新車が納車される前に準備すること!

ETC車載器のメリット!取り付け方法&セットアップって?ETCカード高速道路の割引はいくら?


ETCとは、自動車料金収受システムのことで、遠出や高速利用が多い人には
欠かせない存在となってきました。

ですが、ETCを使えるようにするためには、ただETC車載器を購入しただけでは利用できません。

かかる費用も、ETC本体の価格、そして取り付け工賃、セットアップ手数料、そしてETCカードの手続き。
これら全てが揃って、初めて利用できるんですよね。


ですが、ETCを利用すればさまざまなメリットがありますので、車を購入したら是非取り付けましょう。
もっと快適なカーライフが送れるはずです。

では、ETC車載器の購入から、利用するまでのそれぞれの工程について詳しくお話していきます。


そもそも、ETCを利用するメリットって?そんなに良いことがあるの?

●1番はなんと言っても高速利用時の快適性!料金所に近づいたとき、etc.jpg
 あわてて小銭やチケットの準備の手間がない
●料金所で、左ハンドルでも不便さを感じない。
●利用の明細が届くので、いくら利用したかの把握がしっかり出来る
クレジットカードのETC利用の場合、ポイントも貯まってお得。
高速の割引が受けられる(休日の利用は全国どこまで利用しても最大50%オフ

こちらで各高速道路の割引額が見られます。
http://www.go-etc.jp/waribiki/waribiki.html


ETC車載器には、どんなタイプがある?それぞれの特徴

●アンテナ分離型(3ピースタイプ)・・・アンテナ部分とETCカード挿入箇所が別々のもので、取り付け場所を目立た
                    ないところに出来る
ため、防犯上も見栄えも良い
                    カードの出し入れがしやすい場所を自分で決められる。
                    一体型と比べ配線処理などの余分な工程も出てくるため、工賃は割高になる。
                    取り付けが一体型よりも手間がかかるので、取り付けもお店に任せる人が多い。

●アンテナ一体型(2ピースタイプ)・・・アンテナ部分が本体に内蔵されたもので、取り付け場所はダッシュボードの上
                    など無線通信の支障にならない場所で、取り付け場所が限られる為、見栄えは良
                    くない

                    また、目立つ場所への取り付けなので車上荒らしなどの防犯面でもデメリット
                    がある。
                    しかし、取り付けは分離型よりも簡単で、価格も分離型よりも安い
                    ただし、取り付けが簡単ということは、その分走行中の振動や甘い取り付けによ
                    る落下防止への注意が必要。

●ビルトインタイプ・・・自動車メーカーから出ているような、車のインテリア、内装の中に取り付けられているもの。
            (アンテナがルームルームミラーに内臓されていたり)
            これは対応している車種は限られ、ほとんどが新車購入時などに取り付けることになる。


ETC車載器のメーカーを選ぶ

車載器は、各自動車メーカー以外からも販売されています。

それぞれ特徴やセールスポイントが異なりますので、まずは情報収集です!
自分の好みに合ったメーカーを見つけましょう。
自動車メーカー以外の代表的な会社には、アルパイン・デンソー・パイオニアなどがあります。


ETC車載器の購入から取り付けまで

ETC車載器は、最近はネットなどで安く購入できるものが多くなってきましたが、
ETC車載器を自分で購入しても、届いたものを自分で取り付けるなら取り付け工賃はかかりませんが、
お店に取り付けを頼む場合、取り付け工賃がかかります

取り付け工賃は、その販売店でETC本体を購入した場合は、4000円前後
ネットで購入したりして、自分で買ったものを持ち込んだ場合は、6000円前後です。

こちらの取り付け手数料も、お店によって金額が全然違いますので、安いお店を見つけましょう
この取り付け工賃も、結構高いですから、自分で取り付けたほうが節約は出来ますよね。

そんなちょっとした工具もないって方、基本的な工具は揃えておきましょう。
私が一番お勧めなのはやっぱり「Snapーon(スナップ・オン)」です!

工具の代表的なメーカー。車さわる人でスナップ・オンを知らない人はいません。

すぐだめになる安い工具使ってるより、絶対おすすめ。
スナップ・オンの良さは、使ってみたらわかります(´・ω・`)
覗いてみてください。



一体型タイプの車載器でしたら、分離型よりも簡単に取り付けが出来ますし、
分離型でも配線を隠す処理が苦ではない方は、取り付けはそんなに難しくないので、
自分でやってみてはいかがでしょうか。

ですが、取り付けが甘いと走行時などの振動でずれたり落下したりする心配がありますので、
心配だったらお店にお願いしましょう。

お店で購入する場合は、一般的なカー用品店(オー○バックスやイエ○ーハットなど)で販売も取り付け作業
行っています。


ETC車載器の「セットアップ」って何のこと?

