★車中毒夫婦のカーライフ日記★

NAをターボと偽って購入させた愛知県某車屋、そしてその購入者は嫁です

私が旦那さんと出会う前、まだ免許をとってちょっとたったくらいのことなので、
かれこれ19歳くらいのときのおはなし。

私は「このページ」でも書いたとおり、結構頻繁に事故するような子でした。


免許とった頃、軽だと事故したとき危ないからおっきい車にした方がいいよって私の親が言うので、
ステージアのようなステーションワゴンに乗りました。
(その理論が正しいかどうかは置いといて・・・)

初めて乗った車が大きかったからではないですが、
その車でも事故が相次ぎ、最後には廃車になりました。
(大きな声で宣言したいですが私が悪い事故ではないです)

次の車を買おうと思って、
その頃ネットなんかも全然普及していない時代だったので、
なんとなくGO○やらカー○ンサーやらを見ていました。

そのとき、次に乗る車はセルシオかGTRかなんかがよくて、
というかとりあえずセダンでちょっとかっこいいのだったら特にこだわりがなかったです。

車は高校生のときから好きだけど、めちゃめちゃこだわりがあるわけでもなく・・・


セルシオを買うはずが、寄り道した車屋さんでローレルに出会う。

で、気になった車が名古屋にあったので、ぶらっと見に行くことに。
黒の北米仕様のセルシオ

そのセルシオを見に行く通り道に、
ちょうどC35ローレルやらチェイサーやらセダン系を多く売っているお店も載っていて、
セルシオ見に行く通り道だから、ついでに見てくかってことで寄り道。

そんなに大きいお店ではなくて、名前も初めて聞いた車屋さん。
その頃今のように付き合いのある車屋さんがなかったので、
自力で車を探すしかなかった私。

とりあえずGO○とかに乗ってるくらいだし、
変な店なんてないだろうなって素人感覚でした。


お店につくと、中年の男の人がいたのでこのローレルみたいんですけどって写真見せると、
こちらにありますよーって感じの良さそうな人。


初めて35の実物を見た私。

めっちゃかっこいいじゃんかあヽ(*´∀`)ノ
これぞ一目惚れっていうやつですね。
惚れました。

別にどこかがめっちゃすごいチューニングしてあるわけでもなく、
ただ深リムのディッシュを履いて、ハーフエアロがついたクラブS後期。

車よく知ってる人から見ても、
ホントにただ、ただ普通のクラブSだったと思います。(ノ∀`)

なんかわかりませんが、純粋に惚れたんですよね。
それまでローレルなんて予定には全く入ってなくて、
実物も初めてちゃんと見たような車でした。


これ欲しい!(゚∀゚ )
もうなんか直感でした。
でも私はなんかそうゆう説明できない直感って嫌いじゃないタイプなので、
もうその後セルシオを見に行くのもやめました。

ローレルなんて買うつもりで行ってないので、
なんの事前調査もしてなく、まずクラブSとはなんぞやってお話から説明を受ける私。

当然、たいして車に詳しいわけでもなかったので、
車屋さんの話をただ一生懸命聞いてました。

いろんな話を聞く中で「この車ってハイオクですか?レギュラーですか?」って聞くと、
「ターボだからハイオク入れてくださいね!」って。
今とは違って純粋だった私は、疑うこともなかったです。


そのローレルを購入、納車後1週間でトラブル発生。

それでその日から1ヶ月くらいの間、合計3回ほど?
そのローレルに会いに車屋さんに通いました。

行く度に車のお話を聞いたり、世間話をしたり。

セルシオより高いわけではなかったし、その頃値引きとかあまり好きではなかったし、
いい物はそれなりにいい値段するでしょって思っていたので、
大した値引き交渉もしないで、初めて見に行ってから4回目くらいで契約してきました。


契約して納車までが1週間。
いよいよ納車となりました。

車を引き取りに車屋まで行って、帰宅。
そして次の日の夜、友達と遊ぶ予定があってお出かけしました。

で、ガソリンいれようかなーって寄ったガソスタ。
ガソリン入れて、エンジンかけようと思ったらエンジンがかからない。

え?(゚∀゚ )


親の知り合いのガソスタだったこともあり、ガソスタのにーちゃん呼ぶ。
が、原因わからず。

とりあえず車屋さんに連絡。
するとすぐ積車でとりにきてくれました。

なんでだろうなーって言いながら、代車をかしてくれました。
なんでだろうなーじゃないでしょ(;゚Д゚)!って思いながら、
まあ中古車だしそんなこともあるのかなって思うことにして、
とりあえ修理を待つことに。


