車種別紹介・解説・評判

●ステーションワゴン編


●トヨタ アベンシス

アベンシスは、イギリスのTMUKで生産されたDSC_0705a_s.jpg
本格的なヨーロッパスタイルのステーションワゴンです。

Euro NCAPの衝突安全評価で最高ランクを獲得した高い安全性と、
デザインにこだわられたアベンシスならではの
流れるようなフォルムが特徴的です☆

2WDで乗車定員は5名で、グレードLiとXiがあります。

燃費性能はJC08モードでリッター13.6キロです(^^)

私が目にとまったのは、サイドターンランプ付電動格納式
リモコンカラードドアミラー!
これ、サイドのドアミラーの曇りを防止するため
ヒーターとタイマーがついてるんです。

プロジャクター式ディスチャージヘッドランプもかっこいい!

ラゲージスペースは、サイドボード、フロント・リア・サイドの
デッキボックスなど、収納力が抜群です。

さらに、効率の良い収納を手助けする、ラゲージフックやトノカバー、
デッキボードがあります☆

長くてラゲージスペースには収まりきらないものは、
ラゲージスルー機構を活用すれば、スキー板やスノーボードなどの
長いものでも楽々乗せられます。

パドルシフトやクルーズコントロール機能付きで、走行性能もGOODです☆




●トヨタ カローラフィールダー

乗車定員は5名で、グレードによってエンジンもフィールだー_s.jpg
1.8Lと1.5Lがあります。

駆動形式は2WDと4WDがありますが、1.8Lのグレードだけ2WDのみとなります。

大人5人がゆったり乗れるのに、407Lの大容量な
ラゲージスペースです☆

後部座席を倒せばさらに広い荷室スペースになるので、
とっても使いやすい(^^)

燃費はエンジンによって異なりますが、
1.5LのJC08モードでリッター20キロ前後、
1.8LのJC08モードでリッター16.6キロです☆


また、ワンタッチでレバーを引くだけで
フラットなラゲージスペースになります。

女性でも使いやすい設計です☆

オプションで、ブラインドコーナーモニターってのをつければ、
ナンバー下のカメラにより目視では見えにくい駐車時や
出庫時の周囲の状況を確認
できます。



●ニッサンウイングロード  こちらの記事



●ホンダ ストリーム
グレードは、RSZとRSZ Sパッケージがあって、乗車定員は6名です。

RSZは1.8Lと2.0Lがあって、それぞれFFと4WDがあります☆ストリームa.jpg
Sパッケーjの方も同じです☆

違いは、外装面から言うと
RSZはメーターがブルー照明なのに対して、Sパッケージはレッド照明、
フロントグリルはRSZはダーククロームメッキタイプだけど、
Sパッケージはメッシュタイプ、
RSZはドアハンドルはダーククロームメッキでエキパイフィニッシャーが
ついてて、Sパッケージは大型テールゲートスポイラーとエアロリア
バンパー・アンダーカバーもあり、
シートもレッドステッチが入っていたりします☆

アルミホイールも違うので、どちらを買おうか迷いますね(^^)

低全高で5ナンバーサイズだけど、広いラゲージスペースが確保されていて
取り回しもとってもいい設計になってます☆




●ホンダ フィットシャトル

グレード・タイプは、ハイブリット、ハイブリットスマートセレクション、フィットシャトル2a.jpg
ハイブリットナビプレミアムセレクション、ハイブリットC、
15X、15Cがあります。

ハイブリットタイプはFFのみですが、
15Xと15CにはそれぞれFF車と4WDがあります。

燃費は、ハイブリットシリーズでJC08モードでリッター25.0キロ、
15Xと15Cは18.6キロです☆

ハイブリットシリーズはエコカー免税・減税・補助金対象車で、
15Xと15Cはエコカー補助金対象車です(^^)

"ハイブリットカーがただハイブリットなだけの時代は終わらせました!"と
うたわれているだけあって、センタータンクレイアウトによって、
広々とした荷室を実現

後部座席を倒すことなくゴルフバックが積めたり、
荷物が乗せやすいように開口が低かったり、犬を乗せても大丈夫なように床は
フラットだったりと"使いやすさ"も上位レベルです☆




●スバル レガシィ ツーリングワゴン

グレードは、2.5i、2.5i Lパッケージ、2.5i Eye Sight、
2.5i Eye Sight Sパッケージ、2.5GT Eye Sight、2.0GT DITがあります。

新世代BOXERエンジンと、新リニアトロニックで、レスポンスもよく、
スポーティな走りを実現させています☆

そのエンジンも、ボディに取り付けられているのではなく
「クレードル構造」により取り付けられているので、静かで乗り心地も良く、
安定した走りが可能です。

アイドリングストップも搭載されています(^^)

エコドライブや、クルーズコントロール、車両異常など教えてくれる
マルチインフォメーションディスプレイで、走りをサポートしてくれます☆

また、パーキングブレーキが電動化されているので、内装もスッキリとして、
スイッチひとつで操作できるのでストレスのないドライビングが楽しめます☆

アイサイトによって衝突を防ぐ、"ぶつからない技術"も最近注目されていますよね♪

このアイサイトによって安全なドライビングに繋がるしGood☆




●スバル インプレッサスポーツ

グレードは、1.6i、1.6iーL、2.0i、2.0i アイサイト、
2.0iーS、2.0iーS アイサイトがあります。

乗車定員は、どのグレードも5名です☆

新世代BOXERエンジンと、新リアトロニックを初搭載、
さらにアイドリングストップ搭載でJC08モードでリッター17.6キロという低燃費を実現しています☆

また、走行時に必要に応じて自動でブレーキの制御などを行うアイサイトが、
安全なドライビングをサポートしてくれます(^Д^)

カーゴルームは、大型スーツケースが3つ入る程の大容量で、
室内空間も広くとってあるので、快適に過ごせます☆

内装もブラックでシンプルでスポーティなデザインになっています☆

リアトロニック搭載車ならエコカー減税対象ですよ♪




●マツダ アテンザスポーツワゴン

グレードは25EX、25S、20S、20Cがあり、
25Sのみ4WDでそのほかのグレードは2WDです☆

インテリアシートなどは、シックハウス症候群の原因になるVOCを出さないようにするため、
素材から変えることでそのVOCを低く抑えた内装になっています☆

エコドライブ支援のついたメーターや、パーキングセンサーなど、
ドライバーの運転のしやすさをサポートしてくれる機能も充実しています(´∀`*)

マツダならではの"カラクリフォールド"によって、
後部座席を倒してラゲッジスペースを広くとった場合に、
フラットなスペースになるので、とっても使い勝手GOODです♪

ラゲッジルームの便利アイテムで、ネットやトレイなどもオプションであるので、
さらに使いやすくなるし、自転車とかスノボがつめるキャリアなどもオプションであるので、
実用性抜群のステーションワゴンです!(ノ∀`)




前の記事へ<<「●SUV編」
                     次の記事へ>>「★デットニング講座★その1  「天井編」」




当サイトの人気ページBEST3!


>>【特集】下取りを利用して新車購入の場合、ほぼ全ての人が最低10万円以上損しています。
ポイントは「知っている」か「知らない」か。それだけの問題です。


>>【特集】自動車保険料節約術!実際にやってみました!生レポート
だいぶ得したぜよ。
ウッフッフ。


>>実際に値引きに成功した人の生の声(アルファード編)
私の友人の体験談<トヨタ ハリアーからアルファードに乗り換え>




>>車中毒夫婦が伝授する新車購入術 TOPページヘ戻る