車種別紹介・解説・評判

トヨタアクアの値引き相場価格はいくら?

●グレード別 販売価格
・G"ブラックソフトレザーセレクション"/1,950,000円
・G/1,870,000円
・S/1,810,000円
・L/1,700,000円


●人気グレード
S


●燃費
37.0km/L


●取り扱い販売店
・トヨタ
・トヨペット
・カローラ
・ネッツ


>>トヨタアクア値引き交渉の裏技公開ページはこちら



●値引き成功額の一例


・車両値引き額/20万、オプション値引き額/10万
グレードはSで、スマートキー・ナビ・ETC・マットバイザー希望で、値切ったため190万円以内で購入出来た。


・車両値引き額/25万、オプション値引き額/15万
新型フィットと悩み、ホンダとも交渉しながらでしたが、オプション盛りだくさんで購入出来た。


・車両値引き額/15万、オプション値引き額/10万


・車両値引き額/15万、オプション値引き額/10万
値引き交渉によりオプションなどを含めて200万円で購入出来た。


・車両値引き額/10万、オプション値引き額/15万
車は値段以上の価値があり、オプションもたくさんつけました。


・車両値引き額/15万、オプション値引き額/15万


・車両値引き額/20万、オプション値引き額/10万
総額227万円で購入しました。


・車両値引き額/30万、オプション値引き額/5万
ディーラーオプションで純正ナビをつけました。
(価格.comより)


●値引き成功額の目安 → 10万円から40万円


値引き額は、人によっては車両値引き額が0円、またはオプション値引き額が0円の人もいました。


アクアの標準装備は、ほんとに最低限の装備しか標準装備となっていません。
ですので、買う人のニーズによってその人が必要な物は、全てオプションで追加するようなスタイルです。


車両コスト削減のためだと思いますが、これまでまぁまぁなランクの車に乗ってきた人からすると、
「その装備までオプションになっているのか!」とびっくりする装備もあると思います。


必要最低限の装備しかないので、車両価格自体は少し抑えられているかも知れませんが、
結局いろんな装備を好みで追加していくと、かなりのお高い金額になってしまうというレビューが多いです。


車両価格からは値引きが少ないという意見も多いので、オプションの方から値切るのがいいかも知れません。



●アクアの競合車
ホンダ/フィット


●アクアの詳細
2BOX/5名乗車/1.5L


・ボディカラーは
スーパーホワイト2、ライムホワイトパールクリスタルシャイン、シルバーメタリック、グレーメタリック、
ブラックマイカ、スーパーレッド5、シトラスオレンジマイカメタリック、イエロー、ブルーメタリック、
クールソーダメタリック、ディープアメジストマイカメタリックがあります。
(ボディーカラーは対応グレードが限られます。)


>>トヨタアクア値引き交渉の裏技公開ページはこちら



●アクアの歴史


2011年11月26日の発売され、2013年5月31日には、SとGのグレードに
スーパーUVカットガラスなどを標準装備にするなどの改良とともに、
GのグレードにG"ブラックソフトレザーセレクション"が追加されました。


また、2013年12月2日には性能の一部改良、
ボディカラーに「ディープアメジストマイカメタリック」が追加されるなどしました。


●アクアの豆知識


「アクアは海外では"アクア"じゃない?!」


アクアは、2011年に販売されて以来、トヨタ以外のメーカーなどハイブリットカー(エコカー)全体で見ても、かなり人気があります。


日本ではアクアって名前ですが、北米などの海外では
「プリウスC」という名前で販売されているそうです。


みなさん知っていましたか?
なぜ、海外と日本ではアクアの呼び方が違うのだと思いますか?


それは、海外ではハイブリットカーは「プリウス」のイメージがかなり強く浸透しているため、
「コンパクトなプリウス=プリウスC」というネーミングで販売されているそうですよ。


ですが逆に日本では、「プリウス=年配層の購入率が多い」ために、
若者にも受け入れられる車として、「アクア」という名前にしたそうです。


「アクアの名前の由来」
アクアとは、ラテン語で水。
誰もが水のイメージである、「クリーンで、透明感がある」&「必要・大切なもの」、
「自由で広がりがある」イメージを連想させるためであるそうです。


これにより、これまでのハイブリットカーのイメージを越え、
幅広く親しまれることを願って、つけられたのが「アクア」なんだそうです。


「アクアのCM曲に、初音ミクの曲が初採用!」
これまでトヨタ アクアのCMには、「ハート・オブ・グラス」、「ヒゲのテーマ」、
Perfumeの「チョコレイト・ディスコ」が使われてきました。


そして、今回アクアのCM曲で採用されたのは、黒うさP feat. 初音ミクの「千本桜」。
初音ミクとは、ボーカロイドのキャラクターで、ニコニコ動画などで
話題を集めていましたが、現在では海外でも人気のボーカロイドです。


この初音ミクの千本桜を、ニコニコピアニストのまらしぃさんがカバーしたものだそうです。


ボーカロイドの曲が自動車のCM曲として使われるのは、かなり珍しいですよね。
次にアクアのCMを見たときには、楽曲にも注目してみてくださいね。


●評価・クチコミ


アクアは、2011年の販売当初は35.4km/Lで燃費効率世界一を達成していましたが、
その後フィットに1位の座を奪われたものの、改良モデル後に37.0km/Lという燃費で、
再び世界一の燃費効率となっています。


2012年度の車種別の新車販売台数では、3年連続で1位に輝いていたプリウスを抜き、アクアが1位となりました。
アクアユーザーの全ての人が感じるのが、とにかくこれまで乗ってきた車よりもはるかに燃費がいいってこと。


「なかなか燃料の目盛りが減らない」
「走り方によっては、40km/L走ることもある」
「燃料費がこれまでの3分の1にまで減った」


などと、燃費に関してはかなり高評価です。


●評価・クチコミその2


「"安っぽい"とクチコミのある、アクアのインテリアはどうか?」
アクアの評価でたまに見られるのが、インテリアが"安っぽい"という評価。

実際にいろいろ調べてみると、確かにアクアのインテリアは
安っぽいと評価されていることがありますが、それはほんの一部でした。


アクアのインテリアは・・・
G"ブラックソフトレザーセレクション"のインテリアカラーはブラックソフトレザー、
Gはアースブラウン、Sはフレッシュグリーンとディープブルー、Lはナチュラルグレーがあります。


アクアのインテリアについては、ほとんどのユーザーが、
「気にならない。」、「高級感を感じる。」という評価が多かったですよ。


カタログ写真と実物のカラーや質感は、どうしても異なってくると思いますので、
この辺がどうしても気になるのであれば、実車を見て触れて確認するほうがいいですね。





当サイトの人気ページBEST3!


>>【特集】下取りを利用して新車購入の場合、ほぼ全ての人が最低10万円以上損しています。
ポイントは「知っている」か「知らない」か。それだけの問題です。


>>【特集】自動車保険料節約術!実際にやってみました!生レポート
だいぶ得したぜよ。
ウッフッフ。


>>実際に値引きに成功した人の生の声(アルファード編)
私の友人の体験談<トヨタ ハリアーからアルファードに乗り換え>




>>車中毒夫婦が伝授する新車購入術 TOPページヘ戻る