チェックしておきたい!新車購入時の費用の知識

カーナビ、新車購入時につけたら得?純正?それとも社外?お勧めメーカー

★もくじ★
カーナビを購入する時の、選ぶポイントって?
お勧め・人気の最新社外メーカー
固定型ではなく、ポータブル型にする選択肢も!

カーナビは、今ではほとんどの人が車に搭載していますし、なくてはならないものとなりつつあります。

しかし、新車購入時にはメーカーオプション、ディーラーオプションなどの純正ナビ
あるいはオー○バックスなどで市販されているような社外品のナビまであり、
何にしようかは本当に悩むところです。


カーナビは便利な点もたくさんありますが、
たまに「ナビ通りに走っていたら遠回りだった」、という経験もあります。

わからない土地ではすごく頼りになる存在になりますし、目的地までのルート案内をしてくれるだけではなく、
この先の渋滞情報や高速走行時の必要な情報などもその場で得られ、
HDDナビなど音楽情報の記憶も出来て外せないメリットがたくさんありますよね。

ここからは、純正品と社外品のそれぞれのメリット・デメリットについて解説していきますので、参考にしてくださいね。


まず純正品のメリットは●保証期間が3年と長い上に、車検の際に保証延長プランに
             加入し続ければ最長7年まで保証期間が続く。ka-nabi.jpg
            ●収納状態がスッキリしていて見栄えが良い
             内装とも合っている
            ●バックモニターとの連動が可能
            ●社外品より車上荒らしに遭いにくい
            ●地図の更新が3年無料
            ●ナビ操作がハンドルで出来る車種もある
            ●下取りに出すとき査定額が多少は上がる
            ●一部の機種で、オペレーターから直接
             
レストランなど近隣情報を電話で聞いたりできる 

デメリットは、●走行中にテレビが映らない、操作できない
       (見られるようにする方法→裏技
       ●社外品より性能が劣る
       ●車が古くなって乗り換えるとしたら、次の車で使えない
       ●音響設定や調節機能などが社外品より劣る
       ●種類の選択肢が少ない
       ●同性能でも社外品より価格が高い(車のローンに含めば苦にならない)
       ●この先使い勝手の悪さなどで買い換えたい場合、純正システムがネックとなる


社外品のメリットでは、●同じ性能でも純正品よりも低価格なものが多い
           ●純正品よりも高性能なものがすぐ発売されるka-nabi3.jpg
           ●車を乗り換えるときも次の車で使用できる
           ●種類が多く選択肢が広いので好きなタイプ・グレードが選べる
           ●車購入時につけるわけではないので、所得税などが節約できる
           ●用品店で実際に触ってみて使い勝手を確認してから選べる
           ●音響設定がアレンジの幅が広いので音楽重視する人に向く 

デメリットは、●保証期間が純正品と比べて1年ほどと短い
       ●一般的なカー用品店で取り付けるとすると、工賃がやや高い
       ●車上荒らしなどで社外ナビが1番狙われやすい
       (盗難保険などでカバーが効く)
       ●高級車など特に、内装とマッチしない場合がある


ナビは結構修理代が高いので、長い目で見たら保証期間が長い=総合的に節約できるという見方もあります。


自動車所得税はカーナビなどの装備品も含めた計算になるので、
新車購入時に付けるとその分税金金額もアップします。

税金対策がしたいなら、ナビの取り付けも購入後の後付けがいいでしょう。


また、ネットで購入する場合だと通常よりも安く手に入るので、自分でネットで購入して
契約時にディーラーで取り付けてもらうよう交渉するのもアリです。


純正品にも、社外品にもそれぞれのメリット・デメリットがあるわけですから、自分に合った選択をして欲しいです。

ポイントとなるのは、「自分がどの部分を重視するか」ですね。
そうしたら、おのずと自分にはどちらが向いているのかがわかってくると思います。

★私のお勧めのカーナビ
        




カーナビを購入する時の、選ぶポイントって?

●DINに注意!
設置スペースが限られているので、規格が合わないとそもそも取り付けが出来ません。
このナビ自体の大きさ、サイズがDINといわれるもので、2DIN(縦100mm×横178mm)や、
1DIN(縦50mm×横178mm)があります。
自分の購入する予定、購入した車の規格を確認してから選びましょう。


●取り付け位置の違い
・インダッシュタイプ・・・収納されていたモニターがダッシュボードの上に出てくるもので、位置が高くなり
             見やすい。
             収納されるので見栄えも良いが、出てきたモニターが邪魔になることもある。
・オンダッシュタイプ・・・・モニターと本体は別々で、モニター部分がインダッシュのように収納されるわけではないの               で、モニター部分に直射日光が当たるため、気をつける必要があります。

              

●基礎知識/メモリーナビ?HDDナビ?
・メモリーナビ(SDナビ、メモリーAVナビ)・・・SDメモリーカードに地図データを取り込んでいるもので、機能は多く
                        ないが、価格は安い。容量もHDDナビより少なく、小型の物が多い。

・HDDナビ・・・ハードディスクに地図やデータを入れたものを読み込むナビで、データの解析が早い。      
        音楽のデータも大量に保存できるので非常に便利です。価格は高め。
        地図の更新も簡単です。


●i-Phone、i-Podに対応しているか?・・・充電しながら音楽が楽しめたり、選曲操作もナビの画面で                              タッチパネルでも、端末でも操作できるもの。


●VICS(渋滞予測、渋滞状況提供)機能があるか?


