初心者でもわかる!新車購入ガイド

外車購入と日本車購入の違い 輸入車を買うとき気をつけること


日本車は、海外でも高い評価を得ていますし、やはり日本車を購入することには
それなりのメリットがあります。

性能、品質もよく、一般的な外車と比べても修理の頻度は少ないといわれ、
コスト面でもあまり高額になることはないですし、修理の期間も長くなりません

レギュラーガソリンで、更に今流行りの低燃費仕様の車であれば、自動車8.jpg
驚くほどの低コスト
で、購入後の経済面の負担も軽いです。



外車の良いところは、とにかく誰もが一度は乗ってみたい
と思う車で、デザイン・装備や仕様など、内装も高級なものが多い。

購入価格も、日本車とさほど変わりのないくらい金額で
購入できる輸入車もたくさんありますし、
ボディーの耐久性が優れている車種も多いです。

外車特有の個性が強く、なんと言っても満足感は日本車を越える。
また、モデルチェンジのある期間が長いので、すぐ型落ちしにくいです。

外車の中の正規輸入車と並行輸入車、それぞれの特徴
新車の外車と呼ばれるものには、大きく分けて2通りあります。

正規輸入車と並行輸入車です。

そもそも正規輸入車と並行輸入車という言葉は法律的には存在しませんが、
よく使われている呼び方なのでここでも使用します。


●正規輸入車とは、日本での使用に合うよう外国での製造過程から、DSC_0076aa.jpg
日本の基準に基づき仕様変更がされていて、型式認定を受けた車のこと
で、外国と直接契約をしている正規インポータが日本に輸入して
ディーラーなどの正規販売店で販売されるものです。

この正規輸入車は右ハンドルなど、
簡単に言えばその外車の日本仕様版といった感じですかね。

→これも右ハンドル。

正規販売店には、ベンツでいうヤナセやシュテルンが正規販売店です。

正規店という安心感もありますし、
アフターサービスもしっかりしているので、
購入後の保障に関しても日本車のディーラー以上に質が高い

仮にリコールが発生してもすぐに対応してもらえます。

また並行輸入車と比べると、車体価格がやや高いことがあり、
正規輸入されていない車種や、グレードもあったりする。
逆輸入車などもこれに入ります。



●並行輸入車は、正規輸入販売店などを通していない車で、個人の輸入車販売店輸入業者が販売している車。
その分、正規輸入されていない車種やグレードも購入できる。

既に並行輸入販売店が売っているものを買うか、注文してから日本に取り寄せる方法がありますが、
正規輸入車と比べると支払額が安くなることが多い上に、
時価での購入になるので円高のタイミングを狙えば、購入額も更に安くなります。


ですが、正規輸入店を通していないわけですから、
もし修理などが必要になったときに正規販売店に行っても修理が出来ない場合や、
部品やパーツの発注も出来ない
こともありますので、注意が必要です。

並行輸入車の場合、その販売店での保障があってもメーカーの保障ではないですから。


更に、もし買い取りに出す場合などでは、正規輸入車に比べると大幅に減額されてしまいます。


また車検証などでの型式の欄が、正規輸入車とは記載される文字が違います

さらに自動車保険に関してでは、型式ごとに車両保険を決めているため、
並行輸入車では希望する保障内容で加入出来なかったり
自動車事故で相手側の保険会社から不利益な保障内容しか受けられなかった
という事例もあるようです。

部品の取り寄せにかなり期間がかかる、工具などもその国のものしか使えないことも・・・




海外の車を輸入して所有するまでには、運搬代や通関税などさまざまな費用がかかりますから、
車体価格と更に輸入にかかった諸費用に関しても支払う必要があるので、
やはり日本車と比べるとこういった輸入車を新車で購入するには、
結構な費用がかかることは皆さん知っていますよね。


輸入車は、現在では購入もしやすくはなってきましたが、
購入までは出来ても、その後の維持が出来ないという経験があるみたいですね。

外車はよく壊れるって聞くけど、これって本当?
昔と比べて、ある程度は壊れにくくはなってきたみたいですが、

昔の日本車もよく壊れてましたから、一概に外車だけが壊れるとは言えません

しかし、もし修理となったときの修理代が高いです。
正規店での保障がしっかりあればある程度は安心かも知れませんが、もし壊れたときのことを考えると、
日本車と比べると修理費が高いのは事実です。
(最近では日本車と修理費はあまり差がないくらいで修理できるディーラーもあるようですが)

となると、やはり車を通勤の道具とか、ただの足だとしか思えないような人には、
ちょっと壊れただけでも苦痛と感じるでしょうね・・・

本当に乗るのが夢だった!とか、車が趣味であればたまに壊れるような
くらいでは何の苦痛にも感じないと思いますし。gaisya2.jpg


では、輸入車が日本車よりも壊れやすいってよく聞くけど本当でしょうか?
違います。それはただのうわさであって、事実ではないです。

昔はそもそも外車に乗っている人のほうが少なかったから、
壊れたとき余計記憶に残る。
今の外車の新車はよっぽど壊れません。ただの先入観です。
中古の外車は危険すぎますが、それは日本車でも変わりません。


また正規輸入車は修理や部品の発注も容易なことに対し、
並行輸入車は日本での使用環境に合うように変更されているわけではない
ので、日本の気候(湿度、気温)に適していないことが故障に繋がっていた
可能性もある
、ということも考えられます。
いわゆる、外車が電装系の故障が多いのはこれが原因のようで・・・

てことは正規輸入車ならまだ安心、と言えるのではないでしょうか?


日本車でも輸入車でも、車は壊れるものです。
こまめにしっかり点検したり、メンテナンスしなければ、壊れにくいものだとしても壊れます。

外車だから、とかではなく、購入した後のあなた次第ってことですね。


車は好きな車に乗るのが1番ですが、輸入車ならではのデメリットも知っておいてくださいね。




それと、外車購入を考えている人で、ヘッドライトをHIDにしたい方。
ここ車・バイクのHIDキット/HIDフォグキット【スフィアライト】なら、
輸入車に完全対応したHIDキットを買うことができますよ!(^Д^)

球切れ警告灯とかがつかない完全対応なので、お勧めですよー!




前の記事へ<<「ディーラーなどで車を試乗する際のチェックポイント・実物の確認点」
               次の記事へ>>「新車の購入から納車までの流れ・手順 必要な書類って?」




●関連記事
新車と新古車、未登録車の違いとは?
新車購入と中古車購入のメリット・デメリットって何?どちらが賢いのか
新車の購入から納車までの流れ・手順 必要な書類って?
新車購入時に進められるカーコーティングって必要?不必要?




当サイトの人気ページBEST3!


>>【特集】下取りを利用して新車購入の場合、ほぼ全ての人が最低10万円以上損しています。
ポイントは「知っている」か「知らない」か。それだけの問題です。


>>【特集】自動車保険料節約術!実際にやってみました!生レポート
だいぶ得したぜよ。
ウッフッフ。


>>実際に値引きに成功した人の生の声(アルファード編)
私の友人の体験談<トヨタ ハリアーからアルファードに乗り換え>




>>車中毒夫婦が伝授する新車購入術 TOPページヘ戻る