初心者でもわかる!新車購入ガイド

新車の購入から納車までの流れ・手順 必要な書類って?


★もくじ★
営業マンのペースに流されない、全体の流れを掴む。

契約時に必要な書類の解説!入手のしかたと、注意事項!

駐車場は、契約前に確保しておくのが理想的。決まっていないと車庫証明も申請できない!


今まで新車を購入したことがない人も、過去に新車を購入したことがあるけど、
あまり納得いった買い物じゃなかったって方も、
後悔しない新車生活を送るために、しっかりと手順を頭に入れて新車の購入に入りましょう。


営業マンは、さまざまなタイプのお客さんと交渉・やり取りをしてきたわけですから、
新人ではない限り、当然どのような状況にも慣れています

営業マンのペースに流されず、自分の意思で選択が出来るようにしておくためにも、
購入から納車までの流れを把握しておく必要があるのです。


営業マンのペースに流されない、全体の流れを掴む。

まず、1.これまでの記事でもお話した感じでカタログも取り寄せ、ある程度買う車が絞れている
   
   2.欲しい車の基本の新車価格とだいたいの値引き価格グレードオプションなどを
     雑誌やネットで調べておく。
     (ネットではここで調べられます。GOOネット http://www.goo-net.com/newcar/
   
   3.下準備が出来たら、ディーラーや販売店に行き、欲しい車と競合車の見積書を出してもらう。
     これは1店舗だけではなく、時間が許す限りいくつかのお店を回って出してもらいましょう。
     そして購入の意思表示のためにも、試乗をしましょう!
     試乗のポイントは「試乗する際のチェックポイント」の記事を。


  注意:今乗っている車を下取りに出す場合、この段階で、
     無料一括査定の
ズバット車買取比較 を利用し、買取価格の相場の確認をしておくべき。
     次の値引き交渉に、買取価格の相場を知らないで進むと、
     ディーラー営業マンの言ってくる下取り価格が妥当なのか分からず、損をする可能性大。


   
   4.値引き交渉&商談!
     ここが1番不安な多いと思います。大丈夫です。
     値引き交渉については、この「こうすれば初心者でも女性でも確実に値引き成功」で詳しく
     解説していますので、ここではさらーっと流しておきます。そちらをご参考に!
   
   5.値引きにも納得し、自分の理想額となったら、次は契約です。
     ここでは、支払い方法なども決める必要がありますので、自分の収入に合った月々の返済額、購入金額、
     支払い方法を選択してくださいね。
     カーローンについては、「自動車ローンの診査基準って何で決まるの?」審査基準や、通りやすいカーローン
     などについてもお話していますので、一度確認しておいてください。


契約時に必要な書類の解説!入手のしかたと、注意事項!

     ここで、新車購入の契約に必要な書類としては、kounyuu.jpg
     ●実印(あらかじめ市役所に登録してある印鑑のことです)
     ●印鑑証明書(1枚から3枚)
     ●委任状(申請を販売店に委任するための用紙)
     ●車庫証明書
     ●軽自動車の購入だと住民票が必要で、印鑑証明書は必要ない


     必要な書類はある程度営業マンが揃えてくれるので、
     自分でわざわざ準備する必要はありません。
     用意されたものに必要事項を記入し、実印を押すだけで大丈夫です。

     ※印鑑証明とは?
      たいていの人がもう印鑑登録はされているでしょうが、
      自分の印鑑を実印として市役所に登録してしておくことが必要です。
      その実印として登録した印鑑は、このような車の購入以外でも使い道が出てきますので、
      実印登録をしていない方は16歳以上なら大丈夫ですので、これを機に登録しちゃいましょう。

      登録が可能な印鑑は、いわゆるスタンプ型式やシャチハタなどのたくさんの人が持っているような印鑑では
      無理です。
      文字の識別が鮮明にハッキリ出来て欠けがないか、ゴム印ではないか、印鑑に輪郭があるか、
      大きさが8ミリの正方形内に入るもの又は25ミリの正方形を超えるものではないかなどの基準を
      クリアしていれば、登録が可能です。
      印鑑登録をすると、印鑑登録証、印鑑登録カードなどがもらえます。これなくさないように! 


     ※印鑑証明書の取り方・・・
      印鑑登録がしてある方は、次は印鑑登録書を取りに行きましょう。
      印鑑登録と同じで、原則本人が取りに行くことになりますが、平日しかやってないので行けない方は代理人でも      可能です。
      印鑑登録で受け取った印鑑登録証などを持って市町村の窓口に行きます。
      (住民基本台帳カードでもOK。でも免許証などでは代用できません!)
      あとは申請書に必要事項を記入し、手数料(数百円程度)を払って終了です。 

      印鑑証明書の発行は、3ヶ月以内に発行してもらったものを用意します。
      (ですので3ヶ月が印鑑証明書の有効期限です)

      印鑑証明書は販売店に1枚、ローンを組むのであればローン会社に1枚、
      下取り車があるならさらに1枚必要ですので、何枚必要かは営業マンに聞いてみましょう。


     ※車庫証明とは?
      自動車保管場所証明書または自動車保管場所届出書といって、
      車を登録するときには必ずこの車庫証明をとることが義務となっています。

      車庫証明は、・自宅から車の保管場所までが直線で2キロ以内であること
            ・道路からの出入りが支障ないこと
            ・車体全体が収容できる
            ・車の保有者が保管場所の使用の権利を持っているか
      などの条件を満たす場所でないと、車庫証明は申請できません。


駐車場は、契約前に確保しておくのが理想的。決まっていないと車庫証明も申請できない!

