新車が納車される前に準備すること!

自動車保険料節約術!払いすぎてない?割引・安くするには?見直しポイント


自動車保険って、結構な確率でほとんどの人が絶対加入しているものですが、
実は、生命保険や医療保険よりも、「免許取ったとき以来、放置状態」って人ばかりなんじゃないでしょうか?

当たり前のように毎月口座から引き落とされているけど、よく考えたら年間通してみると結構な金額になっていたり。

ちなみに私の自動車保険(任意保険)の<年間の保険料は12万円前後かかっています。
年間12万円もあったら、大した額・・・旅行でも行けちゃいます。
私がこの「無駄さ」にもっと早く気づけばよかったのですが・・・


ここで私が最近気がついた、この方法を教えちゃいます。

さまざまな節約方法がありますが、一番効果的な手段としては
"自動車保険料の無料一括見積もり"を利用してみることです。

私がこれまで試してきた保険料の節約方法の中で、これが一番大幅に節約出来ました。


ネットで自動車保険料の「無料一括見積もり」を利用してみる

基本的に、車を購入した販売店や一般的な自動車保険は、保険料が高いものが多いです。

その分、この無料でできる一括見積もりなら、
たくさんある自動車保険会社から、一括で自分の保険料の見積もりが取れてしまうんです。


見積もりしたからといって、
必ずその中のどれかの保険に加入しなければならないわけでもありません
だから、自分の今の現状の保険料と比べることができる。

私も始めは、「保険なんてどこの保険でも同じじゃないのか?」や、
「いくらネットとはいえ、保障内容が薄いんじゃないか」、
「安くなるかもって言っても、そこまで変わりはないだろう」と思っていました。


始めは半信半疑。「まぁ無料だからやってみるか?」と思って試してみたら大幅な節約に・・・

しかし、この無料の一括見積もりをやってみたところ、
確実に保険料は今の保険料よりも安い

もしかしたら保障内容がよくないからか?と思いましたが、
ちゃんと補償内容などを自分の希望でチェックする欄があって、
どの補償をつけるかをしっかり選択できる。


気になった方は、このページで実際私が利用してみた「生レポート」を載せていますので、参考に。↓
【特集】自動車保険料節約術!実際にやってみました!生レポート


毎月の保険料って、節約するところがないようで
加入する保険会社をちゃんと選べば、一番簡単に節約できる場所なんです。


しっかり選べば、自動車保険料は支出の中で一番簡単に節約できるところ。

これを知らない人、自動車保険をムダに毎月払いすぎている人は
たくさんいると思います。
無料なんでお金がかかることはないので、一度は試してみてほしいです。


毎月の出費が重なれば、1年を通して相当な金額になります。

自動車保険料は、医療保険や生命保険と一緒で全ての保険会社が
保険料は統一ではないんです。

だとすると、同じような補償内容なのに保険料が高いところもあれば、ro-n7.jpg
安いところもある。
となると、あなたは高い保険料を毎月払い続けたいですか?
それとも安い保険料で節約したいですか?



今の自分の自動車保険料に、少しでも疑問を持ったなら、試す価値はありますよ。
「インズウェブ自動車保険料一括見積もり」
年に1度は見直しができるので、毎年見直した方がいいですよ。


この方法以外の、任意保険の色々な節約方法です↓


年齢限定を利用して割り引く!「年代別 節約方法」

●初心者、初めて入る時・・・1番安く抑えられるのは、自動車販売店などで加入する保険ではなく通販型のような、
              自分で申込み・手続きするタイプの保険です。各社保険料などが違いますので、何社か保険料
              の見積もりを出してもらいましょう。親の任意保険がある人は、親の保険を引き継がせて
              もらいましょう。



●20歳以下・・・この年代は1番気持ちに余裕が出てきてしまう時期で事故する確率も1番高いです。
         ですから、どの保険会社もこの年代の保険料は1番高く設定されています。
         年齢で安くするのは難しいので、20歳以下に方は下記のような年齢制限以外の方法を活用しましょう。

●21歳以上の年齢での見直し・・・21歳を過ぎると「21歳以上補償」というものに補償内容を切り替えることにより、
                 保険料が減額できます。
                 これは、21歳以下の人が運転した場合は補償対象外となります。

●26歳以上の年齢での見直し・・・「26歳以上補償」に切り替える。上記同様、これにすると26歳以下の人が運転した
                 場合は補償対象にはなりません。

●30歳以上の年齢での見直し・・・「30歳以上補償」に切り替える。          

※保険会社によっては、「35歳以上補償」と区分があるところもあります。

●40歳以上の年齢での見直し・・・この頃からは、十分運転には慣れていると思いますし、高額な補償内容、補償金額は
                 必要ないです。
                 車両保険も付けている場合、エコノミーにするだけでも保険料は抑えられます。 

●それ以上の年齢での見直し・・・保険会社によりますが、これ以降の年齢制限を10歳づつくらいで区別しているところが
                多いので、50歳時、60歳時など、その都度年齢制限の割引が設定されているか確認
                するといいですよ。


