車の管理・維持の裏技&裏話 

エンジンオイルの交換時期&オイルの種類・粘度・グレードって?交換方法


車のメンテナンスなどを、全てディーラーなどに任せている人は、よく「次回オイル交換目安○○○○キロ」なんて
書いた紙をもらうと思います。
お店にオイル交換をお願いしているって人、オイル交換ってとっても簡単なので一度自分でやってみるのも楽しいですよ。

うちの奥さんも自分で交換できるくらい、一度やってみると案外簡単です。


ですが、ジャッキアップの仕方もわわからないくらい車の事はちょっと・・・という方には、
この作業はおすすめできません。

作業自体は難しいものではありませんが、車を正しくジャッキアップできない場合落下の可能性もあり、
怪我・もしくはそれ以上の恐れがあります。

ジャッキアップ位置が不安定だったり、正しい方法でジャッキアップ出来ていなければ危険な作業となります
ですので、こういった危険面も考えて、オイル交換を自分でする人は注意してくださいね。


そもそも、「エンジンオイル」って何で汚れるの?

エンジンオイルは、エンジンの中の不純物やごみによって、劣化していきます。

エンジンの中をずっと巡っているわけですから、そのような不純物がたまっているままだと、
当然エンジンの本来の性能も十分に発揮できなくなり、調子も悪くなり寿命も縮めます

ですから、快適なドライブを楽しむためにもエンジンの中のオイルは常に綺麗なものに交換していくことが大切なんですね。


では、どれくらいのペースで「オイル交換」をしたらいいのか?

交換ペースが早ければ早いほどすごくいいってものでもないので、定期的にしっかりと替えれば大丈夫です。
交換の基準となるのは、「走行距離」と「期間」が判断材料になります。

走行距離の目安としては、3000キロから5000キロで交換です。

期間の目安としては、だいたい半年前後です。

どちらか早いほうが交換の時期となるんですが、
3000キロも普段走らなくて、3000キロを走ろうと思うと1年はかかるなぁ・・・って人とかだと、
どちらか早いほうが目安なので、3000キロも走っていなくても半年で交換

また、結構車を頻繁に使用して3000キロなんて4ヶ月位ですぐきてしまうって人なら、その4ヶ月目で交換
という具合で、この2つの目安のうちどちらか早いほうを基準とします。

あくまでも、この2つは単なる基準ですので絶対ではありません
自分の運転状況や、走行スタイルによってもオイル交換が必要になる時期は変わってきますから、
その辺は判断が必要ですね。


また、前いつ替えたか忘れた・・・なんて場合は、エンジンルーム内のオイルゲージを抜いてティッシュなどで拭いて
みると、色の状態がわかるので、見てみましょう。詳しくは下のほうに・・・

オイルが新品の状態から、使用を重ねるにつれて真っ黒に変わります。
ですが、一概に真っ黒であれば汚いということでもなく、オイルがどのくらい汚れているかは詳しくなれば判断は
つきにくいので、やはり期間か走行距離での判断が確実ですね。

オイル交換は、自分の車の寿命を長くする、はじめの一歩です。
しっかりと忘れずに定期的に交換しましょう。


いくら新車でも、オイル交換を怠っていれば、外見は新車でも中身は中古車同然。
中古車でもメンテナンスをしっかりとしていれば新車同様長く乗れます。


オイルは車の血液と一緒です。
長くその車と付き合っていくためにも、新車だから大丈夫とかもなしで、オイル交換はさぼってはだめです。


オイル交換2回に1度は「オイルフィルター(エレメント)も交換」しよう!

オイルフィルターというものは、エンジオイルの劣化によって出来た異物をろ過するためのもので、
フィルターが古くなると目詰まりし、オイルの循環が悪くなります

それを防ぐために、オイル交換2回に1回ほどのペースで、このフィルターも交換することをお勧めしますが、
オイルの話でもしたように、ちょこちょこ乗りが多い人であればその分異物も混じりやすくなるので、
こまめなフィルター交換がポイントです。


オイルフィルターを交換しないままだと、汚いオイルがエンジンに送られ続けることになるので、
エンジンに悪影響を及ぼします。エンジン自体が壊れます。

整備手帳などに、おおよその交換時期の目安が載っていますが、あくまでそれは目安にしか過ぎないので、
自分の走行スタイルによって判断が必要です。
エンジンオイルの交換2回に1回ということですが、オイルの交換頻度からではなく距離での目安としては、
フィルターの前回交換時からだいたい7000キロから1万キロごとでの交換となります。


