納得のカーライフを送るために!新車購入・納車後、絶対気をつけること

車で事故をした時の正しい対処!焦らないための手順&保険利用


車の事故は、自分がいくら安全運転をしていても他人の不注意で起きてしまうものですし、
自分のちょっとしたミスで大きな事故にもなってしまいます。

私も、実は現在までに事故歴は6回ほどあります。
自分の不注意からきた単独事故や、自分に過失のないもらい事故も含めて・・・

結構多いですよね・・・
若い頃のことなんで今は全くないですが。
乗ってきた車、今所有している車の数が多い分、車の故障トラブルや事故も多かったです。


ここでは、私が過去に経験した事故のケースと、自分が被害者になった場合&加害者であった場合のそれぞれの実際の
対処手順などについてもお話します。

事故は急に起きるものですから、あらかじめこういった知識を持っておくことによって、
実際に起きたときに、焦らずに正しい対処が出来るんです。


自分が「加害者」であった場合の、実際の対処の流れ

普通の人だったら、誰も事故してやろうと思って事故をする人なんていないですから、
もし起こしてしまったなら、焦らずに迅速な対処が必要です。

もし人身事故をしてしまった場合は、単独事故よりも対応は早く・正確でないといけません。

(1)事故に相手(被害者)がいる場合、まずはけが人・負傷者がいないか確認する。
  負傷者がいて、応急処置をしなければならないような事態には、即座に行う。

(2)自分では応急処置が出来ない場合も含め、負傷者がいる場合にはすぐに救急車を呼ぶ。
  事故処理のために警察も呼びましょう。jiko.jpg
  まさか、「救急車って何番だっけ・・・?」って人いませんよね?
  このときには、事故の場所や負傷者人数やその状態を聞かれますので、
  動揺しないで正確に答えましょう。
  伝える場所は、住所がわからないときには目立つ建物や交差点の名前、
  電信柱に書いている番地などを言えばOKです。

(3)車は道路脇や付近の通行の邪魔にならない程度の位置に動かす。
  事故によって、通行の邪魔になるものがあればどける。
  これをしないことによって、また新たな事故を招いてしまわないためにもすぐやりましょう。

(4)目撃者がいれば、連絡先などを教えてもらう。
  例えば、事故の過失の割合がはっきりつかない場合や、重大な事故の場合にはこの先裁判になったりすることもあります
  ので目撃者がいれば連絡先を教えてもらっておきましょう。

(5)事故の相手の人の連絡先や住所を聞く。
  このとき、相手の入っている保険会社の名前も必要です。
  自分の保険会社に連絡をした際には、相手がどの保険会社の加入者かも聞かれます。
  ここで聞き漏れがあると後でホント困ります。

(6)自分の保険会社に事故の状況を連絡する。
  時間が経つと、保険利用が出来ない場合もありますので、忘れずに電話しましょう。

(7)勤務先にも連絡する。
  通勤途中や会社からの帰宅途中などの場合には、連絡は必須です。

(8)事故の現場、事故対象のものはなるべく全て写真を撮る。
  目撃者のところでも触れましたが、あとあと過失割合がつかない場合など写真が重要な証拠となることもあります。
  事故による道路のタイヤ跡や破損したパーツ、車体の損傷がある部分などなるべく多く写真で残しましょう。
  このとき、自分の車のことだけではなく、相手のものに関しても撮っておくことが重要です。


また、事故をしたのに警察を呼んで処理してもらっていない場合は、保険が使えません
警察は、事故処理といって、どのように事故が起きたかやそのとき信号が何色だったか、どのあたりでブレーキを踏んだか、
その距離は何メートルかなど、事故の状況把握を行ってくれます。
軽い事故でも大きな事故でも、警察は絶対に呼んでください。

また、負傷者のいる場合には、事故の後に謝罪に伺うのが本当は望ましいです。
未成年者やまだ若い人などは、親についていってもらったりして、相手の家や病院に謝罪に行きましょう。

自分に過失のある事故を起こした場合、さまざまな責任がかかります。

自賠責保険や任意保険は、こういったときに初めてありがたみを感じるものですが、
任意保険に加入していなくてもし大きな事故を起こしてしまったときには、多大な損害賠償を自分ひとりで抱えることに
なります。

詳しくはコチラのページへ。
「自賠責保険とは?」
「任意保険の必要性」

また、ひどい事故などをしてしまって、
事故車を廃車にしようと考えている方はちょっと待ってください。

廃車の手続きにはお金がかかります。
ここなら、事故車も下取り査定してもらえます!