年齢制限以外で「契約内容」での保険料減額の方法

●免許証が現在ゴールドカード・・・・契約時点でゴールド免許の場合。割引率は3から10%ほど

●車の運転手を本人限定にする・・・独身者など、自分以外に誰も車を利用することがなかったら、
                 補償対象を「本人限定」とすることで、さらに保険料の減額が出来ます。
                 結婚していたり、本人以外にも車を運転することがあるのなら、保険料が安くなる
                 からといって本人限定にするのは危険です。
                 結婚している場合は、「本人・夫婦限定」でもOK。私もこの限定にしています。
                 ただし、この限定がない保険会社もあります。

●車の運転手を家族限定にする・・・「家族限定特約」などにより、補償対象とする車の運転を家族のみの範囲にし、保険料
                 の減額が出来ます。
                 これも節約にはなりますが、家族以外の人が車を運転する機会があるなら、家族以外の
                 運転時には補償されないので、注意が必要です。割引率は5%前後です。

●長期優良契約割引・・・今の等級が16等級以上で、過去1年間無事故である場合。割引率は5から10%ほどです。

●複数台契約割引、マルチオーナーシップ・・・同じ保険会社で、2台以上契約する場合に適用されます。割引率は、5から
                      15%
ほどです。

●インターネット割引・・・インターネットで契約を申し込んだ場合に割り引かれるもの。


車の装備、安全装置の内容で保険料を安くする方法

●エアバッグ・・・運転席にエアバッグが装備されている(搭乗者傷害保険)。割引率は10%前後
         運転席にも助手席にも装備されている場合は割引率は15%ほどにもなる。

●ABS・・・車にABSが装着されている場合に割り引かれる(対人・対物)。割引率は5%前後

●横滑り防止装置・・・横滑り防止装置を装備している車に対しての割引。割引率は5%前後

●環境対策車、エコカー・・・低燃費、低公害車などの環境にやさしい車。割引率は3%前後

●盗難防止装置・・・イモビライザーなどの盗難異常通報装置がある。割引率は5%前後

●衝突安全ボディー・・・所定の「衝突安全基準」を満たしている車に対して割り引かれるもの

ただし、これらの割引内容、割引率は、全ての自動車保険会社で統一ではないので、
自分の加入している保険会社でどのような割引制度があるかは、各保険会社に問い合わせてください。

統一ではないということは、より多くの割引条件がある保険会社がいいですよね。


補償内容、補償金額の「必要額」を1から見直す・「免責金額」を設定する

そもそも必ずたくさんの特約をつけなければならないとか、
高額な補償金額を設定していなければマズイ!ってことはないですから、自動車.jpg
補償内容・補償金額は自分の必要内容、必要額に応じて
保険を設定すれば大丈夫です。

人に相談するのも大切ですが、自分の生活スタイルや
補いたい部分に必要な分だけを加入すればいいですから、
あまりにも過度な補償内容は必要ありません。

例えば「車両保険の補償金額の減額や免責金額を設定する」ことで、
保険料を減額したり・・・
車両保険って、結構保険料が高いです。

ただ免責金額を設定するだけでも安くなりますし、
事故して必ずしも高額な修理代がかかるわけではないですから、
自己負担する金額を設定したり補償範囲を減らすことでも、結構な金額が減らせます。

ちなみに私は必要ないかなーと思ったので、車両保険は付けていません。
こんなかんじで、何の補償が必要で、何がいらないかを決めて保険を見直すだけでも、保険料は結構変わりますからね。
私の場合、車両保険を外しただけで月々の保険料は約1万円ほど安くなりました。



「節約」と言ってもただ安くすることだけ考えていてはいけません

保険料の減額だけにとらわれていると、hoken.jpg
いざという時わずかな補償では困ります

例えば、減額ばかりすることだけが全てではなく結婚したときや家族が増えたとき
には、搭乗者障害特約子供特約をつけて補償内容を手厚くし、
家族をしっかりと守ることも大切です。

一度入ったらそれで良し!ではなく、必要に応じて見直すことも重要なんです。

ただ、安いだけの保険はだめです。
安くても、補償内容がしっかりとしている保険でないと、お勧めできません。


1番簡単のようで難しいかも知れませんが、無事故でずっと保険継続していくだけで等級が最大数の20等級までいけば、
割引率は60%にもなるので、無事故でいることも立派な節約と言えますよ。




前の記事へ<<「任意保険の補償内容・種類・等級とは? 自賠責保険との違い」
               次の記事へ>>「【特集】自動車保険料節約術!実際にやってみました!生レポート」




●関連記事
自動車ローンの審査基準って何で決まるの?
審査が通りやすい新車購入時のローン ディーラー?銀行?低金利お勧めローン
知ると得する!下取り価格を上げる方法&査定額を高くするポイント
上手に新車を値引きする方法・裏技!こうすれば初心者、女性でも確実に成功




当サイトの人気ページBEST3!


>>【特集】下取りを利用して新車購入の場合、ほぼ全ての人が最低10万円以上損しています。
ポイントは「知っている」か「知らない」か。それだけの問題です。


>>【特集】自動車保険料節約術!実際にやってみました!生レポート
だいぶ得したぜよ。
ウッフッフ。


>>実際に値引きに成功した人の生の声(アルファード編)
私の友人の体験談<トヨタ ハリアーからアルファードに乗り換え>




>>車中毒夫婦が伝授する新車購入術 TOPページヘ戻る