ETCを利用するためには、ETC車載器を取り付け、ETCカードが必要となります。
そして、忘れてはいけないのがこのセットアップという作業です。

高速料金は、車の種類や大きさによって料金が違いますので、ETC搭載車がさらーっと料金所を通過するために、
どこでその車の種類や大きさを判断しているかというと、この車載器の情報によって、区別されているんです。

ということは、当然車載器に自分の車の情報を登録しておく必要があり、この作業がセットアップと言うんです。


このセットアップの作業は、一般的なカー用品店などでやってもらえます。etc3.jpg
ただ、対応していない店舗もありますので、
事前にどのお店が対応しているか確認してから行きましょう。
この際には当然手数料がかかります。
手数料は3000円前後ですが、店によって違います

たいてい、ETC車載器を一般的なカー用品店で購入した場合は、
ETC車載器の取り付けと同時にセットアップも行うことになりますが、
このセットアップの手数料とETC車載器の取り付け工賃は別々で発生します。


そしてセットアップの方法は、「オンラインセットアップ」が対応していれば、
即日でセットアップが完了
しますが、
オンラインセットアップが対応していない店舗「オフラインセットアップ店」ですと、
完了には1週間前後かかります


このセットアップ作業は、セキュリティ処理となるため、個人では出来ません

どの店舗がセットアップ対応店かは、こちらで検索できます。
http://www.shop.orse.or.jp/shop/setupmap/


また、セットアップを行うとセットアップ証明書というものがもらえます。
このセットアップ証明書は、ETCマイレージ申込み時や、車の乗り換えで車載器を再セットアップするときなどに
必要となる
ので、大切に保管しておいてください。


ETCカードってどんなもの?クレジットカードとは違うの?

ETCカードとは、高速などのETCシステムを利用するための専用のチップが組み込まれたカードで、
ETCカードを取得するには、方法が2通りあります。

●1つめは、あらかじめクレジットカードの発行手続き時にETCの申込みをする
たいていの人がこの方法で利用しています。etc2.jpg
これは、有料道路事業者と決済契約をしているクレジット会社での取り扱いに
なります。

ETCの利用が出来るクレジット会社は、
現在ではJCB・VISA・UFJ・NICOS・セゾン・イオン・アメリカンエクスプレス・
ダイナースクラブ・OMC・セントラルファイナンス
があります。


●2つめは、ETCのみのパーソナルカードというものを発行します。
これは、クレジットカードの発行ではなのでクレジットカード発行時の審査などはないですが、
保証金を納めることが条件で、年会費も必要です。


このETCカードは、1度作れば自分の車のETC車載器だけではなく、他人の車やレンタカーなどでも使用できます
持っている枚数に制限はないので、複数枚持ってそれぞれ使い分けたりも出来ます。
(ただ、高速などの利用時に入り口に使用したカードと自動車3.jpg
出口で使用するカードは同一のもの
でなければなりません)


ETCカードを使用して高速を利用した際には、
通常の現金支払い時にもらえる領収書などは発行されません。
後日、クレジットカードの利用明細として自宅に明細書が届きます

明細書が欲しい場合は、ETCレーンではなく一般レーンかETCと一般
の両方が可能なレーンで係員にETCカードを提示すれば、
領収書が受け取れます。


ETC車載器だけあっても、このETCカードを挿入していないと利用は出来ませんので、注意です。

ETCカードは、その場で現金の支払いをしないでも高速を利用できるものですので、盗難被害なども多いです。
ですから、複数のカードを所持できるからと言って、必要以上にいくつも作るのはやめましょう


また、ETCカードの発行には、申込みから手元に届くまでだいたいで3週間前後かかりますので、
もし利用したい日にちや予定がある場合は、早めの申込みが必要です。


快適なドライブを楽しむためにも、賢いETC利用をしてくださいね。



前の記事へ<<「「JAFに加入」すると任意保険とはちょっと違う、こんなメリットも!」
     次の記事へ>>「車を売るとき、譲渡するときに必要な書類って何?名義変更・手続き&代行の委任状」




●関連記事
購入時につけておくべきオプション・装備の選び方 メーカーオプションとディーラーオプションの違い
カーナビ、新車購入時につけたら得?純正?それとも社外?お勧めメーカー
走行中にもカーナビのテレビ・DVD視聴・操作が出来るようにする方法!純正ってなぜ出来ない?




当サイトの人気ページBEST3!


>>【特集】下取りを利用して新車購入の場合、ほぼ全ての人が最低10万円以上損しています。
ポイントは「知っている」か「知らない」か。それだけの問題です。


>>【特集】自動車保険料節約術!実際にやってみました!生レポート
だいぶ得したぜよ。
ウッフッフ。


>>実際に値引きに成功した人の生の声(アルファード編)
私の友人の体験談<トヨタ ハリアーからアルファードに乗り換え>




>>車中毒夫婦が伝授する新車購入術 TOPページヘ戻る