新車購入時の値引き交渉 

どこで新車購入するのが1番いい? 正規ディーラー?サブディーラー?


普段何気なく運転していると、トヨタのマークが大きく表示された販売店や、
ニッサンのロゴが看板に掲げられているお店などさまざまありますが、
ディーラーといっても、題名の通り「正規ディーラー」と「サブディーラー」が存在します。


この二つにはやや違いがあって、「正規ディーラー」とは、
自動車メーカーの公式ホームページにて検索できる(載っている)ディーラーが、いわゆる正規ディーラーです。

展示車両や販売車の在庫があり、試乗にも応じてもらえます。
自動車メーカーから直接車を仕入れているのが正規ディーラーとなります。


次に「サブディーラー」とは、中古車販売店であったり、新車も取扱があって、
整備工場もあるところがサブディーラーです。

正規ディーラーから新車を仕入れているので、
その分値引き額が正規ディーラーよりも低いこともある。di-ra-.jpg

中には、大手の販売店だったり多くの台数の取り扱いがあるお店だと、
仕入れの台数も多くなり、正規ディーラーよりもサブディーラーの方が
値引き額が大きい場合もありますので、行ってみる価値はあります。

整備工場もあるので
「今後の整備もここでお願いすることになりますから・・・」
なん
て言って値引き額を期待しましょう。

整備工場があれば、正規ディーラーより
整備代や車検代が安い
こともあります。



また、小さな町よりも、競争の激しい都心部のほうが値引き額も期待できます
時間や気持ちに余裕があるなら、「越境」というのも一つの値引きにつながるポイントです。

この場合、越境というのは自分の県以外の他県にも交渉をすることで、
別に自分の県で車を買わなければいけないという決まりはないので、
これも値引き交渉の一つの方法です。

正規ディーラーは、基本的に都道府県が異なれば、経営している元の会社も違います
なので、正規ディーラー同士で競合させる手段も有効なのです。

ですが、自分の地元の地域の正規ディーラー以外で購入したからといって、
地元のディーラーでアフターサービスが受けられないということではないので、心配ありません。

しかし商談のまだ初めの段階で他ディーラーとの競合をちらつかせるのではなく、
終盤辺りが有効と言われています。


競合店には、なるべく多く行きましょう。
たくさんの販売店に見積もりを出してもらえば、その分競合させやすく、
条件も選びやすくなります。

なぜ同じ自動車メーカー販売店でも、同じ車種で値段・値引き額が変わってくるのか?
より多くの販売店に回れば、表示される金額もさまざまなことがわかります。

同じメーカーの販売店を回っているのに、同じ車種でなぜ金額にバラつきがあるのでしょうか。


販売店によっては、ノルマ達成がまだだったり多数在庫者を抱えていたりするので、
その分いろいろ回って検討しているであろうお客に、多少大きな値引き額を掲示してでもここで購入して欲しいと
他よりも大きな値引き額が掲示してもらえるからです。


同じ会社が経営している場合、コンピューターなどでお客情報の管理がされるので、
経営者が同じ場合は競合の意味がなくなります

また、購入する気があまりないように取られたら、どこへ行っても対応は同じです。
意味がないです。
どこで購入、交渉するかも大切ですが、購入する意思をしっかり見せることも大切です。


買う気がなく、ただ競合店との見積もりに使いたいだけekkyou.jpg
感じられてしまったらお店側も、たいした値引き額を提示しては
くれません。


そして、車は購入してそこで終了ではありません

毎日付き合って何年も乗ることになるでしょうし、買った販売店とも
修理やメンテナンスで、今後ずっと付き合っていくものです。


安ければ安いほどうれしいですが、1番は本当に相性のいい、
感じの良い親身になってくれる営業マンを探すこと
です。
この先、車と一緒にここから付き合いが始まるのは、販売店と担当者です。
相手も人間ですから「もっと値引きして」なんていってるだけのお客には、
あちらもプロなので慣れています。


この人と関わっていきたい、車を任せたいと思える、営業マンを見つけるのも、値引きでは得られない信頼でしょう。


これが、実は1番値引きよりも価値のあるものと言えるかも知れませんね。

この先のアフターサービスや安心感にもつながりますし、楽しいカーライフを送るには、
まずはここから始めたいですよね。


値引きの多い店を探すのも重要です、もちろん。
本当だったらまだまだ値引きが期待出来るのに、わざわざ高い金額を支払う必要はないですから。

でも、値引き額だけにとらわれず「気持ちよく付き合っていけそうな販売店、担当者」を見つけることも
お忘れなく!



前の記事へ<<「新車購入の契約をした後にキャンセル、取り消しできるのか?」
           次の記事へ>>「上手に新車を値引きする方法・裏技!こうすれば初心者、女性でも確実に成功」




●関連記事
購入時につけておくべきオプション・装備の選び方 メーカーオプションとディーラーオプションの違い
新車購入と中古車購入のメリット・デメリットって何?どちらが賢いのか
上手に新車を値引きする方法・裏技!こうすれば初心者、女性でも確実に成功
新車購入の値引きには決済時期がお勧めって本当?現役営業マンに聞いた真実・真相
審査が通りやすい新車購入時のローン ディーラー?銀行?低金利お勧めローン




当サイトの人気ページBEST3!


>>【特集】下取りを利用して新車購入の場合、ほぼ全ての人が最低10万円以上損しています。
ポイントは「知っている」か「知らない」か。それだけの問題です。


>>【特集】自動車保険料節約術!実際にやってみました!生レポート
だいぶ得したぜよ。
ウッフッフ。


>>実際に値引きに成功した人の生の声(アルファード編)
私の友人の体験談<トヨタ ハリアーからアルファードに乗り換え>




>>車中毒夫婦が伝授する新車購入術 TOPページヘ戻る