初心者でもわかる!新車購入ガイド

車体の色で迷っているならココをチェック!各カラーごとの特徴・デメリット。査定にも影響する?


新車選びでどの車を買おうか悩むところですが、車の色についても結構悩んでしまいますよね。

ただ単に好きな色が決まっていて、意思は絶対に揺るがない!って方も、
ここでは「カラーごとでメリット・デメリット点などさまざまな特徴がある」ことや、
「選んだ色によって、車の買取金額にも影響する」ことなども自動車10.jpg
お話していきますので、参考にしてくださいね。



車のボディーカラーは、単純に「黒」「白」といっても、
自動車メーカーや車種によって、同じような黒なのに
微妙に違ったり、呼び方が違ったりします。

どう見ても「黒」でいいのに、
やたらとカッコイイ呼び方で「ブラックマイカメタリック」
とか書いてあったり・・・


各ボディーカラーごとの特徴は?
●ブラック系・・・高級感があるが、雨上がりの水滴や洗車の水跡やワックスの吹き残し、泥はねなどの汚れ、
         砂ぼこりや傷が目立ちやすい。
         こまめに洗車をしないと、同じ期間・同じ条件で乗った他カラーの車と比べても汚れ感がある。
         濃いカラーは太陽の熱を吸収しやすいので、野外駐車場など特に年月が経つにつれて塗装の色あせが
         あるとも言われます。
         また、夏に黒系の車のボディーを触ったことのある方は経験あるでしょうが、
         太陽光を最も吸収するので、炎天下でボディーを触ると焼けどするかと思うくらい車体表面が熱い・・・
         当然車内も他カラーより暑いと言われます。
         中古で売るとき、下取り査定額が他の色より10万円ほど高く査定金額がつく。
         こまめに洗車や手入れをしていれば、やはり1番輝いて綺麗に見えるカラー。


●ホワイト系、ホワイトパール系・・・1番の無難カラーで清潔感もあり、時代の流行すたりに影響されない。
                  水垢、雨泥が黒と同様で目立ちやすい。
                  白は膨張色なので、車が他カラーより大きく見える。
                  黒系と同様、下取りに出すときに他カラーよりも10万円以上高く査定してもら
                  える。   
                  特にパールホワイトは、年月が経つと手入れやメンテナンスが甘い場合、黄ばんで
                  見えることもある。
                  世界的な調査では、ホワイトとシルバーが1番人気とされている。


●シルバー系・・・1番汚れや傷が目立ちにくい色。忙しかったり、あまり洗車やメンテナンスをしない方には向いている。
         飽きが来ないが割りと年配層に多い。
         世界では、シルバーと白のカラーが一番人気。


●赤、青、黄色などの原色系・・・個性があり、好き嫌いが非常に分かれるカラーなので、万人受けではないため中古で
                買い取りのときの査定に影響が出る。
                色あせが他と比べて目立つ。



このように、ボディーカラーにはそれぞれの特徴があり、メリット、デメリットがあります


ボディーカラーは、下取り査定額にも影響する!

もし、何年後かに中古車の下取り査定などに出す場合、車のボディーカラーで10万円以上も査定額に差が出るのです。

1番有利なカラーとしては、やはり人気色でもあり、時代の流行すたりに左右されない
「黒」、「白」、「パールホワイト」などですね。

自動車8.jpg
個性的な赤や青に比べても、
人それぞれの好みの差が出にくい、
好き嫌いが1番影響のない色
でもありますから、
万人受けされ、査定にもプラスで差が出るということです。

スポーツカーなど車種によっては、
黄色や他カラーが人気色や希少色となって、
査定時に黒や白よりも人気が出ていることも
あります。


ただ、人気のあるボディーカラーが他のカラーよりも
プラスで査定金額がつくというだけで、
それ以外のカラーが、売るときに査定で不人気な色とだけで
減額されたり、マイナスされることはあまりないようなので、心配ないです。
(売るときの時代の傾向と、車種によっては査定時にマイナス評価になることもあります。)


黒や白が人気色だからといっても、傷などが目立つカラーでもあるわけですから、人気色でも傷が目立ったり
それなりのメンテナンスをしていなければ、当然良い査定金額は期待できません



ましてやこれはただの傾向や色の特性ですから、1番は自分が本当に乗りたいと思った色を
選択
されるのが、良い判断だと思います。

結局その車と長い付き合いをしていくのは自分ですから、
本当に大切に出来る車を選択してください。

「本当は赤が欲しかったのに、あんまり良い点ないみたいだから白にしようかな・・・」なんて、
妥協は必要ありません

飽きてすぐいらなくなってしまっても、元も子もないですから。


ただ、好きな色だから!と何も知らずに購入して、何年か経ってからデメリット部分が浮き彫りとなって、
後悔しまってもいけないですから、そのカラーの特徴を知ってから自分にどのカラーが向いているか、
参考にしてもらえればと思います。


せっかくの新車です

綺麗な新車の輝きを保ちたい人は、これお勧めです。↓
楽天ランキング上位!愛車磨きなら☆ピカピカレイン

輝きが違います。やってみては?(^Д^)



また、新車購入時などで下取り査定をディーラーにすると、たいてい多くの人が損しています。

詳しくはこの記事へ→【特集】下取りを利用して新車購入の場合、ほぼ全ての人が最低10万円以上損しています。




前の記事へ<<「自動車のカタログの「燃費表示のデータ」は本当に正しいのか?」
                        次の記事へ>>「新車と新古車、未登録車の違いとは?」




●関連記事
間違った洗車してない?車の正しい洗車方法アドバイス
車体ごとのグレードって何?
購入時につけておくべきオプション・装備の選び方 メーカーオプションとディーラーオプションの違い
車のモデルチェンジって何?実は値引きに大きく関係する?!
新車購入と中古車購入のメリット・デメリットって何?どちらが賢いのか




当サイトの人気ページBEST3!


>>【特集】下取りを利用して新車購入の場合、ほぼ全ての人が最低10万円以上損しています。
ポイントは「知っている」か「知らない」か。それだけの問題です。


>>【特集】自動車保険料節約術!実際にやってみました!生レポート
だいぶ得したぜよ。
ウッフッフ。


>>実際に値引きに成功した人の生の声(アルファード編)
私の友人の体験談<トヨタ ハリアーからアルファードに乗り換え>




>>車中毒夫婦が伝授する新車購入術 TOPページヘ戻る