新車購入時の値引き交渉 

上手に新車を値引き交渉する方法・裏技!初心者・女性でも確実に成功


「値引き交渉」とか「商談」と聞くと変に肩に力が入ってしまう人が多いのではないでしょうか?
営業マンとの戦い!勝負!と思ってしまって空回りするようであれば、気軽に、もしくは楽しく値引き交渉に取り組みましょう。


勝とう!と思っても相手は交渉のプロですから、フラッと来ただけの素人では、そりゃ営業マンのうまーい誘導に負けて終了です。


お互い人間ですから、ここは楽しんで!をモットーに進めるのが◎です。そのほうが良い結果になることが多いです。


(新車の購入から納車までの実際の流れについては、「→納車までの流れ」のページで全体像が確認できます。)


ここでは、商談・値引き交渉について詳しくお話したいと思います。
値引きは多ければ多いほどうれしいものですが、あからさまに無理な金額、常識的に考えて大幅すぎる値下げ額は不可能です。


値引き交渉する前に


あらかじめ、車両本体価格の相場も知っておくことも大切ですが、雑誌やネットで確認できる、「限界値引き額」や「目標値引き額」を知っておきましょう。


ここで調べた金額が、だいたい基準となる値引き額ですから、あんまりにもこの目標額とかけ離れた値引きを要求しても通りません。


値引き交渉で押さえておくべきポイント!


ポイント1●相手は人間です。横柄な態度はNG

これから先お世話になるかも知れないのに、横柄な態度はマイナスにしかなりません。飲食店での店員への態度、1人でタクシーに乗った時のタクシードライバーへの態度、などが自然に悪くなっている覚えのある方は要注意です。


「お客様は神様」という考えは捨てましょう。本当にノルマに追われて必死な営業マンは神様と思うかも知れませんが、仲良くなるためにも感じ良く、フレンドリーに行きましょう。


ポイント2●本体価格とオプション価格を混合して交渉しない

値引きの流れとしては、まずは車両本体価格の値引きから。
その値引き額に納得したら、次はオプションの値引きへと入ります。


これを混合して交渉すると、「オプションたくさんつけたはいいけど、気づいたら結局大した金額値引いてもらってないかも・・・?」という、得したのか損したのかよく分からない事態になりかねません。
これは忘れないで。


手順やポイントさえ抑えれば、値引き交渉は難しいものではありません
ただし、この方法・手順が絶対ではありませんから、自分が交渉しやすい言葉でお話することです。


ポイント3●仲良くなっても余計なことは言わない

世間話などの会話をして営業マンと仲良くなることは大切ですが、こちらの事情や情報はあまり与える必要はありません


こと細かく聞かれても、「これが欲しい」「いつまでに絶対必要」とか確実な答えはいりませんほどよく濁しておけばOKです。


購入を焦っていると思われると、こちらの弱みになるので「期日に近づけば大した値引きをしなくても買うだろう」と思われます。


でも、「まだ迷ってますが来月中くらいには決めようかなぁとは思っています」とか「例えば今決めると納期はいつ頃になるんですか?」などはOK。優柔不断ぶる感じですね。


ポイント4●予算をはっきり言わない

早い段階で、「予算が○○○円しかないです」って言っちゃいたい気持ちも分かりますが我慢です。逆効果です。
それ以上の値引きが期待できる場合でも、してもらえなくなります。


こちらの予算を提示した時点で、営業マンのペースに突入です。
こちらのペースで話を進めるためにも、「あまり予算がないので、安ければ嬉しいんですよね」って濁しておきます。


ただ、値引きの交渉の最終的な段階で、もう一押し!って所で、
「予算が○○○円くらいだったので、何とか予算内で収めてもらえませんか?」などはOK。


どの段階で、どの言葉を使うかによっても、効果が変わってきますので、注意しましょう。
このあたり恋愛と似ているのかもしれません。タイミングが重要です。


ポイント5●下取り車の見積もりは別に出してもらう


下取り車がある場合は、値引き額の一部が下取り価格ということになり、ごまかされやすいので注意が必要です。
下取り車と新車の見積もりは別々にしてもらうのがポイントです。