      新車を検討し始めた段階で、駐車場の確保をあらかじめしておく必要があります。
      自宅に駐車できるスペースがある方や、アパートなどである程度ち駐車場が確保してあり、
      探す必要のない方は気にする必要はありませんが、初めて車を購入する方などで、
      自宅には車の保管場所がない方は、早めの駐車場の確保は結構見落としがちですが重要です。

      欲しい車が決まってあと一歩で契約!となってから、tyusyajyou.jpg
      「そういえばどこに車置く?」となってしまいます。

      車庫証明をとるには決まりもありますし、車は決まったのに
      駐車場がなくて契約が滞って・・・なんてさみしいですよね。
      車は、自由に自宅付近に止めておけば良いものではないので、
      この辺は早めの行動を心がけましょう。

      駐車場を探す場合は、近所を歩いているときなどによく
      「月極駐車場○○不動産 TEL○○○ 空きあり」
      なんて看板見たことありませんか?

      このような看板を見かけたら、まずはそこに電話をしてみて
      駐車場の空き状況などを確認して、
      「車を購入するので、○日くらいからこちらの駐車場を借りたいので、まずは予約したいのでお願いします」
      なんて言っておきましょう。
      場合によっては、場所が見つかっても数日から数週間ほど待たされることもありますので。

      自宅付近に見つからない、もしくは探しに行けないって方など、手っ取り早く駐車場を見つけたい方は、
      近所の不動産会社に行ってみましょう。
      不動産会社によっては、住宅やマンションなどの取り扱いだけではなく、
      駐車場の空き状況なども把握しているので自宅付近の状況がすぐわかります。

      また、ネットなどでも、全国の月極駐車場の空き情報などが検索できます。
      全国 駐マップhttp://chumap.jp/?resetpref=1

      この車庫証明は、通常は新車を購入したときの車体以外にかかる費用として諸経費に入ってて、
      車屋さんが管轄している地域の警察署などに行き代行して申請してきてくれるものですが、
      代行費がかかりますし、申請は結構簡単ですので、
      最近は自分で直接申請に行く人も多いですよ。

      自分で行くことにちょっと挑戦してみようかなと興味をもたれた方は、
      コチラで詳しくお話していますので、ご覧ください。
      自分で車庫証明の取り方・地図の書き方
   
   6.納車を待つ期間中に、しなければならないこともあります。
     例えば今現在に車を所有している人は、自動車保険の切り替えや、
     新しくまた保険に入る必要
があります。
     それについての方法は任意保険の補償内容・種類・等級とは? 自賠責保険との違いを参考にしてください。
   
   7.待ちにまった納車です!
     納車時の注意事項は、ここを参考に!「納車されたらまずこれをチェック!じゃないと大きなトラブルに・・・」
     満面の笑顔で気持ちよくお礼を言って帰りましょう。

 


こんな感じの流れですかね。
ここでは、購入の契約時の必要書類について詳しくお話してみました。

全体を見通すと、何かしら結構な期間がかかることがわかります。

車は、あなたの生活と共にこれから大きく関わっていくものですし、
選んだものによっては今後の生活を大きく左右します。
焦って、妥協して購入するのでは、後で絶対に後悔するときが来ます。

このような全体像を頭において、余裕を持って購入に挑んでください。



前の記事へ<<「外車購入と日本車購入の違い 輸入車を買うとき気をつけること」
     次の記事へ>>「車の見積もり書解説!車体以外の費用は?「車庫証明」の取り方・書き方・変更・金額」




●関連記事
自動車税っていくらかかる?重量税・取得税・軽自動車税の計算方法
車の見積もり書解説!車体以外の費用は?「車庫証明」の取り方・書き方・変更・金額
上手に新車を値引きする方法・裏技!こうすれば初心者、女性でも確実に成功
車を売るときに必要な書類って何?名義変更・手続き




当サイトの人気ページBEST3!


>>【特集】下取りを利用して新車購入の場合、ほぼ全ての人が最低10万円以上損しています。
ポイントは「知っている」か「知らない」か。それだけの問題です。


>>【特集】自動車保険料節約術!実際にやってみました!生レポート
だいぶ得したぜよ。ウッフッフ。


>>実際に値引きに成功した人の生の声(アルファード編)
私の友人の体験談<トヨタ ハリアーからアルファードに乗り換え>



>>車中毒夫婦が伝授する新車購入術 TOPページヘ戻る