また、オイルフィルターを交換する際にはエンジンオイルも交換することになるんですが、
オイルフィルターを交換する時には通常のオイルよりも使用する量が若干増えますので、オイルの量をきっちり
買ってくると足りなくなりますよ。

オイルフィルターは、その車種により使用するフィルター種類が異なりますし、同じ車種でも年式により違うフィルターを
使用する場合がありますので、交換する場合は年式なども気にして購入しましょう。


普段ちょっと近所まで買い物に行く程度しか乗らないから、オイル交換もマメにしなくてもいい?

答えはNOです。
いわゆるちょこちょこ乗りしかしない人ほど、オイル交換は必要です!

エンジンが十分にあったまる前に目的地に着いてしまうくらいの短距離走行など、
エンジンをかけて間もなくエンジンを切るくらいの運転頻度の人ほど、実はオイルにかかる負担は
とっても大きいんですよ。

一週間に何度も高速道路を使用するような生活スタイルの人はもちろんですが、
こういった短距離移動が多い人も、距離には関係なく定期的なオイル交換は重要なんです。

また、オイルはエンジンを回して使用していなくても劣化はしていくので、全然乗っていない状態であっても、
1年に1回はオイル交換をした方がいいですね。


どんなエンジンオイルの種類を選べばいいの?

値段も種類もさまざまですが、勘違いしてはいけないのが「高いオイルは長く使えて、安いオイルは早めに交換する」
というものではありません。
値段は交換時期には影響しないので、間違えないでくださいね。


「SM 15Wー50」などと数字表記とアルファベット表記でオイルの性能が記されています。

左側の15WのWはウィンターという意味で、冬場の低温時の性能を表しているんですが、
これは数字が小さければ小さいほど「性能が良い」ことになります。

右側の50というのは高温時(夏場とか)の性能を表していて、こちらは反対に数字が大きければ大きいほど
「性能が良い」
という判断になります。

頭についているアルファベットは、オイルのグレードを表しているものです。
ガソリン車は頭がSで始まり、2番目のアルファベットはアルファベット順に後ろに行くほどグレードが高い
ということになります。
(例えば、SよFりはSGが。SHよりもSJが高性能といった具合です。ただしSMに関してはこれが1番高いグレードとなる)


車種によって推進しているオイルの種類があり、車両取り扱い説明書などに記載されていますが、
数字の幅を多少広げても問題ありません。
また、グレードの指定があっても、その推進されているグレードより上のグレードのオイルを使用しても問題ありません

ただし、グレードが高いほど、この数字の範囲が広ければ広いほど、値段は高くなります


一度やれば、女の人でも出来るほど案外簡単?「エンジンオイルの換え方」

準備するもの:ジャッキ、廃油ポイ、新しいエンジンオイル、パーツクリーナー、oiru.jpg
新しいパッキン(交換する場合)、うま、メガネレンチなどの工具。
廃油ポイとは、ホームセンターなどで売っている廃油用のパックのようなもので、
これを使用することにより通常のゴミ出しで処分できるものです。

基本的な工具を今から揃えようと思っているなら「Snapーon(スナップ・オン)」がお勧めです。

というかスナップ・オンの工具を使ってれば間違いないです。有名ですよ。
せっかく工具揃えるなら、いいもの使いましょう。


交換方法は、下抜き方法と上抜き方法の2種類あります。

ここでは下抜き方法でお話したいと思います。

始めに注意事項!
どこかに出かけていたりした直後などで、エンジンが温まりすぎていると
オイルで火傷する
のでやめましょう。
エンジンが温まりすぎているときは冷ましてから作業開始です。

1.フロントをジャッキアップして、車がふらつかない上ことが絶対条件で作業!
ジャッキアップは平らなところでします。サイドブレーキの引き忘れには注意しましょう。
ジャッキアップしたら、うまをかけます。
そしたら、車の下を覗くとエンジン真下ら辺のオイルパンという所にドレンという排出口があるので、それを見つけます。


