私がやったドレスアップ・カスタム・チューニング★DIY講座レポート★

★デットニング講座★その1  「天井編」


ここでは、私が実際にやった車のカスタムなどを載せていきます(^^)


ところで、みなさんデットニングって何か知ってますか?


●デットニングっていうのは
簡単に言うと車の内装なんかを全部ひっぺがして専用のシートなどを貼っていくことによって、
いろんな効果が期待できるものです!
ちょっと簡単に言い過ぎましたが、だいたいです。


今回私はデットニング効果だけではなく、断熱効果も欲しかったので、それもプラスしてやってます。

建築関係の仕事で、現場で車の中で寝ることとかも多いので、断熱効果のある作業もやってます!

ワゴン車乗ってる人だと、ベッドキットとかつけて後ろで寝れるようにしたりしてる人も多いし、
冬場のエンジン切ったあとの車内の寒さといったらハンパないですよね(^^;)

ちなみに、仕事の関係やアウトドアなんかで車の中で寝ることがある人にお勧め↓
「車中泊の必需品!車中泊専用マット」覗いてみてください。


ということで、そんな人にも今回の作業はお勧めです。
車で寝ることがない人でも、エンジンつけてないときの寒さとかはわかるはず!


ってことで、今回の作業でどんな効果があるかというと・・・

●つけてるスピーカーが持ってる本来の音響を最大限に引き出す
●ワゴン車など乗ってる人は特に感じると思いますが、雨の日とかって天井に当たる雨の音がすんごくうるさい・・・
 それが、すごい体感できるくらい静かになる
●天井って結構ペラペラ。そこから聞こえるギシギシ音もなくなる
●東レペフによって断熱効果、防音効果がある
●夏場ドア開けたときの熱気のむんむん感が和らぐ


って感じですね。


ホントにそんな効果あるのか?と思った方、あります!

私は前乗っていたトヨタの110系MARK2でも立証済みで、今回2回目なんで、効果はホントにありますよ(^^)


で、今回デットニングする車はこちら

DSC_0142a.jpgDSC_0141.jpg

ニッサン E25キャラバンです。

これは毎日仕事で使う用なので、あんまり外装などドレスアップしてあったりはしませんが。



では早速スタートです!

準備するもの&必要な道具は?
●パーツクリーナー
●内装ばらす程度の工具   私のお勧め工具メーカーは「スナップ・オン」です。
 使っていけばスナップ・オンの良さがわかるはずです。
●スケール
●はさみ
●カッター
●ティッシュ!(個人的にはキッチンペーパーがお勧めです!
 キッチンペーパーなら、パーツクリーナーつけても破れにくいし、大量に使っても値段も安いから)
●レジェトレックシート(ステンレスがおすすめ)
 私はヤフオクで安く購入しました!1m×8m買って、天井だけで3分の2使いました。
●東レペフ(1m×3mを2本購入しました。これで私はいいくらいの量でした)
●目地押さえる用のアルミテープかヨウジョウテープ


※レジェトレックシートなどは、ちゃんと必要な量を計ってから購入してください!
足りるかな・・・?程度で買うと、あとで足りなくなった時にまた購入して次回作業になってホントめんどくさいので、
使うと思う量+αくらいがいいです!

あと、オート○ックスなどでデットニング用って感じで売ってるのを買うのはやめた方がいいです。
すんごい少量ですんごい高いんで。

あると便利系:
●内張りはがし・・・内装のピンを折ったりしないので安心
●ローラー・・・デットニング用じゃなくてもOKです。
 でも結構力入れて使うのでローラー部分はプラスチックでもいいけど、アーム部分はプラスチックはやめた方がいいです)



作業開始!

120609_160630a.jpg
(1)まずは内装をばらします!

写真はまだ無加工状態。

内装をばらすときは、くれぐれも壊さないようにやってください。
あとでつきません。

無理やりやると元に戻りません。(-_-;)

天井のバーを外す時は、2人で作業するなら両側を持って1本ずつ2人でやって
いきます。
1人だと、片方外して離すと反対側が曲がってしまうので注意です。

落ち止めがだいたいついているので、そっちから外していきます。120609_095101a.jpg
ない場合は頑張って押さえてやるしかないです・・・




    E25キャラバンは、天井の内張りは3分割になってるので簡単でした!


                         →これがバー取った状態です。


(2)ニードルフェルトなど邪魔なものは剥がします!

左側のが、ニードルフェルトの剥がしかけ状態。
120609_100258a.jpg





デットニング4a.jpg





こんな感じのが左右に貼ってあるので、どんどん剥がします。

このニードルフェルトはあとあとドアのデットニングなんかで使えるので、
型くずれとかちぎったりしないようにはがして、とっておきました。

ニードルフェルトをはがしたあとの粘着剤の残骸は、
パーツクリーナーで出来るだけ綺麗に取った方がいいです。

私は面倒だったのである程度で終わりました。(-_-;)

デットニング13a.jpgニードルフェルトこんなの。









ニードルフェルトの使い道は、主にドアのデットニングで使えますが、
内張りがカタカタなるところに入れてもOK

このニードルフェルトはついてない車もあるので、邪魔じゃなければ剥がさなくてもいいです。

120609_110400a.jpg

←そいでこれ。

真ん中の白いテープっぽい物体、これ純正の防振シートです。

これ見たらわかりますが、こんな程度の意味のないものついてるだけなんですよ!

