新車購入の前に!まずは車について詳しくなろう☆基礎知識編

自動車税っていくらかかる?重量税・取得税・軽自動車税の計算方法

★もくじ★
「自動車税」の内容、実際の納税額
「自動車重量税」の内容と、実際の納税額

「軽自動車税」の内容と実際の納税額

「自動車所得税」の内容と実際の納税額


自動車は、高いお金を払って買ったのに、購入した後も何かとお金がかかりますよね。

ここからは税金に関してのお話ですが、毎年何のことかもわからずに車の税金を払っている方も多いんじゃないでしょうか?


「自動車税」の内容、実際の納税額

まずは、●自動車税についてです。

これは、4月1日の時点でその車を所有している人が払うものです。

その車の排気量により、金額は異なります。

エコカー減税の対象車だと、自動車税が減額されます。

例えば、年途中で登録した場合や、廃車などにした場合は、月割りされます。


<自動車税の月割り方法>
年税額×月数÷12=月割り自動車税
※100円未満は切り捨て

参考に 車の手続き案内センター
http://annai-center.com/documents/jizei.php


所有している場合にかかる税金なので、駐車場に置いてあるだけで乗っていないのに!って場合でも
支払いの義務があります。

もし放置しているだけで使用していないのであれば、税金がかかってしまうだけですので、
一度査定などに出してみるのをお勧めします。

車は乗らなきゃただの置物ですから・・・。
詳しくはこちら。無料で複数の会社から一括で査定が出来ます。「カービュー」


<実際の自動車税額>
●1.0リッター以下・・・29,500円
●1.0リッター超1.5リッター・・・34,500円zeikin.jpg
●1.5リッター超2.0リッター・・・39,500円
●2.0リッター超2.5リッター・・・45,000円
●2.5リッター超3.0リッター・・・51,000円
●3.0リッター超3.5リッター・・・58,000円
●3.5リッター超4.0リッター・・・66,500円
●4.0リッター超4.5リッター・・・76,500円
●4.5リッター超6.0リッター・・・88,000円
●6.0リッター超・・・11,1000円

また、
●ディーゼル車・・・新車新規登録年月が平成12年3月以前のもの
●ガソリン車、LPG車・・・新車新規登録年月が平成10年3月以前のもの
については、通常の税率から約10%重税されます。



車検を受けるときには、この自動車税を納めた時の納税証明書が必ず必要となります。

ということは、自動車税を納税していない場合は当然車検は受けられない
名義変更も出来ないということですね。

もしこの納税証明書を紛失した場合には再発行が必要になりますので、
各都道府県の税事務所や、自動車税管理事務所に問い合わせてください。

また自動車税を滞納した場合には、延滞金を支払うこととなりますので注意してください。




「自動車重量税」の内容と、実際の納税額

新車購入時などで、その車を新しく登録したときと、車検のとき車の重量に応じて支払う国税です。

平成23年12月20日から平成25年1月31日までは、エコカー減税の制度がありますので、
エコカー減税の対象となる場合は、新規検査や初回の車検の時に、この重量税が減税されます。

2年車検の場合と、新車購入の3年車検の場合で、重量税の金額が変わります

<実際の自動車重量税の金額>自動車6.jpg
定員10人以下の乗用車の場合
●0.5トン以下・・・新車(車検3年)自家用・・・18,900円
        ・・・2年車検       ・・・12,600円

●0.5トンから1トン・・・新車(車検3年)自家用・・・37,800円
           ・・・2年車検       ・・・25,200円

●1トンから1,5トン・・・新車(車検3年)自家用・・・56,700円
           ・・・2年車検       ・・・37,800円

●1,5トンから2トン・・・新車(車検3年)自家用・・・75,600円
           ・・・2年車検       ・・・50,400円

●2トンから2,5トン・・・新車(車検3年)自家用・・・94,500円
           ・・・2年車検       ・・・63.000円

●2,5トンから3トン・・・新車(車検3年)自家用・・・113,400円
           ・・・2年車検       ・・・75,600円
※重量の端数が10Kg未満の場合は切捨て