無料で査定してくれるので、廃車にする前にまず一度試してみてください!↓
>>ズバット車買取比較


自分が「被害者」のときの重要な対処ポイント

どう自分が気をつけていても、公道はさまざまな人が走行していますから、誰かの不注意で事故に巻き込まれてしまうことも
あります。
そういった場合、後でしっかりとした補償が受けられずに困ってしまうことのないよう、覚えておきましょう。

ポイント(1)事故が起きて相手が逃げた場合には追いかけるかナンバーを控える。
ポイント(2)目撃者がいる場合には連絡先などを教えてもらう。
ポイント(3)ケガや負傷箇所がある場合は、我慢しないで病院に行く。


後で症状が悪化する場合もありますので、軽度でもちゃんと病院にいくことが大切です。
この場合は、「交通事故で」と受付のときにしっかり伝える必要があります。
ためらわずに救急車を呼べばいいです。jiko2.jpg
また、加害者が警察を呼ばない場合には自分で呼んでしまいましょう。


写真で証拠を残したり自分の会社や保険会社に連絡したり、
相手の連絡先を聞いたりする作業は上記の「加害者であった場合の対処」と、
することは同じです。

もし、事故の後に何日か経った後でも体に異常が出てきた場合には
病院にしっかり行きましょう

事故のその日じゃないと病院へ通えないわけではないですので、我慢してはいけません。
でないと、事故を人身扱いにしてもらえなかったり、保険で補償してもらえないこともあります。
我慢して結構な日にちが経ってからではなく、少しでも異常があれば早めに病院にいくことが大切です。


また、事故の場合、早急な示談を進められても絶対にすぐ応じなければいけないということはないです。
保険会社から、納得できない条件や示談内容を申し出られたなら、自分がしっかりと納得できるまで話し合うこと&
体が治るまで治療すればいい
です。

示談した後ではどうにもなりません

納得できないのなら示談はしてはだめですし、保険会社の対応だけでは対処できないのなら、
弁護士さんにお願いするのも一つの方法です。
納得できてない示談をしてしまって、その後事故の後遺症が出てきて・・・ということもあります。


また、なかには過失割合がなかなか決まらない事故や、
相手側と事故の割合でこちらの思う通りに話が進まなかったり、
自分が悪くなくても、損してしまうケースもあります。

それは事故のケースと事故相手、事故相手の保険会社、自分の保険会社次第ですが、
そういったときにこちらが不利になってしまわないためにドライブレコーダーをつけておくことを
お勧めします。

事故のとき、絶対役立ちます。

相手側に過失があるのに、決定的な証拠が欲しいときなど、つけておいて損はないです。

起きてしまった事故で、後悔しないために
こちらから詳しいメリットが見れますので、参考に。↓
ドライブレコーダー通販ショップ【ドライブバリュー】


参考に。
事故車を廃車にしようと考えている方はちょっと待ってください。
廃車の手続きにはお金がかかります。
ここなら、事故車も下取り査定してもらえます!

無料で査定してくれるので、廃車にする前にまず一度試してみてください!↓
>>ズバット車買取比較


実際にあった、私の過去の「事故体験談」

私は、自慢ではありませんがあまり集中力のない方で・・・
車はその人の性格が出るとお話したことがありますが、私はそのときの感情がすぐ車の運転に出てしまうタイプで。

イライラしていればそれが運転に影響出てしまうし、とにかく事故は多かった・・・
周りの人には本当にご迷惑をおかけしました。


まず、●自分の不注意で起こしてしまった事故では、
見通しの悪いT字路で、そのときはセダンに乗っていたんですが、
セダンってフロントが長くて自分が目視で左右の安全が確認できる位置まで出ると、
完全にフロント部分が飛び出てしまうんですよね。