せっかく良い値引き額が出せた!と思っても、うまーいこと下取り車の価値を下げて査定されることで、結局かなり損をしていた!となりがちです。


下取り価格をごまかされないための重要ポイントが、
ズバット車買取比較
などの一括査定サービスで、買取価格の相場をあらかじめ調べておくことです。


新車販売店での下取り査定時に「ネットの一括査定で調べてみたら○○円だったので、もう少しなんとかなりませんか?」と交渉することで下取り車の査定額アップも期待できます。


このポイントを頭に置いて、実際の値引きの流れでも生かす

1.見積書を出す段階でも、例えばトヨタに行き「ハイエースが欲しくて見に来ました」とか自分の欲しい車種を最初に言ってしまうのは絶対だめです!


逆に、トヨタで「ハイエースが欲しいんですが○○(他メーカーの同系統)も迷ってますので、まだ決めてないんですが」って言うのはOK。


ただし、ただのひやかしと思われるような態度は禁物です。購入の意思が疑われます。この違い、わかりますか?欲しい車種が一つに決まっていても、いつまでに欲しいと予定していても、まだ悩んでいる感をかもしだします!


2.見積書をもらったら
いくら思っていたより金額が高くても、こんなにかかるの?と思っても、この時点でもう値引きするのはNG「見積書の見方」でもお話しましたが、序盤で金額の話はだめです。


その時点で「これ以上は値引きは無理なんです」ってお言葉もらう場合もあります。


あちらから値引きを引き出したいので、ここではあくまでもご挨拶って感じで、帰宅です。
「思っていたより結構かかりますね・・・ちょっとよく考えます」とか、
「まだ○○(他メーカー)も回りたいので何かあったら連絡ください」という感じで連絡先を絶対教えておきましょう。


数日後、営業マンのほうから「あれから検討して頂けましたか?」なんて電話が来ます。
「もう少し良い条件でお話できそうなので、また是非ご来店ください」なんていわれます。


そしたらお店にGOです。


3.その後の訪問で
ここからが、いわゆる駆け引きの始まりですね。
営業マンに、「今日しかこの金額は無理です」とか「今日決めてもらえるならこの値引きでも出来ます」と言われても、気にすることないです。


「一度主人に相談してみます」とか「嫁も乗るのでまた一度家で相談しますね」など悩む姿勢を見せつつ、あしらっていいです。
今日しかその金額出せないわけがないです。


いろんな言葉を言われると思いますが、言葉慣れすることも大切<です。
いろんな殺し文句を言ってきますが、それに惑わされた時点で、あなたの負けです。


まぁ勝ち負けではありませんが、セールストークのプロの言葉に左右されないのが、ここからも自分のペースを保つ決め手なので、あんまり真に受ける必要はないですよ。


「これ以上の値引きはもう無理ですので・・・」とか、「もう値引きは限界なので」とか言われると、そうなんだ・・・ならこれ以上は無理かと思いがちですが、


「そうですよね・・・○○さんから買いたい気持ちはあるんですが、正直○○(他メーカー、他ディーラー)の値引きが結構いいので、車自体はこちらがいいんですが・・・もう少し検討します」とか、


「あと○○円くらい引いてもらえたらもう今日契約するんですが、他でも見積もりだしてもらっていて、そこがここより○○円安いんで・・・車はコチラで買いたいんですが、どうしてもまだ決決められないので、またじっくり検討してきます」などと、ここでも帰宅です。


ここで既に限界値引き額まで来ていることはよっぽどないです。
ですので、買いたいけど悩んでる感とか、他ではもう少し安い見積もりであったことも出しつつ、ここでは決めてはいけません


4.こういう感じで販売店をいくつか回ります
そうするとおのずとどこがいくら安い、どこがいくら高いと出てくるはずなので、それを元に3番のようなことをすると、競合されて
「ではうちも頑張って○○円までします!」とか、
「では今日決めてもらえるならここまで値引きするので」など、それぞれの値引き額が上がってくるでしょう。
そしたらその中でも1番値引きの高い販売店、感じの良い営業マンも含めて選び、さらに交渉に入ります。