軽自動車は重量による税金の区分けはないので、
一律、1年:4,400円/2年:8,800円/3年:13,200円となります。


なお、車検有効な期間の途中で廃車にする場合は、リサイクル法に基づき、
適正に処理された場合のみ、重量税の還付が受けられます。


<自動車重量税の還付金額の計算方法>
納付済の自動車重量税額 × 車検残存期間 ÷ 車検有効期間 = 還付金額

但し、車検有効期間の残りが1ヶ月に満たない場合は、この還付の対象にはなりません
また、一時抹消などでも、還付制度の対象にはなりません

還付金を申請してから、実際に還付金を受け取れるまでには3ヶ月ほどかかります。




「軽自動車税」の内容と実際の納税額

この軽自動車税の対象となるのは、総排気量660cc以下の車などです。
各地町村役所から送付される納税通知書により、納税します。

毎年4月1日の時点で、所有している人に課され、納税期日は原則5月中となっています。

となると、4月1日時点で所有していて、例えば4月2日に車を譲渡、売却や廃車をしたとしても
年度分の全額の税金を納めることとなります。

廃車にした場合などの月割の還付などもありません

自動車税とは違い、軽自動車税は各市町村が課税しています。
そのため、下記の金額とは異なる場合があります。

<実際の軽自動車税の金額>
●乗用(5ナンバー)の自家用・・・7,200円
●乗用(5ナンバー)の業務用・・・5,500円
●貨物(4ナンバー)の自家用・・・4,000円
●貨物(4ナンバー)の業務用・・・3,000円
※エコカー減税適用前です。

また、納税証明書を紛失した場合は、各市町村役所で再発行できますので、問い合わせてみてください。




「自動車所得税」の内容と実際の納税額

車を新たに所得するときにのみ支払うもので、車の登録時に1度だけ払う都道府県税です。
新車で購入した場合と、中古車で購入した場合とでは、計算方法が異なります


<新車で購入したときの実際の自動車税の計算方法>
課税標準基準額+付加物の価額=取得価額(1,000円未満は切捨て)
取得価額× 税率5% = 自動車取得税額


課税標準基準額・・・「自動車取得税の課税標準基準額及び税額一覧表」に載っている金額のことで、
          車種やグレードによって決められています
          目安としては新車価格の90%程度です。


付加物の価額・・・新車の購入の際にオプションなどでつけたカーナビやエアコン、エアロ、オーディオなどのことで、
         車体と一体となっているものです。
         この付加物の価額の含まれないものとしては、シートカバーやマット、スペアタイヤ、工具
         などがあります。


ということは、新車を購入する時につけるオプションなどの金額が高ければ高いほど
この取得税も高くなる
ということです。

税率に関しては、自家用自動車は取得価額の5%営業用自動車と軽自動車は3%です。


取得価額が50万円未満の場合は、課税対象になりませんphm13_0882-s.jpg





自動車税高いからどうしようって人。自動車税はなんともなりません。

なんで、自動車保険を見直してみては?

年に1回は絶対見直した方がいいです!
結構節約ができるかも?
インズウェブ自動車保険一括見積もり

実際に私がやってみた記事です。参考に。
【特集】自動車保険料節約術!実際にやってみました!生レポート




前の記事へ<<「ハイブリッド?EV?エコディーゼル?ガソリン車とエコカーの種類・解説」
      次の記事へ>>「車のナンバーの秘密 色・種類が違う?希望ナンバーの取り方・抽選番号・費用・申請先」




●関連記事
新車購入と中古車購入のメリット・デメリットって何?どちらが賢いのか
新車購入の補助金、エコカー減税って何?申請方法・基準・対象車
購入時につけておくべきオプション・装備の選び方 メーカーオプションとディーラーオプションの違い




当サイトの人気ページBEST3!


>>【特集】下取りを利用して新車購入の場合、ほぼ全ての人が最低10万円以上損しています。
ポイントは「知っている」か「知らない」か。それだけの問題です。


>>【特集】自動車保険料節約術!実際にやってみました!生レポート
だいぶ得したぜよ。
ウッフッフ。


>>実際に値引きに成功した人の生の声(アルファード編)
私の友人の体験談<トヨタ ハリアーからアルファードに乗り換え>




>>車中毒夫婦が伝授する新車購入術 TOPページヘ戻る