車に関するアンケート調査

どれくらいまで粘る?車購入時の値引き交渉で一番値引きしてもらった額を調査!

新車・中古車に限らず、車を買うのは大きな出費になります。そのため、購入時に少しでも安くしてもらおうと、値引き交渉してもらった経験がある方は多いのではないでしょうか。


もしくは反対に、切り出しづらくて交渉したことがないという方もいるかもしれませんね。


そこで今回は、男女計200人を対象に、「車購入時の値引き交渉で一番値引きしてもらった額」についてアンケートを実施。それではこれから男女別に詳しく比較してみましょう。


男性は「10〜30万円」で粘って交渉する人が多数



まずは男性のアンケート結果についてです。一番多かったものは「10〜30万円」で、その後は「5〜10万円」、そして「値引きしてもらったことがない・車を買ったことがない」の順に多く回答がありました。


「10〜30万円」と回答した方の中には、

「値引きしてくれなければ買わない、と言って粘ったところ、30万円の値引きをしてくれました。(50代/男性/正社員/独身)」
という方や、
「他のディーラーと比較して、を繰り返していました。最後は決定権のある人と話をしていました。(30代/男性/正社員/独身)」
などという方のように、あらかじめ自分から希望金額を伝えて、交渉を粘ることで値引きを勝ち取った人が多く見受けられました。


また中には、

「決算時期で車をどうしても売りたいという感じだったので、意外とすんなり交渉できました(30代/男性/正社員/独身)」
というように、営業の方が車を少しでも売りたい決算期に購入して、値引きを勝ち取った声もありました。


「5〜10万円」の値引き経験がある方の中で多かったのは、「試乗車だったこともあり、新品同様でしたが走行距離分を値下げしてもらいました。(20代/男性/無職/独身)」


「業者が事故車じゃないと言い張るので、運転席や後部座席などのシートを捲ったり、バンパーの色などやボンネット裏中身の凹みで素人目でも事故車だと分かる中古車を10万円安くしてもらいました。(40代/男性/派遣社員/独身)」
などと車の状態を見極めて値下げを打診した方もいました。


最少は「100万円以上」!交渉術とタイミングがポイント?


それでは男性の回答で少なかった回答とその理由を見てみましょう。一番少なかった回答は、「100万円以上」で回答全体の約1%でした。他は次いで「50〜100万円」、その次が「5万円以下」でした。


100万円以上という大金の値引きに成功した方の中は、

「同じ車種を取り扱う会社を同じ日に同じ場所に呼んで、お互いに値引き合戦をさせた。はじめは『ウチはオプションを付ける』とか言っていたが、片方が値引きをすると言った途端に、限界まで値引き合戦。楽しかった。(40代/男性/正社員/独身)」
という猛者も。


また

「タイミングがよかったせいで、かなりの額を値引きしてもらえました。運もありますよ(40代/男性/個人事業主/既婚)」
と回答している方もいるように、決算期などといったタイミングとの巡り合わせも重要のようです。


「50〜100万円」と答えた人の中には

「新車で買うときに結局カスタムやらカーナビやらいろいろ詰め込んだら本体価格がかなり安くなっていました。(20代/男性/個人事業主/独身)」


「値引き交渉というのは、最終的にオプション品との組み合わせになってしまう。(50代/男性/公務員/独身)」
などとさまざまなオプションを付けながら交渉した人も見られました。


女性も「10〜30万円」が最多!知人の伝で値引きしてもらう人が多い傾向に



次は女性へのアンケート結果についてです。まず女性で多かった回答は、最多が男性と同じく「10〜30万円」でしたが、回答数は男性を上回りました。ついで多かった回答項目は、「値引きしてもらったことがない・車を買ったことがない 」、そして「30〜50万円」と続きました。


まず「10〜30万円」と答えた人は、

「身内に車関係の仕事をしている人がいるので、その人の名前を出して値引きしてもらうことが出来ました。(20代/女性/専業主婦/既婚)」


「知り合いの人を通したので、その人が交渉してくれわりと値引きしてくれました。(40代/女性/個人事業主/独身)」
というように、家族や知り合いを通して値引きしてもらうパターンが男性よりも多く見られたのが特徴的でした。


「値引きしてもらったことがない・車を買ったことがない 」という回答では、

「自分の車を買ったことがないので、値引きをしてもらえることすら知らなかった。(20代/女性/正社員/独身)」
というようにそもそも車を購入したことがない女性が数多く、買った経験のある方でも
「値段交渉が下手だし、車に関して詳しくないから、何をどう値引きできるのか分からなかったから。(30代/女性/専業主婦/既婚)」
といった理由などで交渉をしたことがない人も多かったです。


女性の少なかった回答も「100万円以上」


最後に女性へのアンケート結果で少なかった回答を見てみましょう。一番少なかった回答は、男性と同じ「100万円以上」で、

「購入する車を当初の予定よりグレードアップした分、下取り価格のアップと付属品、点検費、エコカー減税分を計算してこの割引価格になりました。(60代/女性/派遣社員/既婚)」
という方もいました。


次に少なかったのは、「5〜10万円」で、男性の回答数の半分以下でした。

「近くの知人の家族で自動車会社を経営している人なので、これからのつきあいのため、よく無料で、色々な電池替え等をしてもらっている。(40代/女性/個人事業主/独身)」


「友人のお店だったので、お願いしたら、10万円近く値引きして貰えた事はあります。(40代/女性/専業主婦/既婚)」
というように、こちらも知り合いの伝で値引きしてもらった人が多くいました。


結果はほぼ同じでも、男女によって交渉の仕方に違いが


男女別に、車購入時の値引き最高額を聞いた今回のアンケート結果を見てみると、最も回答が多かった項目と少なかった項目は男女ともに同じでしたが、詳しく見てみると、男性は粘って交渉し、女性は家族・知人などに値引きを依頼する人が多いなど、性別によって興味深い結果が見られました。


とはいえ、タイミングや販売店によって対応は大きく異なるので、無理のない程度に交渉してみましょう。


関連記事

新車の購入に悩む人必見!どのメーカーに人気があるの?
新車を買いたい!どんな点を重視して車選びすればよいの?
車選びに悩む人必見!軽自動車を購入する一番のメリットとは?
車には思い掛けないトラブルも!一番ショックだったこととは?
車の買い替え検討中の人必見!新車と中古車どっちを選ぶ?




当サイトの人気ページBEST3!


>>【特集】下取りを利用して新車購入の場合、ほぼ全ての人が最低10万円以上損しています。
ポイントは「知っている」か「知らない」か。それだけの問題です。


>>【特集】自動車保険料節約術!実際にやってみました!生レポート
だいぶ得したぜよ。ウッフッフ。


>>実際に値引きに成功した人の生の声(アルファード編)
私の友人の体験談<トヨタ ハリアーからアルファードに乗り換え>



>>車中毒夫婦が伝授する新車購入術 TOPページヘ戻る