結構この時点で値引き希望額になったなぁとか、これならOKと思ったら、
次はオプションの値引きに入ります。


車体価格とオプションなどは別々で値引き交渉する、とお話したように、それぞれの値引き額で考えます。
「ではオプションの話なんですが、グレードを一つ上げるのでこのオプションを
付けて欲しい」というのもアリ。
「あとはこのオプションを付けたいんですが、これとこれを付けるから○○円でやってもらえないか?」などもOK。


もう自分の力では車体価格の値引きはこれ以上は難しい!と思ったら、
「では車体価格はこれでいいんで、このオプションを○○円でお願いしたいです」なんて言うのもOKです。


オプションは、必要ないものはつけないこと。
オプションの選び方はコチラ「購入時につけておくべきオプション・装備の選び方」


ここでコチラ側から「この金額にしてくれたら今日もう決めます」とか殺し文句を出してもいいし、
「実はこれだと予算でおさまってないので・・・もう少し他でも相談してみます」と言って、来店を改めてもいいです。


あまり要求通りではなかったなぁと感じたら、「諸経費」の部分の費用を0にしてもらうようお願いします。


ですが車体やオプションの値引きの話をしているのに、諸経費の話をしてはだめです。
混合してしまうので、諸経費をなくしたい場合は話をするなら最終的な段階で
契約まであと1歩、というところでです。


ここで契約となったら
「あつかましくて悪いんですが、納車の時ガソリンは満タンお願いできますか?」
の最後の一言も忘れずに。


もう結構値引き頑張ってもらったしこれ以上は気まずい・・・と思ったら言う必要ありません。
気持ちの問題ですから、納得するまでお願いできそうなことはお願いしちゃえばいいです。
あくまでも、感じ良くです。してもらうのが当然ではないですから。


契約に必要な書類などは、「新車の購入から納車までの流れ・手順 必要な書類って?」のページを参考に。


これからも担当の方とは長い付き合いになります。しっかりとお礼を言って、帰宅です。
ここで忘れないで欲しいのが、競合に使ったほかの販売店への対応です。


値引きに力が入りすぎて存在を忘れがちですが、担当してもらった営業マンの方には、
「すみませんが今回は親戚のところでお願いしたので、また機会があったらそのときはお願いしますね」などお断りの電話をするのも忘れずに!(こんなにかしこまる必要もないですが)


これから先どこかで付き合いが生まれるかわかりませんから、ただもう車を購入したから知らん顔ではなく、この辺は礼儀として電話の一つは入れましょうね。


下取り車がある場合にまずやっておくべきこと


下取り価格をごまかされないための重要ポイントが、
ズバット車買取比較
などの一括査定サービスで、買取価格の相場をあらかじめ調べておくことです。





前の記事へ<<「どこで新車購入するのが1番いい? 正規ディーラー?サブディーラー?」
                 次の記事へ>>「実際の値引き限度額って? いくらまでなら交渉可能?」




●では、実際いくらくらいなら値引くことが可能か?のお話は
「実際の値引き限度額って? いくらまでなら交渉可能?」


●値引きに大きく関係する、車のモデルチェンジの話は
「車のモデルチェンジって何?実は値引きに大きく関係する?! 」


●値引き交渉に最適な時期の真相のお話はコチラ
「新車購入の値引きにおすすめな決済時期って本当?現役営業マンに聞いた真実・真相 」


●実際に値引きに成功した人の生レポートはコチラ
「実際に値引きに成功した人の生の声・値引きレポート 」




当サイトの人気ページBEST3!


>>【特集】下取りを利用して新車購入の場合、ほぼ全ての人が最低10万円以上損しています。
ポイントは「知っている」か「知らない」か。それだけの問題です。


>>【特集】自動車保険料節約術!実際にやってみました!生レポート
だいぶ得したぜよ。
ウッフッフ。


>>実際に値引きに成功した人の生の声(アルファード編)
私の友人の体験談<トヨタ ハリアーからアルファードに乗り換え>




>>車中毒夫婦が伝授する新車購入術 TOPページヘ戻る