初心者でもわかる!新車購入ガイド

自動車のカタログの「燃費表示のデータ」は本当に正しいのか?


車のカタログで、カタログに載っている燃費より、実際の燃費のほうが悪い!と思うことありませんか?

なぜ、カタログに記載されている燃費と、実際の燃費に差が出るのでしょうか。


それは、測定方法に違いがあるからです。



燃費というものは、燃料1リットルでどれだけ走れるかということを意味しています。

この燃費というのは、運転の仕方、タイヤの空気圧、載せている荷物の重さ、道路の状態によっても変わるものなのです。

ですから、例えば青信号になった途端に一気にアクセル全快、走行中に極度な加速ばかりする・・・など、
あなたの運転方法によっても、すぐ燃費に影響が出てしまうのです。
(必ずしも、運転方法が燃費に影響するというわけではないですが)




カタログ表記と実際燃費に誤差が出すぎる原因と言われる、従来の測定方法

燃費の測定方法には、まず「●10・15モード燃費」というものがあります。

これは、まず道路の状態による測定で、市街地で10項目の走行パターンを想定したものが10モード燃費
郊外で15項目の走行パターンを想定して測定したものが、15モード燃費です。
これら2つの測定方法をあわせたものが、10・15モード燃費と呼ばれます。

この10・15燃費モードの詳しい項目ごとの測定方法としては、
細かいのであまり気にすることないですが、こんな感じです↓


条件:3000キロの慣らし走行後の車で、完全暖気状態60km/h ・15分暖気後。
空車状態に2名乗車を想定した110キロのおもりを乗せて、
エアコンなどを含む搭載電気機器は使用していない状態で測定。


初めに
●10モード(想定:市街地)
1.アイドリング状態 (20秒)
2.20キロまで加速する(7秒)市街地.jpg
3.20キロをキープして走行(15秒)
4.20キロから減速して停止(7秒)
5.アイドリング状態(16秒)
6. 40キロまで加速する (14秒)
7.40キロをキープして走行(15秒)
8. 40キロから20キロまで減速(10秒)
9.20キロから40キロまで加速(12秒)
10.40キロから減速して停止 (17秒)


次に
●15モード(想定:郊外)
1.アイドリング状態 (65秒)
2.50キロまで加速する (18秒)
3.50キロをキープして走行 (12秒)山道.jpg
4.40キロに減速して走行 (4秒)
5.アクセルをオフにした状態 (4秒)
6.40キロから60キロまで加速 (16秒)
7.60キロをキープして走行 (10秒)
8.60キロから70キロまで加速 (11秒)
9.70キロをキープして走行 (10秒)
10. 70キロから50キロまで減速 (10秒)
11.50キロをキープして走行 (4秒)
12.50キロから70キロまで加速 (22秒)
13.70キロをキープして走行 (5秒)
14.70キロから減速して停止 (30秒)
15.アイドリング状態 (10秒)

※10モードを3回、15モードを1回測定します。
(※wikiより)


この10・15モード燃費は、上記でわかるように、加速までの時間をやたら多く使っていたり
アイドリング状態の数値も測定に入るため、実際の燃費と大きく異なる数値になることが多いです。

また、この測定方法は、実際に道路を走るわけではなく、試験場の機械の上で測定されます。



実際の燃費に近づくよう、新しく導入された測定方式
そこで、実際の燃費数値に近づくよう新しく出来たのが、「●JC08モード」というもので、

これは、最高時速も80キロと10・15モード燃費よりも高く設定され、
実際の走行パターンにとても近づいた測定方法となっています。

2011年4月以降に発売される車には、このJC08モードでの測定燃費情報が義務付けられています


同じ車種だとしても装備や仕様により、重量が変わり多少燃費表記に違いがある場合があります。




実際に、自分の車の燃費を知るには?

これは、特別な道具などは必要なく簡単に調べることが出来ますので、一度やってみてください。
ここでは「満タン給油測定方法」という測定方法について手順をお話します。


●まず、車のガソリンを満タン状態にする。

●ガソリンを満タンにしたその場で、スピードメーター付近の走行距離の測定メーター(リセット機能がる方)を押して、
「0000」となるようリセットをします。

●そしたら、普段通りの走行を心がけて、ガソリンがなくなるまでいつものように運転してください。
(間違っても、途中でまたガソリンを給油することがないように!)

●ガソリンがもうなくなる(空になる)手前まできたら、ガソリンをまた満タンまで給油しましょう。
そして、満タンで何リッター入ったのかをメモしましょう。(メモではなくてレシートを持って帰ってもOK)
ここで忘れてはいけないのが、1番初めに「0000」にリセットした走行距離のメーターの数字をメモしてください。

●家についたら、満タン時にしたとき入った給油量と走行距離を元に、計算開始です。

走行距離÷満タン給油量=燃費

これで、自分の走行パターンに対する実際の車の燃費を知ることが出来ます。


給油量と走行距離は測ったけど、「計算なんてめんどくさい!」って方は、
こちらの「JAF」の公式サイトで入力するだけで計算できます。
http://www.jafmate.co.jp/jaf_eco/form1.html



前の記事へ<<「欲しい車のカタログを手に入れるには?請求方法」
  次の記事へ>>「車体の色で迷っているならココをチェック!各カラーごとの特徴・デメリット。査定にも影響する?」




●関連記事
自動車税っていくらかかる?重量税・取得税・軽自動車税の計算方法
カーナビ、新車購入時につけたら得?純正?それとも社外?お勧めメーカー
車体の色で迷っているならココをチェック!各カラーごとの特徴・デメリット
新車購入と中古車購入のメリット・デメリットって何?どちらが賢いのか
購入時につけておくべきオプション・装備の選び方 メーカーオプションとディーラーオプションの違い




当サイトの人気ページBEST3!


>>【特集】下取りを利用して新車購入の場合、ほぼ全ての人が最低10万円以上損しています。
ポイントは「知っている」か「知らない」か。それだけの問題です。


>>【特集】自動車保険料節約術!実際にやってみました!生レポート
だいぶ得したぜよ。
ウッフッフ。


>>実際に値引きに成功した人の生の声(アルファード編)
私の友人の体験談<トヨタ ハリアーからアルファードに乗り換え>




>>車中毒夫婦が伝授する新車購入術 TOPページヘ戻る