シフト操作に関してはそこまで気にする必要ないと思います。


「セダンにも負けないほどの、静かなドライビングを実現!」
セダンからフィットに乗り換えた場合でも、満足のいく静粛性を目指した作りになっているので、
舗装が綺麗にされた道路ではなく、段差のあるような場所を通過するときのノイズまでにもこだわられています。

この静粛性のために使われている防音材は、例えばルーフライニングインシュレーター、吸音フロアカーペット、
制振材、ダッシュボードインナーインシュレーター、エンジンアンダーカバーインシュレーターなどなど、
書ききれないほどたくさんの場所に使われています。

フィットハイブリッドならではの、トップクラスの燃費と快適なドライビング、どちらも兼ね備えられているんですね。


●評価・クチコミ


エコドライブを気にしない状態で、普通に走行していても25km/Lは楽にクリア出来るほどの、
燃費の良さは、95%以上の人が「満足」とかなり高評価です。

また、車内の広さも十分で、荷物を置くスペースや実用面でも高い評価を得ています。
一見小さめなボディなんですが、意外と使い勝手がよく広さもゆとりがあるんですね。

広さの目安としては、子供の自転車が余裕で積めたり、趣味の釣り道具の竿などの長物も、
無理なく載せることが出来るそうです。










当サイトの人気ページBEST3!


>>【特集】下取りを利用して新車購入の場合、ほぼ全ての人が最低10万円以上損しています。
ポイントは「知っている」か「知らない」か。それだけの問題です。


>>【特集】自動車保険料節約術!実際にやってみました!生レポート
だいぶ得したぜよ。
ウッフッフ。


>>実際に値引きに成功した人の生の声(アルファード編)
私の友人の体験談<トヨタ ハリアーからアルファードに乗り換え>




>>車中毒夫婦が伝授する新車購入術 TOPページヘ戻る