2.ホームセンターで買ってきた廃油ポイをその下に置き、ドレンを外す。
・メガネレンチで頭が外れないよう押さえつつハンドル部分を結構な力でたたくと外せます。
(このとき、ドレンにパッキンというパーツがちゃんとあるか確認します。数回の交換時に1回交換するもので、
カー用品店で格安で売っているので割れてたりしたら交換しましょう。)
・外れかけたら一気に離します。するとオイルが予想以上の勢いで流れてきます。
(一気に離さないと突然オイルが噴出すので大惨事に・・・)
廃油ポイの置き場所の選択をミスするとオイルがちゃんと中に入らずパニックになります。
始めはどこに置いたら確実かわからないかも知れませんが、一度開けたらオイルが閉じることが出来なくて全て出きるまで
放置なので、置き場所には気をつけましょう。
・また、抜けをよくするためにエンジン上のオイル注入口のフィラーキャップも外しましょう。
手に付いたオイルなんかも、パーツクリーナーを使えば簡単に汚れが落ちます。


3.オイルが全部出きったら、排出口付近に付着したオイルのティッシュなどでしっかりふき取ります。
そしたら、先ほどレンチで外したドレンを取り付けます。
始めは素手で締めていき、その次にレンチで固くしめます。(しめすぎに注意)


4.新しいオイルを、さっき開けておいた注入口から入れます。
規定量を入れましょう。
このとき、完全に抜けきっていない状態で新しいオイルを入れ始めると、入れすぎの原因になります。
後から足すことは出来ても、逆に少しだけ量を抜いたりすることは出来ませんので、注意してくださいね。
心配な人は少なめの量を入れておいて、後で足す方がいいかも。


5.ふたをしたら一度エンジンをかけてちょっとアイドリングする。
エンジンを回すとオイルの量が規定値よりも減るので、一度エンジンをかけてオイルを循環させてから、
オイルゲージを抜いて、規定量内にあるかの確認をする必要があります。
(オイルゲージの確認は、1回目に抜いたときの量ではなく、一度引き抜いたらティッシュなどでふき取りもう一度
中に入れて、それを出した2回目の量を目安
にします。これがオイルの量の確認方法です。日常の点検方法
この方法ですよ。)
減っていると思うので、規定量までまた上から足しておきましょう。
このとき、中の量が多ければ多いほど安心!というわけではありませんので、入れすぎ・少なすぎには注意しましょう。
「規定量の範囲内」
であることが鉄則です。


6.最後の確認も忘れずに!
オイルの量を確認したら、排出口付近からの「漏れがないかも目視しましょう。
これで作業は終わりです!
抜いたオイルは廃油ポイによって一般のゴミで出せるので、綺麗に閉じて中身が溢れ出ないように
密封して捨てましょう。
このとき、次回交換時の目安になるので、使用したオイルの種類と今交換したときの日付と走行距離などを
メモ
して残しておくと、次いつ交換するんだったけ?ってことにならずに済みますよ。


案外簡単でしたよね?

慣れるまでは悪戦苦闘するかも知れませんが、慣れてきたら意外と苦にならず作業できますよ。

はじめはうちの奥さんも、オイルを抜くときにオイルを少量撒き散らしたり・・・なんてこともありましたが、
今ではスムーズに交換しています。

初心者の方でも、自分で出来るメンテナンスとして始めやすいですから
頑張って挑戦してみてください!



前の記事へ<<「間違った洗車してない?車の正しい洗車方法アドバイス」
次の記事へ>>「タイヤサイズの見方、インチアップ早見表、FFとFRローテーション方法・時期&スタッドレスの寿命と保管」




●関連記事
基本メンテナンス方法&日常点検!ライト、タイヤ交換・空気圧・エンジン(冷却水・ウォッシャー類)
車のよくある故障の症状!バッテリーやエンジンのトラブル 原因とその知識
間違った洗車してない?車の正しい洗車方法アドバイス




当サイトの人気ページBEST3!


>>【特集】下取りを利用して新車購入の場合、ほぼ全ての人が最低10万円以上損しています。
ポイントは「知っている」か「知らない」か。それだけの問題です。


>>【特集】自動車保険料節約術!実際にやってみました!生レポート
だいぶ得したぜよ。ウッフッフ。


>>実際に値引きに成功した人の生の声(アルファード編)
私の友人の体験談<トヨタ ハリアーからアルファードに乗り換え>



>>車中毒夫婦が伝授する新車購入術 TOPページヘ戻る