修理したと帰ってきたけど、車に無知な私は信じるしかなく・・・

すると、1週間ほどでローレルが修理されて帰ってきました。

「どこがわるかったんですか?」って聞いたら、確かそのときは
プラグが1発死んでたからねー、交換しときました!」って言われた・・・

プ・・・プラグ・・・

何言ってんだこの人。( ´∀`)
いろんな意味で大丈夫かここの車屋とこの車。笑

私も今ならわかるんですが、その頃よくわかんない部品の名前とか名称とか言われても、
女の人ならなおさらわかる人いないです。

その時は、ちょっと専門的そうな名前言われて、
そうなんだーって信じるしかありませんでした。
まあ直ったんならいいやって思って、気持ち改めて乗り始めました。


それから1週間、夜お出かけをしててその帰り。
結構どしゃぶりの雨で、ワイパーぶんぶん動かさないと前が見えないくらいの中
家に帰る途中でした。

前見えにくいなーって思ってて、橋を渡ったときでした。

橋のふもとあたりに差し掛かったとき、急にヘッドライトが消える


あれ?なんで?
そう思った次の瞬間、ぶんぶんしてたワイパーが停止

そしてメーターのとこにある表示灯やら警告灯やらマークが全部つく。笑(;゚Д゚)!
始めて見ましたここのランプが全部つくとこ。笑


いやいやいやいやそれより完全に前見えないし!
って焦ったとき、ちょうどすぐ左にコンビニがあったので、
慌てて入りました。

というかエンジンも切れてたんじゃないかな、そういえば。


結構遅い時間だったので車屋に電話するのは控えて、
焦りに焦ってJAF呼ぶ。

こうゆうときって、一人だったら男の人でも焦りますよね。
女の人なら余計パニックです。この状況。

JAFのおにーさんが来てきれたときは、天使に見えました。(男ですが)

結局、JAFのおにーさんが軽く見てくれたんですが、何もわからず。
あーでもないこーでもないってしてるうちに、
とりあえず家まで運んでもらうことに。


それからも修理の繰り返し、結局初めての納車から半年間車が手元にない始末。

次の日に車屋がまた取りに来て、また修理に。
そしてまた1週間後に修理から帰ってきたときに車屋が言ったのは、
ダイナモがもうだめでねー、交換しておいたので申し訳ないねー」だって。


ダイナモ・・・
何がダイナモだよ!

もう何でもいいです。(´;ω;`)

超高級車買うわけでもないし、すごいチューニングしてある車買うわけじゃなくて
ただ通勤とかする車なんだし大丈夫でしょ!って思ってた私が甘かったですね。


結局、壊れて修理、壊れて修理を繰り返して(いや、今思えばちゃんと修理されていたのかも謎です)、
納車から半年間くらいはほとんど手元に車がない状態でした。

ローンだけ払ってて保険料も払ってるのに車には乗れない・・・

もうやっと症状が落ち着いて、それからはもうその車屋さんとは関わらないことに。


その頃今付き合いのある車屋さんと出会って、これまでの悲惨な話をして車を見せたら、
ねえねえ、これターボじゃないんだけど?」と言われ驚きの事実が発覚。


唖然でした。

というか何も知らない無知なのって、本当に怖いなと実感しました。
ハイオク入れろって言われてたから、当然このときまで私は、
このNAに贅沢にハイオクを入れ続けてましたしね!(゜∀。)
なんて勿体無い・・・


無知なことは怖いこと。信頼出来る車屋さん、ディーラーに出会って欲しい。

知らないから、世の中損するんです。
もちろん、知らなければよかった事実もありますが・・・

ま、今言えるのはターボかターボじゃないかくらい
エンジン開けてちょっと見ればわかることなんですけどね。笑


女の人って、車に対しては本当に無知な人がたくさんいます。
男の人でも、最近は自分でタイヤ交換すら出来ない人がたくさんいます。

でも知識がないことって、後で後悔するのはやっぱり自分なんです。
その証拠が私です。(-_-;)


全ての中古車が危ないとか、愛知県の全ての車屋さんが
こうゆう人だってことでは決してありません。

ですが、知らないってのは結局自分が損します。
大事なのはよく調べること、詳しい人にちゃんと聞くこと、
そして信頼出来る車屋さん・ディーラーにめぐり合うことだと思います。


私のように悲しい思いをする人が、少しでも減ってくれたらいいなと思います。(´;ω;`)


<<前の記事「C35ローレルの故障トラブル、そしてその修理を全公開」へ
                         >>次の記事「ORIGINのフロントエアロのトラウマ」へ




当サイトの人気ページBEST3!


>>【特集】下取りを利用して新車購入の場合、ほぼ全ての人が最低10万円以上損しています。
ポイントは「知っている」か「知らない」か。それだけの問題です。


>>【特集】自動車保険料節約術!実際にやってみました!生レポート
だいぶ得したぜよ。
ウッフッフ。


>>実際に値引きに成功した人の生の声(アルファード編)
私の友人の体験談<トヨタ ハリアーからアルファードに乗り換え>




>>車中毒夫婦が伝授する新車購入術 TOPページヘ戻る