●5.1chサラウンドであるか?・・・これは、前後左右のスピーカーと、フロント、サブウーファーの
                  スピーカーで、臨場感ある音響が楽しめるものです。


●ワンセグ、フルセグ対応か?


●マップマッチング機能があるか?・・・GPSだけでは現在地の取得がずれる可能性があるので、
                   正確に位置情報の取得が求められます。


お勧め・人気の最新社外メーカー

●カロッツェリア・・・「サイバーナビAVIC-VH09CS」
           現在の実際の走行中の風景と、各情報・データを重ねて表示する、見やすくて快適なナビ映像と
           なる。
           前方の車両への注意喚起や、交差点での通過音、高速で斜線をまたいだ走行時のふらつき防止の
           注意音など、さまざまな機能がある。
           http://pioneer.jp/carrozzeria/cybernavi/
        ・・・「楽ナビLite AVIC-MRZ07」
           ルートの検索を、単純に距離ではなく、時間での最短ルートを検索してくれ、事故や工事などの
           渋滞情報も探知して状況に応じた最短ルート検索が可能です。
           http://pioneer.jp/carrozzeria/rakunavi-lite/

●パナソニック・・・「ストラーダFクラスCN-HX3000D」
           渋滞を想定して最短ルートを検索してくれ、大規模な災害発生時には警告音で知らせてくれます。
           また、GPS電波の届きにくい場所でも正確に位置情報を取得することが可能で、助手席前方や車両
           後方など、マルチカメラシステムにより、運転手から見ずらい場所も確認が出来、運転をサポート
           してくれます。
           http://panasonic.jp/car/navi/products/HX3000/index.html
       ・・・「ストラーダSシリーズCN-S300WD/CN-S300D」
           高級感のあるデザインで、ステアリングスイッチ標準対応により、音量調節などがハンドルで行え
           る。
           スマホとの連動で目的地を送信でき、より高音質、高画質です。
           http://panasonic.jp/car/navi/products/S300/index.html

たくさんあるカーナビの中でも、この2社が特に評判もよく、性能も優れていますので、紹介してみました。


最近人気があるものは、ワンセグでスマホや携帯に対応している、使いやすさ重視のものです。

また、モニターは大画面で解像度が高いものリアルタイムの渋滞情報などにより、
渋滞からの回避ルート検索が出来るなど、
渋滞状況への対応力が強いものも人気があるようです。


さまざまな便利な機能を搭載したナビがどんどん登場していて、
いろんなもので迷いがちで、機能・性能面も購入の際に選ぶ大きなポイントとなりますが、
そういったナビ自体の性能面だけではなく、タッチパネルでの操作のしやすさ
ルート案内のわかりやすさルート検索のしやすさなども大きなチェック項目として欲しいです。


★私のお勧めのカーナビ
        




固定型ではなく、ポータブル型にする選択肢も!

上記のような固定型にもそれぞれメリットはありますが、
簡単に取り付け・移動が出来るようなポータブル型というのも、結構お勧めできますよ。

メリット●走行中や停車中などではなく、食事などの休憩時にも持ち運べ、行き先設定などが出来る
    ●必要ないときは取り外せばいい
    ●車の所有数が1台以上の場合、使うときに使用する車に取り付ければ、ナビがいくつも必要ない
    ●価格が安い
    ●取り付けも簡単なので、詳しくない人でも取り付けが出来、工賃の節約にもなる

デメリット●一般的な固定型よりは性能が劣る
     ●GPSで位置情報の受信になるので、電波の受信しにくい場所だと、位置情報が進行より遅く、
      ルートを外れやすくなる
     ●収納できるわけではないので見栄えがよくない、場所によっては邪魔になる




純正・社外、またどのタイプを選ぶかによって、
今後のドライブ、カーライフを大きく左右することにもなりかねません。

充実したカーライフを送るためにも、希望に合うカーナビの値引き・取り付け方法・性能を見つけてくださいね。



前の記事へ<<「購入時につけておくべきオプション・装備の選び方 メーカーオプションとディーラーオプションの違い」
                  次の記事へ>>「新車購入時に進められるカーコーティングって必要?不必要?」




●関連記事
購入時につけておくべきオプション・装備の選び方 メーカーオプションとディーラーオプションの違い
上手に新車を値引きする方法・裏技!こうすれば初心者、女性でも確実に成功
ETC車載器のメリット!取り付け方法&セットアップって?ETCカード高速道路の割引はいくら?
走行中にもカーナビのテレビ・DVD視聴・操作が出来るようにする方法!純正ってなぜ出来ない?




当サイトの人気ページBEST3!


>>【特集】下取りを利用して新車購入の場合、ほぼ全ての人が最低10万円以上損しています。
ポイントは「知っている」か「知らない」か。それだけの問題です。


>>【特集】自動車保険料節約術!実際にやってみました!生レポート
だいぶ得したぜよ。
ウッフッフ。


>>実際に値引きに成功した人の生の声(アルファード編)
私の友人の体験談<トヨタ ハリアーからアルファードに乗り換え>




>>車中毒夫婦が伝授する新車購入術 TOPページヘ戻る