意味ないのではがすこともしませんでした。





(3)しっかり脱脂します!DSC_0113 (1)a.jpg

ここポイント!
シートを貼る前にパーツクリーナーとかで
しっかりと脱脂作業
する!

これでもかってくらい丁寧に。
じゃないとあとから剥がれてきます・・・

剥がれたとき直すの面倒だし、
浮いてきたり密着できてない隙間に結露して錆びてきてイイコトないです。

ブチルテープなどは、水に強くてパーツクリーナーで溶ける便利な素材('∀`)

ハサミとか手についてもパーツクリーナーで綺麗に落ちます。

DSC_0116a.jpg

(4)レジェトレックシート貼っていきます。


これは大きいまま貼らなくても、
貼りやすい大きさにカットして貼ればOKです。


デットニング14a.jpg






よく勘違いしてる人多いですが、
レジェトレックシートは「防振シート」で「防音」ではありません


これについてはドアのデットニングUPした時に詳しくお話します(^^)

DSC_0139a.jpg

レジェトレックシートは、
防振したい部分の30%から40%程度貼れば、
効果が出る
みたいです。

今回シート自体安く購入できたので、惜しみなく全面貼りしました。

私は天井の内張りを押さえるバーの部分も気にしないで貼っていき
ましたが、こうすると後からバーを付けるのが大変なので、
それが嫌な人はバーの部分を印つけたりして、かわして貼っていったほうがいいですよ。

あと、レジェトレックシートの上に後から東レペフも付けるので、
あんまり貼りすぎるとあとで内張りがつかないかもしれないので
ほどほどに。

DSC_0143a.jpg
          貼るときには、しっかりローラーで押さえつけながら
          やっていきます!
          天井の形状、凹凸に合わせて貼りましょう!

デットニング19a.jpg

貼りやすい大きさでカットして貼っていくと
いいましたが、シートとシートを重ねるなら
中途半端にちょっと重ねるんじゃなくて、
シート同士をだいたい2から3cmほど重ねるように

した方がいいです!




あとでテープを貼る作業のときにも貼りやすいんで。デットニング25a.jpg






(5)貼れました!(^^)

さすがA型。デットニング21a.jpg













(6)シートの継ぎ目にヨウジョウテープを貼る!デットニング20a.jpg

レジェトレックシートの継ぎ目の隙間などヨウジョウテープなどで抑えて、
ブチルが内張りにつかないように保護するのと、剥がれ止めになります。




(7)東レペフの断熱材を貼っていきます!

重ねすぎてもバーがあとあとつかなくなると怖いので、大きめで貼っていきます。120609_143112a.jpg




というか東レペフって知ってますか?
建築関係の仕事の人ならわかるかも・・・

クーラーボックスなんかに使われるものです。

東レペフのじゃなくても、住宅用断熱材のエースマットとかでもOK。

でも分厚いんで多分貼りにくいと思います。

なんで東レペフなら、粘着剤付きでしかも安いし薄いんでお勧めですね。


東レペフの効果は、防音効果、断熱効果なので、夏場は涼しいんです('∀`)

120609_144919.jpg






運転席上も貼りました。→



120609_144940a.jpg



120609_145623a.jpg





結構綺麗にできた!(ノ∀`)

2回目なだけあるでしょ?(^Д^)







(8)あとは内張りをもとに戻して完了!

バンとか天井の大きい車は重さで天井が落ちてくるので、
バーつけるときは持ち上げてしっかり固定
してください。


デットニングのみの効果なら、東レペフは必要ありません(^▽^)

断熱効果なども欲しかったので、私は貼りました。

また、レジェトレックシートの上にエプトシーラーとかレアルシルトなんか貼ると、
完璧なデットニング
になりますが、コストが結構かかるので、これくらいの作業でも十分です。


デットニングの方法はいろんなこと書いてるサイトありますが、
どれか一つだけ正解ってわけではないので、自分のやりやすい方法を見つけていけばいいと思います(ノ∀`)


次はドアのデットニングをUPします!(^^)




当サイトの人気ページBEST3!


>>【特集】下取りを利用して新車購入の場合、ほぼ全ての人が最低10万円以上損しています。
ポイントは「知っている」か「知らない」か。それだけの問題です。


>>【特集】自動車保険料節約術!実際にやってみました!生レポート
だいぶ得したぜよ。ウッフッフ。


>>実際に値引きに成功した人の生の声(アルファード編)
私の友人の体験談<トヨタ ハリアーからアルファードに乗り換え>



>>車中毒夫婦が伝授する新車購入術 TOPページヘ戻る