それで目視で確認しようと思ったら、トラックが私の車のフロント部分を削りとって通過していきました・・・

このときは、私の過失が大きく修理代も割と高かったので、迷わず任意保険を利用しました。
等級は当然下がりました。

このように、事故の過失や損害賠償する金額に応じて、自己負担して弁償するか、
保険を利用するかは選択すればいい
です。

任意保険を利用すれば当然等級が下がりますから、等級が下がっても保険を使った方がいいのか、
自分で負担したほうがいいのか、どちらがトータルした金額が少ないかがポイントです。



あとは、●自宅の駐車場から道路に合流するときのこと。
その道路は割と広めで、斜線の区切りはなかったんですが余裕で2台すれ違えるほどの道路幅がある道
ゆっくりと前へ出たら、なぜか左から来た車が道路のおもいっきり右側を結構な勢いで走行してきて
私のフロントを擦って通過・・・
見通しはよくなかったので、私はホントにゆーっくりと前に出ていたのでびっくりしました。

ここは日本です。
その人はなぜ右側をそんな速度で走っていたのか・・・
私もちょっと悪いし法律的には、結局は主道路が強いので私に過失が来るはずでしたが、
その子は自分から、全然前見てなくてすいませんって・・・

保険確認するとその人は無保険でした。
免許取りたての若い子で、任意保険に加入していなく、任意保険って何?状態だったのでまたびっくり・・・

親さん駆けつけてきて示談にして欲しいってことで示談にしたケースです。



あとは・・・
●私がハザードを出して道路脇に停止中に、ノンブレーキで後方からボルボが突っ込んできたこともあります。
もちろん過失は10対0。
このとき私は救急車で運ばれました。

車も無事故車で購入後、2ヵ月後のことでローンもまだ2年ほど残っている状況でリアがくしゃくしゃ。
なのに突っ込んできたボルボは無傷。

・・・え?
このとき、ボルボ車の強度にはある意味感動しました。
唖然ってこういう時に遣う言葉ですね。

こっちはリアがトランクがもう閉まるとこのないくらいの損害なのに、ボルボは何事もなかったかのように綺麗・・・

事故検証に来た警察が、思わず
「えっとー・・・事故した車はこの車(私の車を指差す)と、どの車ですか?」って聞きにくるほど。

そのとき、首がヘルニアになり1年ほど病院へ通院しましたが改善せず、後遺症として残っている状態です。
仕事も休めなかったので、ほど毎日鎮痛剤の注射を打ってから出勤する毎日でした。


でも、こういったものも保険で対応してくれますし、示談のときも納得できなかったので、車両の修理に関しても
体の治療に関しても、ほぼ納得できるところまで長期間の話し合いをしました。


保険って大事だし、保険は安いだけじゃだめです。
相手への補償がしっかりとしていないと、もしものとき困るのは自分です。


もし保険内容などで一度見直したいって思う人がいるなら、何かある前に一度見直してみては?
補償内容もしっかりしていて、保険料も抑えられるかも?tsp019-s.jpg
「インズウェブ自動車保険無料一括見積もり」

年に一度は見直すことをお勧めします!








前の記事へ<<「車のよくある故障の症状!バッテリーやエンジンのトラブル 原因とその知識」
             次の記事へ>>「【番外編】私の友達の事故のお話。こんな怖いこと、あるんです。」




●関連記事
任意保険の補償内容・種類・等級とは? 自賠責保険との違い
自動車保険料節約術!払いすぎてない?割引・安くするには?見直しポイント
【番外編】私の友達の事故のお話。こんな怖いこと、あるんです。
車を売るとき、譲渡するときに必要な書類って何?名義変更・手続き&代行の委任状




当サイトの人気ページBEST3!


>>【特集】下取りを利用して新車購入の場合、ほぼ全ての人が最低10万円以上損しています。
ポイントは「知っている」か「知らない」か。それだけの問題です。


>>【特集】自動車保険料節約術!実際にやってみました!生レポート
だいぶ得したぜよ。
ウッフッフ。


>>実際に値引きに成功した人の生の声(アルファード編)
私の友人の体験談<トヨタ ハリアーからアルファードに乗り換え>




>>車中毒夫婦が伝授する新車購入術 TOPページヘ戻る